arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ オリンピック  素敵な彼ら  TOPつぶやき ≫ オリンピック  素敵な彼ら  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オリンピック  素敵な彼ら  

連日の日本選手の活躍、すごいね!

私は、特に、水泳の北島康介選手と、体操の内村選手の姿、言葉に、感動しっぱなしの毎日です

北島選手のことは、個人の種目が終わった後に書きましたが、またもや素晴らしいメドレーリレーの銀メダル獲得


とにかく北島選手が、うまくいかないことを含めて、すべてを楽しんでる、味わってるというのが伝わってくることが、私にはグッと来ました

実は、私が、すごく感動したのは、200Mが4位に終わったあとの、新聞に載ってた

「あらためて、水泳の難しいところが好きになった」

という彼の言葉

オリンピックの舞台に、ざっくり言ってしまえば、同じように金メダルを目指して戻ってきたということなんだけど、実際には、前回、前々回とは、また違った新しい4年間を過ごし、自分がやりたいことは、やるべきことは、とその時その時を、精一杯生きてきてたどり着いた場所が結果として、あの場所だったんだと思いました

その場所は、前回までとは、当然ながら同じように過ぎていくわけではなく、だからこそ、やはり、目指すに値する、挑戦することが最高に面白い場所だったんだなぁって、彼を見ているとそれが本当に感じられます


そして、内村選手

内村選手は、今回、あの内村選手が…ということの連続でした

だけど、彼の率直な言動が、私にはいつにも増して響いてきて仕方なかった

個人総合の金の後の言葉を聞いて、
内村君は、今まであんまり話さなかったように見えていたけど、こんなにも、みんなの応援や、期待を素直にしっかりと受け止め、それを、自分が自分であることを証明するということと、ちゃんと重なるように目指すことができていたんだなぁと、しみじみ、すごい人だなぁと思いました

そして、種目別で銀メダルを獲って直後の、ちょっと、金メダルじゃなくて不本意なのでは?というニュアンスもありながらのインタビューに

「やっと、満足できる演技ができてよかったです。終わりがよかったので、良かったと思います」

と言っているのを聞いて、

自分の会心の演技ができることが、何より大事なんだという彼らしさを感じ、だからこそ、世界一強く、美しい体操ができるんだと、あらためて思いました

なんて、素敵な人たちなんだ

かっこいいよ~

私みたいなだめだめな人間でも、やっぱり自分の人生、うまくいく時もそうでない時も、せっかく生かされてるんだから、少しでも、好きになれるように、生きていこうって気になりました






そして、翔くん

今回、現地にあまりいる時間がないような気がするんだけど、気のせいですか?

多分、本人が一番残念がっているのではと思うので、書きませんが、

集中して、現場に居させてあげたかったなぁと思います

北島康介選手と内村選手

思いもかけない展開だったロンドンだからこそ、カメラで追えないところを、現場で感じてほしかったな

…100Mの時の、翔くんの表情、言葉、あの場所にいたからこそだよね


今日のzeroで、いいレポート見られるかな、だといいな


   実は、翔君のオリンピック、何だか録画が不調で、だから、私がダメなのかもしれない、きっとそうだ(苦笑)




















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。