arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ え~  見えな…TOPワクワク学校 ≫ え~  見えな…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

え~  見えな…

ワクワク学校に登校してきました

詳しいメモは取らなかったので、思いつくままの感想を書きとめたいと思います

参加できることが幸せだから、今まで座席に何かを感じたことはなかったのですが、今回ばかりは


えっ…


どんなに上の方~でもいいんです、でも、なんと、ちょうど四方の柱の陰で、潤くんがまったく見えない(涙)

もちろん、立ったり、移動したりはあるので見えるときもあるのですが


このイベントのわたし的な楽しみの、授業を受けてる潤くんをガン見するってことが、最後の大ちゃんの授業だけしかできませんでした

だって、予想通り、向きを変えたときには、ソモソモの授業だったので、黒板の陰でまた見えなかったから!

ま、娘は途中で気づいて、爆笑しながらも気遣ってくれましたが…

と、まぁ、残念なこともあったのですが、イベント自体は、とてもたっぷり時間があって、ニノのバースディもあり、楽しく、かつ、じんわり温かい、いい空間でした


今回幸運にも入学して感じたのは、昨年の、震災やそれに伴う節電など、ある意味、そのときの世相を反映したものだけではなく、嵐発の学びといってもいいような内容だと思いました

「生きる」ということについて、嵐らしい視点で、気づきを促す内容となっていたように思います

ちょっと見方を変えると

ちょっとやり方変えたら

当たり前のこと、当たり前の存在の大切さ


そんなことを、彼ららしさが感じられる楽しい授業を通して気づかされ、そして、実は、さらっとはいかない奥深い内容になっていたようにも思います


とにかく、小さな子どものいる家族連れから、高校生の可愛い制服グループ、いろんな年代の母娘、あらゆる世代の女子グループ…
という、観客の幅の広さ

これが、今の嵐の支持の姿なんだなぁとあらためて感じました

それぞれが、いろいろな立場で、思いを深くする、いい学びだったと思います

ニノの、先入観を取り去ると…という視点は、小さな子には実感しにくいかもしれないけれど、とてもいい気づきなのではないかなぁと、個人的には思いました


そして潤くんのソモソモの授業

自分の存在のそもそもを考える  

という、シンプルな、そして大事なことに向き合う授業でした

潤くんが出産に立ち合っていたのですが、これは、仕事とはいえ、とても重い体験だったのではと思います

自分の大切な人であっても向かい合うには、覚悟の要ること

きっかけは、仕事かもしれないけど、人が生まれることの奇跡みたいなものを感じ、受け止めたように見えました



潤くんが終始優しくて…

ニノへの、問いかけや、語りかけが、温かかった

子供の頃のニノを思うことは、私にとっては、娘や息子のことを思うことにもつながり

多分その場に居合わせたみんなが、大切な誰かを思う、いい時間になったと思います


ゲラゲラの授業では、潤くんの満面の笑み(!)が見れて…ちょっとふっくらしてたかな…可愛かったし

楽しい幸せな時間でした

メンバーの誕生日当日にお祝いできた幸運に、感謝



  それにしても、やっぱり、詳しくノートはとるべきなのかなぁ

  覚えてるつもりで、結構忘れちゃってる  残念

  























関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。