arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ あのときのことTOPライブ ≫ あのときのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あのときのこと

福岡はとても寒かった

やっと参加できたjaponism、実はあんまり知らなかったジャニーズというものをすごく感じられたライブだった気がする
美しかった
カッコ良かった

MCもすごく楽しくて

待ち焦がれて、待ち焦がれて、やっと会えた嵐
何を見ても嬉しくて

ただただ、幸せだった

…だけど、嵐を幸せにすることはできなかった

福岡初日、私はその場にいました
映像を通して、翔くんのパフォーマンスを見ていて、上手くスティックを扱えなかった瞬間、確かに、小さく会場がどよめいた感じはしました
でも、それが笑い声だったのか、「あっ」という、つぶやきだったのか、私にも、一緒にいた娘にもよくわかりませんでした
ただ、スタンドの私たちには、笑い声という風には捉えらえなかったので、もしかしたら、近くのクスっという声が翔くんの耳には届いたのかもしれません
何もなかったように…そこも、よくわからないのだけど、ドラムと歌を続ける翔くんを息をひそめるようにみんな注目して見つめていたと思います
でも、そのあと翔くんの表情だけを、ずっと注視してみていたわけではないので、ずっと不機嫌だったということもわかりませんでした
おそらく、翔くんの表情は翔くんのファンの方が主に注目されてたと思うので、そうだったのかもしれません
そうでなかったのかもしれません
私は、今日の翔くんかっこいいなぁと思ってました
そして、たった1回の今年のライブを、しっかり心に焼き付けたいと、楽しみました

そして、最後の翔くんの挨拶がありました

正直、どうとらえていいのか、とまどい、うまく咀嚼できない気持ちでした
ただ、事実がどうあれ、翔くんが何かに傷つき、苛立ち、それをあの場で言わなければならないという気持ちにさせたということだけはわかりました
ただ、そのあとの大野君の自分の失敗の告白と、そのことが、フォローになったかなってないか微妙なところもあったけど…それは、大野君の場を和まそうという気持ちはすごく伝わってきてすっごくうれしかったのだけど、今日は失敗ばかりだったんだと言われたようで、ちょっとさびしい気持ちにもなって…でも、そのあと、相葉さんが、「今日のMr.Funk様は、成功でした」って言ってくれて、それが心に沁みて…

そのあと、嵐がはけて、すぐに、規制退場のアナウンスがあり、それをかき消すことはでいないくらいの、小さい嵐コールが起きました
私は、いい大人だけど、これは叫ばなければ、出てきてくれないのではと感じるような、やや頼りないコールでした
自分の声がやけに聞こえるコールだなと思ったけど、だからと言ってみんながやってないわけではなかったのです
おとなしい、女性がとても多い、そういう声でした
大きなコールの中で安心してコールしない人が目につくことがままあるけど、むしろ、みんな参加してる印象を受けました

それからやっとアンコールが始まり、そして楽しかったライブが終わりました

心に、ちょっと何かが引っかかってる気もしたけれど、幸せをたくさんもらったからその気持ちのまま夜を過ごしました


初日のレポが上げられ、それに関してのいろいろな意見やつぶやきが出たようでした
正直に言うと、チラッと目にして、辛くて、あまり追えていません

そんな場面で笑うなんて、参加したファンは最低
福岡はマナーが悪い

そして何より、翔くんを傷つけてしまった



ただ、私は、これだけはわかってほしいのです

あの場に、失敗した嵐を嘲笑おうと思って参加した人はいないと思う
翔くんのいら立ちの中には、このところの、ファンの、特にネット上における状況など、いろいろなことが重なってのファンへの不信感のようなものが影響しているのかなと、挨拶の時に私は感じられました

でも、あの場にいたのは、何の労力もなく、ネットで批評している人たちではなく

祈るような思いで申し込みをし、何年かに1度の当選に喜びをかみしめ、チケットを買い、年末の慌ただしい12月に、仕事や、介護や、子育てや、部活や、勉強に折り合いをつけ、ホテルを取ったり、飛行機を予約したりして福岡まで来て、寒いドームに並んで、ほとんどの人がライトを買って、嵐と幸せな時を過ごしたいと思って来たファンなんだと思うのです

とっさに笑ってしまった人もいたのかもしれません
でも、あの緊張の場面で、シーンとしてしまうことに耐えられないことからくる笑いだったようにも思えるのです
もちろん、翔くん本人が怒りを感じたのだから、それは間違った態度だったのでしょう
実際笑う気にはなれませんでしたから

だけど、その場にいた私には

人の失敗を
翔くんの失敗を
嵐の失敗を笑う

そんな、明白な悪意は感じられなかったのです

2日目の潤くんが

「4万人で、俺ら5人を幸せにしてくれるのか?」

と煽ったと知りました

私は、潤くんが好きだから、翔くんが好きだから、嵐が好きだから




毎日、夜になると、泣いてしまいます

11月3日に、嵐が、ここには味方しかいないと思えるファンでいたいって書いたのに

嵐を幸せにすることができなかったんだなって…







関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。