arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPCD ≫ Japonism 印象

Japonism 印象

正直、どんなアルバムになるのか、あんまり予想できなかったJaponism
和テイストが全体に出てるのか、それとも、ジャニーズ、アイドル、歌謡曲って感じなのか…ドキドキだった
まだ、ざっと聴いただけですが、ざっくりとした、とても偏った私なりの印象を書いておこう
メイキングを一回、トークを2回流して聞いただけなので、とんちんかんなところはご容赦を

今回のアルバムは、正直なところ、最初の印象は、私にとっては嵐ありきのアルバムだなぁってこと
他のグループが出したとしたら、そんなに聴かないかもしれない…最初の印象だよ!
なぜなら、私は歌謡曲がそんなに好きじゃなく、でも一番馴染んでる世代で、だからいい歌謡曲もたくさん聞いてて好きなものもいっぱいあって、おそらく彼らが思うような新鮮さがないんだよね(笑)
歌謡曲ってのは、買って聞くもんじゃなくて、テレビをつければいやというほど流れてくるものだったんだよ(笑)
でも、だから、聴いていくうちに癖になって行くようなアルバムだと思う

私が一番いいと思ったのは、智君のソロ
楽曲としても、、アルバムのイメージとしても、これが私にはなぜか一番しっくりきました(メロディー重視です)
…普段は絶対聴かないタイプの曲ではありますが…
これがリード曲でも良かったんじゃないの~
5人で踊ってほしかったなぁ、潤くんにすごく合う楽曲だと思った
智君の歌が、ものすごく良くて!
彼は、にほんよいとこ…の語りもすごく良かったよね
勘がいいんだなぁ
潤くんが、ビジュアルというか、たたずまいで世界観をつかむのがすごくうまいのと同じ感じで、智君は技で決めてくるよね
あの二人って、全く違うタイプだけど、本質をつかむ感じというか、目指すレベルを高く設定するところは似てると思うんだけど…

君への想い、イン・ザ・ルーム、が好きだ

あと、ソロは、智君だけでなく、全体にいいよね
バラバラな感じなんだけど、このアルバムはそのバラバラさが狙った感じになっててどれも合ってる
私は、ニノのアイドル推しなので、実は弾き語りより、振付でアイドルやってくれるほうが嬉しいんだけど(笑)
相葉さんは、前回のdiscostar、このアルバムのほうが、コンセプトとしては合ってたかもね(笑)今回の曲もいいよ~RAPもかっこいいし!頑張って!
翔さんもすごくいいんじゃない?
潤くんのソロ、好き!
潤くんの、このアルバムのイメージがなんとなく、全体聴いて、わかったよ
このソロも、どちらかというとその歌謡曲というか、アイドルというか、わかりやすいイメージだよね
マスカレードもそういう路線かな、曲に疾走感があって、癖になる感じ

で、話は戻るけど、1曲目、sakuraだってこと、私、全然把握してなくて、最初に聴いた時すごく驚いたの
シングルが1曲目って、あんまりないんじゃない?
でも、この曲は本当にいい曲だなぁとあらためて思った
楽曲の熱量の高さをすごく感じる


今回、和をイメージしたものと、ちょっと懐かしい歌謡曲っぽいものだったりアイドルっぽいものが、割合と雑多にあるのかな
そこが、アルバムイメージにも合ってるのだろうけど、智君のソロからの青キミが、私にはちょっとキビシかった
和テイストの流れが続けば続いたで、メリハリがなくなるのかな…?ほかの所はあんまり感じなかったのだけどね

ま、まだ聴いたばかりなのでこれから印象は変わるでしょう

それに、今回MV見てあらためて思ったことだけど、楽曲だけでは完成じゃないんだよね

あのMVの素晴らしさ!
曲を聴いただけでは絶対にわからないカッコよさ、和の力強さが感じられるものね
だから、振りや演出が加わって初めて、japonismが完成するんだと思う

さぁ、しばらくは嵐漬けだわ!



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL