arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOPスポンサー広告 ≫ LIVE TOUR THE DIGITALIAN blu-rayTOPDVD ≫ LIVE TOUR THE DIGITALIAN blu-ray

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

LIVE TOUR THE DIGITALIAN blu-ray

嵐って、もしかしたら、本当にすごいエンターテイナーなのかも!
いや、そうなんだ、きっと!

そう実感したARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN Blu-Rayだった

popコン、LOVEコンと、2作続けてライブに行けずに、ちょっと複雑な、でも、だからこそ待ちきれなかったDVDと違い、今回は、ただただ楽しみだった
LOVEコンのDVDが、行けなかったにもかかわらず、とてもとても素晴らしく、私は大好きで、あのステージを超えられるのかなぁって思って参加したツアーだった
当然ながら、というか、ある意味非情なことだけど、参加できたライブというものは、ただそれだけで、何物にも代えがたい宝物のような記憶なので、最高だったし比べようもないのだけど

このDVDを見て、本当に夢のような、嵐にしかできない、最高のライブだったのだと感じた

とにかく、最初のASTERISKでの5人の、特にニノと潤くんの表情に、それだけで胸がキュンとして、ワクワクしちゃう!
がっつり踊る5人、そして、圧巻の会場全体のファンライトの景色
あらためて映像を見て思ったのは、あのWINGステージ(!)の進む景色の迫力と、でも、ステージの形状がフクザツで狭くて、ちょっと危険だなぁってことかな
…ま、若いから、いいのか(笑)

映像を見て、こんなにドキドキできて、ワクワクできて、とにかく楽しくて…

最高だわ!


ライブの感想は散々書いたので、DVD見て感じたことを、つらつらと…

アルバムやシングルが発売された時って、お気に入りの曲ってやっぱりあって、それと同時に、ちょっと苦手だったりもあって、それは誰のファンとか関係なくそれぞれにあると思うけど、でも、ライブで嵐が歌って踊って、演出されてとなると、こんなに印象って変わるのかと
それが面白いなぁと、毎回のことながら思う

今回で言えば、私は、tell me whyがかなり苦手で、あんまし聞いてなかったのに、DVDでは悪くないんだよね(笑)
それは、多分単純に、みんなの表情が楽しめるから
あと、one stepもいい
キミの夢を見ていた は、ライブで見て以来は、一番のお気に入りって言えるくらいになった
hope in the darknessも、あの曲も素晴らしいけど、これほどまで心を揺さぶられるものになったのは、やはりあの演出と、5人の魅力だと思う
TRAPは、実は、もっとジュニアが踊ってる印象だったのだけど、意外と静止してるというか、スローなんだね
個人的には、群舞っていうか、みんなでガーッと踊る迫力が好きなので、5人と同じようにがっつり踊ってもいいんじゃないのかなぁって思った  まぁ、そうなると嵐が引き立たないって大ちゃん言ってたか…  多分私は、一人一人も見たいけど、作品としての迫力みたいなのも求めちゃうのかもね、もちろん、すっごくかっこいいから、いいけどね!

セトリも、構成も私はいいと思う
実際、あらゆる観客に対して満足させることは不可能だと思うけど、ライブでは、DIGITALIANと、アニバーサリーが分かれてるのは、すごく良かったんだよね
DVDになってみると、すでにあの最高に素敵なhawaiのDVDが出てるから、2枚目がちょっとかすむかもしれないけど、それは仕方ない 私的には、キミの夢…を見たいから、2枚目みちゃうけど(笑)

あと、映像について
これは、もう好みだと思うけれど、私は、全景を映してくれた方がいいし、一つの作品として見たい方だから、カメラワークの切り替えも、気にならない
松本潤が、どの場面が映っていようが、いなかろうが、気にならない
引きの映像も見たいし、効果的なファンライトも見たい
作品として、楽しめて、願わくば、ファンでないけど目にした人たちが、素晴らしいと思ってくれる映像であって欲しいと思ってる
というか、そうじゃないライブの映像作品って、何?

ライブに参加できなかった時は、潤くんの表情も、5人の踊りも見たかったし、舞台装置も、会場の全景も見たかった
そして、参加できたライブでも、やっぱり,その場では、潤くんばかり目で追ってるから、全体はどうだったのか、他の4人はどんなだったのか、ファンライトを嵐のほうから見るとどうなのか…やっぱり、ちゃんと作品として見られるカメラワークを見たい
だから、とっても満足してる

今回定点カメラの映像もちゃんと用意してくれたんだね
娘に貸しちゃったので、2回くらいしか見れてないのだけど、もちろんあったほうがいいよ、ファンはどんな嵐も見たいのだもの
でも、全編定点で、というのはありえないよね(笑)
私は、個人的には、ライブはライブでしか味わえないもの、そこで完結してるもの、映像は、それ自体がちゃんとした作品となってるべきものだと思ってる

ライブでしか味わえないものもあれば、映像だから楽しめるものもちゃんとあると思ってるし、そう作るべきだと思うんだよね
ただの記録じゃなくってさ

長くなるけど、私は、娘がある踊りを習っていたとき、ゲネでは、定点カメラで娘だけを撮りました
なぜなら、公演では、映るかどうかはわからないし、映っても少しだからね
でも、定点カメラで踊ってるところをずっと見たいかというと、そりゃ親だから見たいけど、公演なら全体がわかるものを見て楽しめました。このスタジオの映像を見せてと言われれば、どんなに上手な人でも、自分の映った定点カメラでなく、全体の演出や舞台装置や群舞やマイムの映った作品でしょう
バレエで、ガラ公演で、パ・ド・ドゥを見るのと、同じ演者なら、1幕でも、作品になってるほうが楽しいと思うけど…

嵐に、定点カメラで、5人が踊ってるdvdのみを希望する声を聞くと、、まるで、贔屓のそれだけしか見たくないという声を聞くと、ゲネで定点を撮るしかない、習い事の親の気持ちのようで、あ然とするんだ
もちろん、おまけでつけてくれるのなら、そりゃ見たいよ  でも、
この5人は、最高の舞台で、主役で演じてる5人なのに、なぜ、そんなことを望まれなければならないのかと

こんな大きな舞台で、こんな素晴らしいステージと演出で、音響で、照明で、バックダンサーも、観客もいて、あらゆる角度から、表情を捉え、最高の瞬間を切り取ってくれ、そのすべてを感じることのできる映像作品を、嵐はちゃんと用意してくれているのに、いったい何が不満なのかと  
そりゃ、一人をずっと映してくれないかもしれないけど、それは仕方ないよね、だって嵐なんだもの
5人なのだから…  でも、たったの5人だよ!

…とまぁ、熱くなってみると、嵐のファンは、ファンならば、そんなメチャクチャなことは言わないわ、と思い直す私

もう、いろんなことをつぶやくことに、それほど意味を見いだせなくなってはいるけど、でも、

このDVDが、いや、このライブが素晴らしいってこと、言わずにはいられない

スッピンデジタリアンなんて、最高なおまけもあって…
潤くんがあんなに、細かく気にして、スタッフも大変なこともあるだろうなぁって思ったりもしたけど、でも!
あんなに観客の気持ちを考えて作ってくれるライブが、ファンの心に届かないはずはないって思わずにはいられない

そして、最高に可愛い、ファンサに一喜一憂する大ちゃんとニノが見られて、ホント幸せな気分になった


ありがとう、嵐!そして、潤くん!










 












関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。