arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 紅白歌合戦 感想TOP音楽番組 ≫ 紅白歌合戦 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

紅白歌合戦 感想

紅白司会と、トリという、大役で迎えた紅白歌合戦

昨年より、突っ込みどころは多かった気がする
というわけで、気になったことを書いてみる  嵐には関係ないことが多いかも(笑)
まぁ、まず、紅組と白組で出場者数が違うって、年末に知った時点で、そして、企画がわかった時点で、これって、勝負の意味あるのかなぁと思っていたけど、見終わった後も、そこは?だった

民放の賞取り番組が、歌謡祭になったり、年末に各局が大きな歌番組をするようになった中、紅白も男女対抗というより、ショーとしての完成度を目指してるのかなぁって感じた
企画見た段階では、紅組が断然有利のようにも思えたし…というか、対抗になってないし(笑)
実際応援は垣根を越えてるしね

今回、嵐の司会としては、もしかしたらファンとしては、面白さはなかったかも
結構バラバラで進行していたし、そつなくこなしていたしね
特に、翔さんと、ニノはうまいなぁと感じた
でも、今回の司会の、印象に残らない感じが私は、良かったと思うし、実際司会が注目されるというのはおかしなものだと思う
それは、彼らがちゃんと自覚してたよね、楽しむという意識はないと

今回朝ドラの主人公が司会者で、なおかつ、企画も彼女を念頭に置いたもので、それがNHKの一番組であるという事実
正直、司会が主役になるのは、やはり見てるほうは居心地が悪い
彼女はとてもがんばっていたし、かわいかったけど、そして私は彼女が好きなのだけど、主役である歌手の方たちが、幸せな司会であったかというと、ちょっと残念だったかも
…そもそも、あんなに朝ドラをクローズアップして、みんな楽しめるの?  私は、ある程度追ってたけど、そんなに観てるの?
そういう層しかターゲットにしてないとしか思えないのが、不思議だった、それでいいならいいんだけど

あと、中継は、あまりよろしくないんじゃないかと今回は本当に思いました
誤解のないように言っておけば、私は、福山さんのファンだし、サザンは、正真正銘デビュー曲から熱烈に注目していて、長いことアルバムも欠かさず買ってました どちらもライブにも行きました
だから、これから録画してる紅白の彼らをを見返すでしょう
それでも、この大みそかの、小さなNHKホールの紅白に、中継はいらないのではないかと…
出ていただける中にも、きっとたくさん素晴らしいアーティストはいらっしゃるし、中継のスクリーンを見ている会場を目にしたら、あれはないんじゃないとあらためて思った

さやかちゃんはなぜ、中継だったのかしら?
年末の歌番組で、いろいろなバージョンで出ていて、すごく良かったし、あれを会場でやったら、圧巻だったと思う
私は、とっても楽しみにしてました
みんなで歌おうだもん、その場にいてこその楽しさじゃないかしら
聖子ちゃんも、自分のトリどころじゃないくらい大泣きっだたかもよ
そして、なぜ、May.Jはあんなに可哀想だったのか
あれはないよ  私は松たか子派なんだけど、あれはいくらなんでもひどすぎる
ふつうに、さやかちゃんと会場で絡めて歌わせてあげてあげられなかったのかしら?

今回、嵐に関することで少し残念だったのは、みんなで歌おう、なのに、彼ら自身は(妖怪体操等は別として)
持ち歌の時、A・RA・SHIもふくめ、あのゆるきゃらや、バックダンサーのみとの絡みのみで、出演者や会場と一体となった感じがなかったこと
その部分は、ジャニーズの上のお兄さんグループに全部持ってかれちゃったから仕方ないのかと納得はしてるけれど、同じく関ジャニもおとなしかった気がする(笑)

ただ、GUTS!は、すごく良かった!
完成された、ちゃんと魅せるためのスペシャルなものを!という意図が感じられた
嵐らしくて幸せ感があって、ワクワクさせられた
フライングがもう少し…ま、いいわ(笑)上のほうの人、良く見えたならね!
みんなに近づいて、キャーっみたいなのあったら、もっと盛り上がったかなぁ
それって、無理なのかなぁ?
NHKホールって、ドームやアリーナに比べれば、もう肉眼で上のほうの人も見えるし、声も聞こえるから、近づく方法は他にもあるんだけどね(笑)

何だか、好き勝手に書いてしまったけど、とにもかくにも白組は勝てたし、嵐をずっと追っていける大晦日が幸せだったことは間違いない

これでもうお役御免なのか、それはだれにもわからない
イノッチと有働さんのあの空気が求められてるのかもしれない…アサイチをどれだけ見ているかにもよるだろうけど

でも、嵐が、歌手の方々に敬意を持って、司会を進め、なおかつそこに大きな華を添えたと私は思う
歌手の方々はとても気持ちよく歌えたのではないかしら?
邪魔をせず、それでいて、そのステージが特別なものだと感じられる司会
素晴らしかったと思います

ある意味、手の届くものには届いてしまった感のある嵐の紅白

ここからが勝負じゃない?

楽しみにしてるよ!

大役、お疲れさま  そして、白組勝利、おめでとう!




























関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。