arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 会報  動き出そうTOP会報 ≫ 会報  動き出そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

会報  動き出そう

会報 すごく楽しんでます


ニノの  気ままな日々

面白かった

文章書くのがすきなのかな?

あぁニノっぽいなぁと思いながら読みました …当たり前だ

作る側にまわりたかった と聞いていますが、描写が、映像的なんですねぇ

いや、ほんと、興味深い

ニノに関する文章や記事をそんなに詳しく覚えてないので、違っていたら申し訳ないのですが、

情熱大陸か何かで、ゲームばかりやりながら、かつ、監督の指示は完璧にこなす彼が


考えちゃったらだめ、自分を殺さないととうまくいかない

というようなことを言っていて、はっとしたのですが、


彼は、自分の中にものすごくイメージやアイディアがある人なんだね


私は、彼はとても器用なので、即興的に演技することを楽しんでいる…と思っていた時期もありました

でも、ほんとは、すごく準備してるんだよね…と思ってました


そして、これを読んで、

その上、イメージや、プランがありすぎるくらい、溢れてる人なんだ

ということを、再認識しました


だからこそ、監督のやりたいこと、求められているもの、その場の雰囲気にたいして、敏感になるんだね

自分がこう思う、こうやりたい、が邪魔するくらいに実はあるから、


自分が、やるべきことをやるために、ニュートラルな状態にすることを心がけてるんだね


ニノも、ほんとに魅力が尽きませんね

ニノ担のかたには、当たり前の認識なんでしょう

久々に、ニノの演技、見たくなりました



今回の会報では、もちろん座談会も面白かったのですが、

潤くんの言葉に、[海辺のカフカ」 が出てきて、ちょっと、萌えました

  

蜷川さんの舞台、観にいったのかな?



潤くんの村上春樹は、難しいかな…

   
   
   …ニノなら、ありだね…



















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。