arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 翔くんのコメント   @TVガイドお正月特大号TOP雑誌 ≫ 翔くんのコメント   @TVガイドお正月特大号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

翔くんのコメント   @TVガイドお正月特大号

パンフレットとか、日経とか、アラシック云々とか、書きたい事ある…あった?…んだけど、考えてると書けなくなるので、とりあえず、これはつぶやいとこう

TVガイド特大号

柔らかい光の中の、柔らかい表情の嵐たち

最近、私はやっぱりジャニオタではなく、エンターテインメント好きな嵐ファンなのかなぁと思うのは、ステージでの絡みとか、コンビとかにそれほど、目が行かなくなってきたのだけど、それでもやっぱり楽しいね(笑)

その中で、やはり、翔くんのコメント

…一方で、その責任がすべて松潤にあるってわけじゃなくて、松潤が考えたものを、「いいね、いいね」って言っているのは俺らだから、アウトプットされたものは俺ら5人の総意であって、彼一人が何か言われることじゃないっていうか。
ほんとうにすごいよ。
どう言ったら伝わるかわからないし、どういっても伝わらないかもしれないけど…

もう、おそらくほとんどのファンの気持ちを翳らせている、例のことについて…松本潤ファンだけじゃないと思うのよね、憂えているのは…
私は、乗らない、というやり方で行こうと決めている

そして、正直、ネット上とは言え、公の場でのそれは、ひどいとは思うけれど、そして、何より、嵐にマイナスだとは思うけれど、ファンでない誰かがすることであれば、仕方のないことなのかもしれない。実は、私は、あれは、嵐ファンの仕業ではないと思っている。
今一番影響力があると思われる…平たく言えば話題性がある…存在、それが嵐で、それを取り巻くファンというものの反響を楽しむ何者かがいるとすれば、彼らほどの存在になれば、それさえも受け入れなければならないのかもしれない。
…と思っていても、あれを真に受ける人がいると思うと、やりきれない


そして、私が、地味に、そして実はずんと堪えるのは、個人のブログの中に、それと同じ論調を見た時なんだけど…


15周年に、彼らから発せられた言葉、様子、それを私は見て、いろんなことに対する彼らの答えだと思ったの
NHKの番組も、VS嵐も全てね
だから、私自身は、何かを発するということにあんまし意味が見いだせなくなった(笑)
だって、よくわかったんだもの、

あの5人であることが、嵐が嵐であることのすべてだってことが

そして、それが嬉しかったんだもの



翔くんのコメントがなければ、この話題は触れるつもりはなかったけど、やっぱりこの言葉、嬉しい
同じ言葉、これまで何回胸の中で反芻したかわからないくらいだもの

どう言っても伝わらないのかもしれないけど…

確かに、あれがファンでない人の仕業なら、翔くんがどう言っても伝わらないのか…
でも、ファンがやることとは思いたくないんだよ~


それにしても、いろいろなことが彼らにちゃんと伝わってることが、これほど感じられた年もなかったかも
そして、あれだけ、彼らが、画面を通してとはいえ、想いを伝えたにもかかわらず
このような言葉を、彼が発しなくてはならないとは…  残念としか言えない

あー、嬉しかったって書こうとしただけなのに、何かグチみたくなっちゃった

嵐表紙で圧巻の書店の風景
そして、内容も盛り沢山で

これは当たり前じゃないんだよ

それを為し得てるのは

あの5人

だれ一人欠けてもできないものなのだから





















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。