arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 迎合せずただマイペース   @日経エンタテインメントTOP雑誌 ≫ 迎合せずただマイペース   @日経エンタテインメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

迎合せずただマイペース   @日経エンタテインメント

アラフェス2013の一番好きなパートは、翔くんのHIPなPOPだった
もちろん、最初の国立のDVDでも見てたし、大好きだったけど、私がこんな風に追いかけるようになってから初めて発せられたHIP POP BOOGIE そして、COOL &SOULだった

日経の記事を読んで、またこのパートを見た

翔くんらしい、でも、いつにもまして率直な想いのtextを思い出しながら、HIP POP BOOGIEを歌う翔くん、そしてCOOL &SOULを叫ぶ嵐をながめて、

やっぱり、この嵐を、嵐という大きなムーブメントを、私はずっと見ていきたいと思うのだ



翔くんの記事は、いつも注目してる。その時の嵐の定点観測みたいだと以前から感じていたし、平たくに言えば、理論的でわかりやすいから
いい記事だった

ここからはすごく独りよがりな書き方になります、ごめんなさい


翔くんにとって、嵐とは、語弊を恐れずに言えば、音楽でもなく、ダンスでもなく、芝居でもなく、MCでもなく、報道でもなく
(逆に言えば、それらすべてともいえるけど)
嵐 という活動、ビジネスなんだと思う

だから、その嵐という大きな枠の中での、音楽も、ダンスも、芝居も…すべてのパフォーマンスを、高いレベルで提供したいと思っている
そして、それを実現することで自ずとわきおこってくるムーブメントを目指してるんだと思う

ムーブメントを起こす存在に嵐がなること
ムーブメントの中心に嵐がいること

翔くんのめざすものはそこにあるんだと私は思う

もちろん、それがあるから、歌も芝居も、そのほかの仕事も大きくなっていくからどちらが目標という話ではないのは分かってる

相葉さんも、そうは見えないけど、スタンスは似てると思う
表現者としての欲求というより、みんなを喜ばせるための存在としての嵐を目指す、みたいなね
あとの3人も、もちろんそこはそうなのだけど、ただ、彼らは、おそらく嵐でなくても、表現者として生きていくべき人だと思うし、大野智、松本潤として、勝負してると思う
ニノは、嵐の二宮だと、仕事の依頼はそれを踏まえてくる、みたいなこと絶えず言ってるし、それ、すごくかっこいいんだけど、でも、二宮和也としてもっと貪欲に、演技の仕事をやっていいんじゃないかなぁって私は思うけどね
ちょっと、考え過ぎてないかなぁ、最近のニノ

話は、記事からそれちゃったけど

そしてだからこそ、当然、その個々の輝きが、嵐の魅力になり、翔くんの言う、異種格闘技戦のようになってるわけだしね


で、hawaiiのこと

でも、私は、ここのとこずっと、アラフェスのHip Pop Boogieの歌詞を眺めながら、翔くんの思いはもう、ここにすべてがあるんじゃないのかなって思ってたから、彼らが何かをやるってことに関しては、それでいいんじゃないって思う

目指すものがあり、そのために今何を為すべきかを考えている彼ら

翔くんは、誤解を恐れずに言えば、今やらなければならないと感じていることを、今、やりたいことを、理解されなくてもやりたいのだ


…と、アラフェス2013見ながら書いてきたけど、

まぁ、実際にはわからない

もしかしたら、ほんとは、もっと違ったかもしれない
当の本人たちが、なぜ?と思った決断もあったかもしれない
ファンが、どう感じるか、それがファンのわがままであっても、それを全く感じない彼らではないはず
潤くんが、メッセージのような、そうでないような(!)つぶやくを届けてくれるのも、やはりそこには思いはあるはず

それでもやると決めた

いろいろな選択肢があった中で

hawaiiに帰ることの意義は理解してもらえないかもしれないけれど、純粋に、原点であるhawaiiでコンサートをやりたい

これに決めたのだ




やるからには夢のその先につながればいいな


♪道なき道を歩いてく
 迎合せずただマイペース
 いま言える  いまならば言える
 まいてた種たち咲いてく

 こんな景色までみられるなんて  こんな、こんなとこ来てたなんて
 この大草原の先には何が待っているのだろう
 道がないなら創ればいい  その先たとえ果ててたとしても

 これが最初のタイトなパイオニア
 きっと笑うぜ最後には

 …





















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。