arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP映画 ≫ 陽だまりの彼女ビジュアルコメンタリー感想

陽だまりの彼女ビジュアルコメンタリー感想

ビジュアルコメンタリーって最高だね!

内容はもちろん、面白くて、やっぱり、とか、そっかーとか、がっつり引き込まれちゃうんだけど、その上に、2時間、潤くんが、リラックスした感じで、ダラダラッとしゃべってくれるのが心地よくて、つい、見ちゃう

何か、半年ぶりに、またまたどっぷり陽だまりの中に浸ってしまって、いろんな事感じたり、思い出したり、今まだ、進行中って感じ

3人のコメントに、自分の当時の感想とかを思い出したり、見返したりすると、面白いね~

ということで、散々映画の感想書いたけど、また、このコメンタリーや、特典を見て感じたことをつらつら書いていきます

到着してすぐ、本編を見たのだけど、もう、何回観たかわかんないのに、心の中の大事な部分に、ほんと、触れるんだよね  
私は、完全に親世代なんだけど、でも、私は真緒の
「わたし、いい奥さんだった?」  にやられるの

子育てに一段落ついた今だからからか、何か、今回あのシーンの真緒にすごくはいっちゃった

これ、多分潤くん出てなくても、私、泣いたわ、きっと



で、コメンタリーなんだけど、

中学時代の浩介が、一番尖って見える、って潤くん言ってたけど、私もそれすごく感じてて、現在のちょっとゆっくりした浩介で、どう出すかみたいな話…それは、成長する過程では普通にあることで、違和感はないと監督がおっしゃってましたが…そういう、潤くんの感じたこととかがわかるの、面白かった

あと、真緒が本当に、浩介を好きだってことが、樹里ちゃんの言葉の端々からすごく伝わってきて

なんて言うんだろ、樹里ちゃんが、真緒が浩介を思う気持ちをどういう風に演ずるかを考えに考え抜いていたから、真緒の演技の話をすると、それが、浩介がそこにそうしているから、そんな浩介が大好きだから、真緒はそうなるんだよ、って感じが、ずっと感じられて、そこが、樹里ちゃんがうまいなぁって思った要因なのかなぁとも思ったり、潤くんの演ずる浩介像は、当然だけど、真緒が、あの真緒だから生まれたんだなぁって思った

最後のシーン、もっと笑って言えればよかったのかなっていう樹里ちゃんに、俺がもっと軽いと変わるだろうねって言った潤くんに、でも、軽くはならないでしょうって言った樹里ちゃんが、何か、真緒の気持ちで浩介を思ってる感じがすごく出てて、この感じが映画の、そして潤くんの浩介像の鍵なんじゃないかなぁって感じました、うまく言えないけど


偶然なんてないよ、は雑誌にシナリオの話の時に書かれていたような気がするけど、

いっぱい食べてね   は、最初見た時、予感みたいなのを感じる印象的な、真緒らしい、女の子らしい、私には結構印象的なせりふだった

あと、未公開シーンを見て思ったのは、新藤と真緒のシーンがカットされていたのだけど
車の中のシーンが、映画の中のエピソードの割には、ちょっと浩介が、(なんであなたにそんなこと言われなきゃなんないの)みたいな感じが感じられて、それはそれで、浩介の嫉妬のようなものに色気が感じられて悪くないんだけど、未公開シーンを見て、ちょっと納得した感じはあった

そして、受けの芝居は今までも監督がおっしゃっていたけど、最初観たときにすんなり入っていけたのは、浩介のとまどいや、それを受け入れる浩介の表情や、気持ちが、きれいごとじゃなく、本当に、それでもなお真緒は大切なんだということを、潤くんの演技によってすごく自然に感じられたからなんだよね  この辺は、当時の感想に書いた通りだった

原作は、浩介が、猫の真緒をすんなり受け入れすぎて、私はついていけなかったんだ  

この、後半の松本潤の演技は、ほんといいなぁ



最近、年齢のせいだと思うけど、想い出さえも消えるってせつないっていうことを話されていたけど、こういうことをすごく感じていて、これまでの結婚生活や子育てを振り返ったりしてる時期だからなんだろうけど、
もう、胸がチリって、痛くなるんだよね

樹里ちゃんも言ってたけど、真緒みたいにがんばってていねいに生きなきゃね、みたいに思ったり

最後の主題歌に感じた印象は、

私も、その時もそうだったのだけど、再度見て、琴線にふれる内容であるだけに、最後、広がりのある、ちょっとビートのきいた達郎さんの音楽が、さあ、新しく始めようって感じがしていいなと、同じように思った

というか、久しぶりにこの曲を聴くと、当時は、映画にすごくリンクしてて、素敵な歌だなぁと思ってたのだけれど、今は、映画をというより、私自身の気持ちに響いてくるのにちょっとびっくりしてる

だから、当時より、この歌はグッときちゃうんだ、実は…


今回見返して、好きなシーンは、レストランの後の、駅のシーンだなぁ、やっぱり
あの、まかせろ~  に、やられてた私、  思う壺のファンなんだね(笑)

とまぁ、思いつくままに書いてみたけど、とりあえずアップしよう


ほんとに、この映画、いい

それに、いつでも浩介に会えて

浩介を見てる真緒を見ていられて

そして、3人のおしゃべりが見られるなんて、



素敵じゃないか!  ←しつこい(笑)

















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL