arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 再び、感想  失恋ショコラティエ#11TOPドラマ ≫ 再び、感想  失恋ショコラティエ#11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

再び、感想  失恋ショコラティエ#11

終わっちゃって、何だかすっごい脱力感

恋愛ドラマだったのかな?これ、  少なくとも、爽太にとっては、恋愛というより成長ストーリーだったね

最後の、爽太とサエコさんのシーン、今までの2人が、どんなに常識からかけ離れていても、どんなに爽太の恋が普通の恋愛と違っていても、理解できなくても、ここまで、爽太とサエコを潤くんとさとみちゃんがしっかりぶれずに作り上げてくれてたから、やっぱり、この2人にしかない関係、想いがあるんだって感じられた

恋愛としてはいびつで、へんてこな感じだけれど、でも、今までの爽太にとってはかけがえのないものだったということが、この2人にだけはちゃんとわかってるんだなぁって

そして、それは、とても変わっているけれど、2人にしかわからない真実のもの、素敵な何かだったんだと思った

最後に、ちゃんと向かい合った2人、私はこの2人がこれまでで一番距離が近い感じがした

本当の自分で向かい合ってる2人だと思った

いいシーンだった…


最終回はみんなが本当の自分で歩いていく感じが、良かったよ


…そして、潤くんが、最高だった






ただ、このドラマ、カラダの関係が、ものすごくハードルが低いところが、最後まで、?でした
特に、妊娠している女性が、他の男性と関係を持つこと…それも、本当に愛してるわけではない男性と…これは、まったく理解できなかった  残念だったのはそこだけかな   




これまでずっと感想書いてきて、少なくとも、爽太にとってのサエコさんの存在は、感じてたままだったなぁという印象

前も書いたけど、これって、アイドルとファンと似ていて、その存在のおかげで毎日がキラキラ、イキイキしてくるし、相手のためって応援することがほんとは、自分のためなんだし、好きでいることでつらくなることもいっぱいあるけど、大きな存在となって自分をうめているものを手放して、からっぽになるのが怖いっていう…わかるなぁってね、だって、ファンなんて究極の片想いだもんね


爽太くんは、卒業したんだね

現実の人を偶像化するって、なかなか大変だ…



続編あるのかなぁ?
それを作るための旅立ちなのかもしれないけど、サエコさんが、元のダンナさんと復縁したのなら、もういいかなと私的には思った

サエコさんを卒業したあとの爽太を見てみたいけど、そして、あまりにも魅力あふれるキャストと、潤くんの素敵さに、もう一度会いたいのはもちろんだけど

サエコさん抜きの失恋ショコラティエが魅力的なのかわかんない(笑)



とにかく終わっちゃった



私も前に進もう!  

















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。