arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPドラマ ≫ 雑談   古田さんとか、TVガイドpersonとか

雑談   古田さんとか、TVガイドpersonとか

今日は月曜  失恋ショコラティエの日

先週はMステというプレゼントがあったから、こんなにすぐ楽しみがあっていいのかな(笑)


昨日は、黒木華ちゃんのベルリン映画祭の主演女優賞というニュースが飛び込んできて…

わたし、ほんとに遅ればせながら、「小さいおうち」を週末に読んだばっかりだったから、びっくりしちゃった
小説が、ほんとに面白くて…最近の小説や映画って、読む人にゆだねるのが多いのかしら?
松たか子さんと黒木さんの共演、面白そう…これは見に行かなくては…

そういえば、過去の受賞者が寺島しのぶさんで、どうにも、潤くんを思い浮かべてしまう私




古田さんのA-Studioを見た  …きっと、他の潤担さんと同じだったと思うけど、古田さんのお芝居見る機会も、観客での古田さんに遭遇したこともあって、本人にも興味あります、もちろん(笑)

「今は、テレビとか映画で主役をやってる若手の奴らが信頼できる」

潤くんのみならず、今は、20~30代前半まで、本当に、メジャーな役者さんが、それこそ、実力も人気も兼ね備えていて、切磋琢磨していることは感じるのだけど
それは、古田さんのような、若いころ、舞台を中心に力をつけてきた人から見ても、信頼できる役者と言わしめる実力があり、そのための努力をしているんだね

ジャニーズである潤くんやニノは、アイドルというフィルターをまたそこにかけられるし、嵐の活動と演技の仕事との兼ね合いも大変だろうなぁって思う

斗真のように、芝居専門で引き受けられるわけではないし、かといって、この古田さんの言葉からもわかるように、潤くんが役者の仕事にかける気持ちは、他の役者さんと何ら変わらないはず

でも、そんな潤くんをこうやってちゃんと見てくれる人がいるって、…蜷川さんや野田さんもね…本当に嬉しい
そして、期待も膨らむ


で、TVガイドperson

ジュエリーベストドレッサー賞の授賞式前の、すっごく綺麗な潤くんのグラビアもさることながら、テキストも興味深い

これまでのラブストーリーのいくつかについて、そして、今の松本潤が語られているのだけど


キミぺについて今ならもっとうまくやれるって言ってたのが面白かった
この前の松さんのしやがれの時、なんか、キミぺまんまな感じしたけど、潤くんは、もっと、包容力みたいなもの、出せたらよかったって感じてるのね

多分、そんなものがわからない、不器用なモモでよかったんだと思うよ~
そんな潤くんが、やっぱりすっごくモモに合ってたと思う

聞き手の人がいろいろ突っ込むのだけど、潤くんは、自分だけの演技がうまいとか、テクニック的にこう見せるとかを見る人に感じさせるようなことに興味はないんだよね…それは、もう、自然にやれていること

ラブストーリーは、出来事が、事件や事故とちがって、出来事がシンプルである分、よりきめ細かい表現をしたい
そして、楽しみたい  という潤くん

“失恋ショコラティエ”

爽太のキャラに突っ込んだり、はぁ~?なんて思ったりしても、私は、すっごく月曜日が待ち遠しい
何回もリピしたくなるのも、映像や音楽がすっごく素敵だし、それぞれの表情がとってもきめ細かく、切なさや、失望や、もちろん幸せが伝わってきて、引き込まれるから…

潤くんは、批判されてるなんて言ってたけど(笑)、でも、爽太が共感されなくても、これ、結構みんな面白く見てると思う  美容院のお兄さんから、職場のいろんな人や、身内がこんなに話題にしてくるって、最近なかったもの

これって作ってるみんなの志が伝わってるってことじゃない?

主役がイライラさせてるのに、それでも見たくなるラブストーリー、それってドラマが面白いってことなんだと思うよ
主役はかっこいいけど  なんていわれるよりずっとすごい   わかってるんだよね、そんなことはきっと



単独で表彰されたことがなかったという潤くん

私は信じてるよ

いつかきっとね!





























関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL