arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 失恋ショコラティエ#3  感想TOPドラマ ≫ 失恋ショコラティエ#3  感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

失恋ショコラティエ#3  感想

いい感じじゃない? 失恋ショコラティエ

作品のカラーにすっかりなじんだからか、もう、ただ面白い!

ドラマとしてすっごく、テンポが良くて、うまく展開していくから、あっという間に1時間たっちゃう
原作のエピソードが、むしろ、よりドラマチックに映像化されてる感じで、うまいなぁって思う
最後の、サエコさんとのデートの駆け引きのいろいろ、すごくいい
さとみちゃん、ほんと、いいよ

物語としては、仕事はどーなってるの!  みたいなとこは、もう考えないで見るほうが正解なんだってことがわかって、すっごく入り込めるようになった

これってやっぱり、爽太の物語なんだなぁ

サエコさんに振り回されていく爽太みたいだけど、実は、爽太は自分の思いたいように思い、見たいように見て、進んで行ってるんだなぁ

自己完結してるのは、爽太なんだよね

それは、薫子さんが前回?に言ってた、

「だったら、いったい何がしたいの」  がすべてなんだけど

サエコさんのこと、本質を分かっててすごく好きだと言いながら、そして、色んな妄想したり、駆け引きしたりして、ずっとサエコさんのこと考えてるみたいだけど、現実のサエコさんの言葉、表情、存在と向き合っていない感じ

サエコさんをひたすら好きな自分、が、爽太が爽太として存在することの基本みたいになってるから…アイデンティティの一部ってことね… 自分でコントロールできる状態にしちゃってるっていうかね

いなくなったり、失われたりすると、自分を保てない存在であるとおもっているからこそ、現実として向きあうことをどこかで避けている
誰かの奥さんのサエコさんというポジションでいることさえ受け入れれば安定して、そこにいるんだもの

そして、それが、想いもかけず、駆け引き以前の段階で、サエコさんを振り回したり、失望させてることに気づかない

天然小悪魔は実は爽太なんだよね

でも、原作を読むと、ここは進展があるので、変わっていくはずなんだけど、そこがどう描かれるのか、興味深い

現実のサエコをどう受け入れていくのか、はたまた、サエコはもっとしたたかなのか…



ドラマの感想行きます

みんな、自然にいられる相手の前ではすっごく魅力的なのに、思う相手にはなかなかそこが伝わらない、っていう恋愛の、片想いの古典的なところが描かれてて、

爽太は、薫子さんの前では、自然だから、ショコラティエとしても洞察力のある男性としても、ちゃんと魅力的、えれなの前でも、そう。でもサエコさんの前では、なかなか見せられていないのかもしれない

サエコさんは、爽太の前では天才的な小悪魔だけど、旦那さんにはもしかしたら、それほど響いていないのかもしれない
もしかしたら、爽太にだって、伝わってないのかもしれない  ただ、この部分は、そんなに簡単じゃない感情だとおもうけど

薫子さんだって、潤くん本人なら、もしかするとサエコさんより、魅力的と思うかもしれない(笑) …関谷君はそれに気づくのかもしれないけど

えれなも爽太の前で、すっごくいい女、可愛い女なんだけど、倉科さんには伝わらない

これって、ホントに恋愛では、思い当たる光景だよね

特に、せつないのは薫子さんかな

つい、爽太に、なんでミエミエなのに、ひっかかっちゃうんだって言っちゃう薫子さんが、ミエミエだから可愛いんだって言い返されて

それは、爽太は、サエコさんに騙されてるわけでも、わかってないわけでもなく、ミエミエなことをやっちゃうサエコさんそのものが好きだってことだもんね

爽太は、サエコさんへの想いに翻弄されて、取り乱す姿を、薫子さんには見せることは平気なのよね、彼女の気持ちも知らずに…残酷だわ

そして、えれなちゃん、いいんじゃない?
あの2人のシーンすごく好き
希子ちゃん、すっごくいいよ のびやかな感じと、寂しげな感じ
日本人離れした感じが、何か出てる感じがする  それがなんなのかわかんないけど(笑)

とにかく、すっごく丁寧に作られていて、作品が、チョコみたいにキラキラしてて、そこのイメージがぶれてないのがいいと思う

ラキセの連ドラの時、毎回テイストが変わって、それがすっごくきつかった
今回は、一人一人のキャラ設定も、映像も、しっかり確立されて楽しい

そして、潤くん、多分、爽太と考え方なんかは全然違う気がするけど  …サエコの立ち位置、苦手だろうし、えれなちゃんとの関係も、どうかなって思うし

でも、この役、すっごく合ってると思うよ

あこがれの存在に対して、おれなんか、全然だめだって思い込んで自己完結するところとか、だから、相手を翻弄しちゃう天然小悪魔な感じ、潤くんっぽいなぁって思うけど(笑)

というわけで、ずっと、リピってるワタシ
だって、ビジュアルでも、演技でも裏切られない潤くんがそこにいるんだもの

…幸せすぎる(笑)































関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。