arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 失恋ショコラティエ#2 感想TOPドラマ ≫ 失恋ショコラティエ#2 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

失恋ショコラティエ#2 感想

えーっと、3回観ました

どういうわけかリアルタイムで観たときと、そのあと、感じ方が違ってるかなぁ
理由はわからないけど、数回見た後のほうが、しっくりきました

私は、1回原作を読んだし、初回、すっごく楽しめたの
多分、原作のイメージの私にとってのいいところを合わせて観てるところがあるのかなぁ

このドラマ、個人的には大好きです!…って誰も聞いてないけど  その上での感想

リアタイで観たときに感じたのは、主題が恋愛ってことが、結構大変だってこと(苦笑)
原作って、そんなにだったかなぁ?

ていうか、マンガは100%そうでもOKだけど、にもかかわらず原作では、割合、ショコラティエとしての爽太のクールさが、その冷静さがうまく感じられて
だからこそ、オリヴィエの、「爽太のサエコさんへの想いでこの店ができたのならそれは価値がある」という言葉が、すごく効いてるんだよね

まだ書けてないし書けるかもわからないけど、潤くんと原作者との対談がすごく興味深かったんだけど
「爽太にとってサエコさんが好きっていう気持ちはアイデンティティの一部だと思う」
ということばが、結構核心じゃないかなぁって思って…
アラシストにとっての嵐みたいなもので、でも、それとは別の生活や仕事上の野心みたいなものは、別の次元で発展していくわけだから、そこが感じられないと、ちょっと疲れるよね

まぁ、それは、描かれてはいるか…

サエコさんのキャラは、あれほど確信的な小悪魔と私は思ってなかったし、爽太もそんなに駆け引きに明け暮れてる感じじゃないと思ってたのだけど
ちょっとかわいいツンデレ演じたい爽太と、天然ぶりっこサエコさんくらいでいい気がするし、そんな感じじゃなかったかな前回

オリヴィエと、えれなちゃんが、やっぱり、ちょっと若い気がする
えれなちゃんは、爽太と対等な感じが欲しいんだよね
でなきゃ、あの関係はなかなか理解できないでしょ
ちょっとダメな爽太と母性さえかんじさせるえれなっていうようなね、ちょっと、爽太がお兄さん感ありすぎないかなぁ

でも、何回か見たら、希子ちゃん、色気がないっていうか、ちょっとボーイッシュな感じがいいのかも
で、加藤シゲアキ君がいい

そして、水川さんが最高に面白い



潤くんはさすがだ
えれなとのシーンがせつなくて良くって、ラブシーンが、本当に上手くて、綺麗で


多分、あの爽太がとても魅力的で、リアリティがあるから、サエコさんとの駆け引きをする爽太の思考が、過剰な感じがしたのかなぁ

だって、サエコさんとの妄想シーンの爽太は、爽太ではないけど、えれなといるときの爽太は爽太なわけで…違うのかな(笑)
あの爽太は、恋愛のことばっか考えないでしょ、オトナだから  ←だから、マンガなんだってば!
ずっと恋愛のこと考えてる主人公をやるのは、潤くんは、結構大変かもって、今回は思いました



正直、大人の恋愛をする、大人の松本潤の演技を見たいと思ったわけです


でも、数回観てて、すごく面白いし、潤くんはすごくいいし、サエコさんのバックグラウンドがうまく生かされれば深みも増すはず

テンポや、映像や、音楽がとっても好きなので、期待してます


とにかく、こんな楽しみな月曜日が待ってるって、最高でしょ!





























関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。