arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPCD ≫ 嵐 LOVE  

嵐 LOVE  

アルバムの感想を書こうと思いながら、PARADOXの魅力を叫ばずにいられず、あとになってしまった

ざっくりと聴いた感想を…


私は、基本、メロディ重視なので、あしからず

3曲目から7曲目までの流れ、曲の感じが私は好き

CONFUSION流れてきたとき、こういうの、やってほしかったんだって気分上がった

大野さんのソロもいいわ~ 大人のってなると、歌謡曲のバラードみたいになるのが私はあんまり好きじゃないんだけど、音がすっごくシャープでいいし、べたっとしてなくて、疾走感もあって、すごくセクシーだと思った

paradoxもなんだけど、このアルバム、智君の声に結構やられてます

hit the floorからのparadox、最高だわ

Mステの感想のときも書いたけど、楽曲が良くて、嵐の声がすごく生かされてる気がする

それぞれの声に上手く合うパート分けがされてて、気持ちいい

そのあとの、翔くんのソロ   これ、coolじゃない?

rapばっかりの歌って、そしてその歌詞がベタな感じだと私はう~んって感じなんだけど、メロディに乗せた歌の部分とrapの割合がすごくちょうどよくて、好きだなぁ

そして、breathless


私が、今回のアルバムの LOVE  にイメージしてたのは、この辺の流れだった

大きな愛というより、ちょっと大人で、私小説というか、映画の1シーン的な、ね


だから、潤くんのソロもすごくいいと思う  私は好き

ちょっとジャズっぽくて、しゃれてて、いいんじゃない?

サヨナラのあとで  rock tonight  starlight kiss はどれも、嵐らしさがあって、聴いていくといい感じになっていくはず


ニノのソロ、曲が、すごく力が抜けてていい
相葉さんのソロも、実は、歌詞を全く自分流に解釈して グッと来てた

で、1曲目とラストナンバー

多分私は、壮大な曲が苦手なんだと思う(苦笑)
とても感動的な歌だと思いましたし、いい曲だよ

今回の  LOVE  は、30代に入った嵐が、オトナなんだけど、まだ青い部分も残しつつ、だからこそ危険な色気みたいなものも醸しつつ、そういう、コンセプトがはっきりしたアルバムだといいなって個人的には思ってたから、壮大な、今の時代に実は必要な大きな愛をことさら叫ばず、もうちょっと、さりげない雰囲気を期待してたのかも…

多分、この感想はとてもマイナーだと思います(笑)
でも、感想は自由だよね

娘とダンナはおそらくみごとに、3~7曲目以外がいいというはずだもん(笑)


ただ、PARADOXがこのアルバムのコンセプトを表してるのなら、そっちに偏った、ある意味、好き嫌いがはっきり分かれるくらいにカラーがはっきりしたアルバムもいいんじゃないのかなぁとも思った

でも、アイドルで、お年寄りから子供までを意識するとなると、そうはいかないのかな


面白い、楽しめるアルバムだと思いました







で、最初に聴き始めて、4曲目入ったころ、、私、号泣したよ

だって、がんばって初回盤予約して、待って待ってやっと聴けて

だけど、すでにライブに行けないんだもん



…ここに、love はあるのだろうか  あると信じたいよ…















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL