arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 24時間テレビ雑感      TOP24hrTV ≫ 24時間テレビ雑感      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

24時間テレビ雑感      

実をいうと、完全には見きれてない、多分

でも、感想をざっくり書いておこう

そういう人、多いと思うけど、24時間テレビ、苦手だった…今でもそうかもしれない

病気の人、障害を持つ人、正直、他人事ではないと思ってるから、心揺さぶられないはずがない

だけど、ファンにしてみれば、24時間嵐を感じられるやっぱり嬉しいイベントなんだよね


そんなちょっともやもやっとした気分で迎えた24時間テレビ
今年は、とてもよかったと思いました
24時間テレビ本来の見方からも、そして、嵐ファンとしても…

昨年に引き続き、いろいろなチャレンジや取材があったけど、翔くんの言うとおり、
「人間の魅力の深さを知る」ことができたなぁと思います

人として本当に魅力溢れる人ばかりで、たくさん刺激をもらいました
私って駄目だなぁって、ちゃんとやろうって思った
強さがまぶしいくらいだった

大島さんのマラソンも、私、申し訳ないけど、24hrマラソンで感動することってあんまりなくて、時間通りに武道館に来るのが、ほんと、苦手で、だけど、大島さんのチャレンジ見て、体、動かそうって、ほんとに思った(笑)

お盆前に南三陸町を訪ねた
復興が進んでいるところ、まだ、そのままのところ …

忘れないということが、目を向け続けることが、小さなアクションでも続けることが大切だと思うけど、訪ねることが頻繁にできるわけではない
彩ちゃんの取材のように、こういう機会に、そこに出向いて、今の被災地を知らせることはやはりたいせつなんじゃないかな


そして嵐ファンとしては

今年はホント、楽しかったわ~
まず、歌とダンスのパフォーマンス、良かった
選曲が最高だったんじゃない?
loverainbowから始まり、ダンスナンバーあり、ワイハでしめるなんて、最高だわ

今回は、周りの反響も大きくて、高校時代の友人から、「松潤かっこよかったね、ファンになりそう」
とメールがあったり
職場でも、何人も、嵐、かっこよかったね~って声かけられたり…


ダンス甲子園の場で、嵐があのパフォーマンスを見せてくれるなんて、ホント嬉しい
ほんと気分があがったわ~
大ちゃんが、また、かっこよくて、潤くんの「…イタイダケ…」最高!

ダンス好きな高校生の目に、アラサーの嵐のダンスがどう映ったのかわからないけど、でも、見ごたえあったし、すごくいい企画だと思った

そしてやっぱり、潤くんのタップダンス

何回も見てしまってるのだけど、そのたびにグッとくる

虹の歌詞を手話で語るくだり、あれは、多分この先私の中でずっと生き続ける言葉だなぁって思う

「僕も同じだよ…  」

昨年も思ったけど、潤くんは、この企画、みんなが耳が不自由な子供たちが、壁を乗り越えて武道館でタップダンスを披露する  という企画で、自分に何ができるのか、やらなければならないのか、それをわかっていて、実際にやり抜くんだよね

タップダンスの技術でいえば、HIDEBOHさんのチームの尽力が本当に大きいと思う
それは、並大抵のことではないと思う
そして、その指導と、夏休み返上の生徒努力で形になってきたのだと思う

だけど、それだけでは、足りない何か、HIDEBOHさんの言う、呼吸みたいなものを合わせていくために必要な何か

潤くんは、その部分に、嵐の松本潤ではなく、同じように悩みながら、苦しみながら、不安を抱えながら、日々何かに挑戦している一人の青年として、向かい合うことによって、みんなの心を一つにしていったんだと思う

ここに、本当に心を打たれるんだ
昨年もそうだったんだけど、彼らの抱えてる壁、は、アイドルとやれてうれしいな…くらいで越えられたり、うまくできたり、そんなものじゃない

潤くんの、あの、言葉が、気持ちが、熱が、心を一つにする何かになったのだと、私は感じました

そして、あの彼らのタップダンスと、あの表情!

あの部分だけ見ても、楽しいの!

かっこいいの!

それがすべてじゃない?




お疲れ様!


























関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。