arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ あれこれ思ったこと  @アラフェス結果 TOPライブ ≫ あれこれ思ったこと  @アラフェス結果 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あれこれ思ったこと  @アラフェス結果 

家を空けていたので、ずいぶんと間が開いてしまったけど、書いておこう

アラフェス、家族全員全滅でした…popcornに引き続き…

私は幸運なことに昨年当選し、娘と参加したので、ダメでも仕方ないと思ってたけど、ドームも全員ダメだったし、だれか当選するかなぁと思わないでもなかった

4日たったせいか、家にいなかったせいか、はたまた無意識に覚悟していたのか、ドームがだめだった時より大丈夫みたい…  そうなっちゃうこと自体がどうなのかなぁって思うけど



最後の国立、アラフェス
まさかたったの2日間だなんて、誰が思ってた?
7daysくらいやってくれて、会員オンリーの特別な空間で…そんな風に思ってたんだけどね
だって、1年前から、次のリクエストのこと、頭のどっかに置きながら曲聴いたり、DVD見たり、そんなファンが、どう考えてもたくさん落選せざるを得ないシステムなんだもん


今回の当選の状況がどうなっているのか、よく知らないけど、そしてアラフェスは14万人しか当選しないのだから、どうやっても満足することはないのだけど


単純に、会員にチケットが優先的に販売される  という当たり前のことがどうして行われないのかなぁといつも思う

嵐のコンサートに行きたい…そう思ってファンクラブに入るという一歩を踏み出した人が、何年も行けないということになっているのだとしたら、そして、会員でない人が、行けているのであるとしたら、それはやはり、おかしいと思う

ふつう、何かをとても欲しいと思って、それを買うには会費を払って会員にならなければ購入できないことになっていて、そこまでしても欲しいと思って登録する
その商品が、欲しいと思っている人よりたくさんあったら、会員の紹介で買えるのは問題ないよね
でも、その商品は会員の数より少なくて、なおかつ会員登録は毎年更新しなければならない
にもかかわらず、会員になってない人が購入できている

ふつうのモノなら、「そりゃないわ」ってことだよね

たとえば、私が、自分の作るアクセサリーや、バッグや、ギターを…何でもいい…気に入ってくれた人が、会員になって待っててくれて、応援してくれたら、やっぱりその人たちにまず買ってもらいたい
少なくとも、何年も手に入れられないなんてことにはしたくない

たとえば、ちょっと気になるNEWSのライブがあって、お友達がチケットあるって誘ってくれたとする
でも、もし、会員になっても当選しなくて行けてない人がいるなら、そちらを先に行かせてあげてほしいって普通は思うよね
1度行って楽しかったとして、次回絶対行きたいと思えば、会員になるでしょう
でも、誘ってくれるなら行きたいな…という程度なら、会員にはならない

会員になるということは、些細なことのように、当たり前のことのように言われるけど、とても大きな意思表示なのだと私は思ってます

そして以前も書いたので繰り返しになるのだけど、
140万の会員、CD2種売りで、初動60万程度、昨年のアラフェスの投票27万票、これから推測すると、コアな嵐ファン…雑誌が出れば、購入し、ポスターが張り出されれば見に行き、前売りに特典が付くとなれば朝から並び、CMに出れば録画し、その商品を買い、落選すれば、いやになるほど落ち込む…は、実際には、87万人動員(正確な数はわかりません)であれば、2年もあれば、1枚のチケットを手にできるのではないでしょうか

もちろん140万の中にはいろんな思惑の人もいるので難しいのでしょう
でも、無効になっている会員番号、申し込みを控えた会員、前回当選した会員以外から優先すれば、実は、会員のみ1枚であれば、どこかのチケットは当たるのではないでしょうか
実際、会員のみ重複なしにした最初のワクワクは、定員割れでした。これは5万×5 25万人程度のの動員だったはず

1人での参加は現実的ではないので…私的にはこれでもいいから行きたい人でいいと思いますが…、せめて会員が1人の同行者ということであれば、今より納得できるはず

私は、娘がaikoのFCに入っているのですが、ここは2人の申し込みです
今年もチケットが2枚ありますが、息子が行きたいといったので譲ります
3人で行きたいのならFCい入ればいいのですが、入りません
aiko大好きで、何回も行ってますが、このスタンスで満足してるからです

会員になるというのとならないというのは、やはり、思いが違うんです

どうしても小さな子供を連れて行きたいのであれば、その子の分も私なら払います
でも、当ったら行きたいなというスタンスなら払いません
それでいいと思います
以前、お金のない子供が行けないという意見を目にしましたが、親が、子供がジャニーズのコンサートにいくためにFCに入会することを許さないというのならそれは仕方のなことだと思うのです。私もそうしたかもしれません。
もし、子供が行きたがっていて、嵐のコンサートならいいと思っていたら、4000円の会費を払うでしょう
だって、そうしないとチケットが購入できないというルールになっているのだし、会員でもチケットがとれないのに、会員でないのに行けると、ふつうは思わないから…
今は、小学生でも携帯を持ち、高価なゲームを買い与えてる方も多いし、バレエのチケットなど、10000円は下らないでしょう。そう考えれば、払う方はいるはずです


もしかしたら、自分のおこづかいから4000円出している中学生だっているかもしれません
そんな子が、会員じゃないけれど、誘われたから行ってきたと、友達から聞かされたら、どんなにつらいでしょう



ただ、これはあくまでこちらサイドの話なんだよね

チケットを手にできた人にはいろんなパターンがあって、一つのツアーで
①一つの名義で、1回ライブに行ける人
②いくつかの名義(家族や、友人の同行者)で1回行ける人
③いくつかの名義で数回行ける人
④自分自身はFCに入っていないが、たまたま行く機会に恵まれた人

このうち、①と②は問題ない

では、③と④では?

ファンの側からしてもどちらが許容できるのかわかれるところだと思うのだけど、私自身は、③はありだけど、④はなしなんだよね
実際には、正直、③の人を目にする機会がブログなどを見てると多くて、やり場のない気分に襲われることがあるんだけど、理屈では、仕方のないことだと思ってる
理由は上に書いたように、チケットは会員でなければ買えないし、チケットが会員以外に回るほどの枚数がないから
名義を増やす人は、それなりに努力してるし、何より好きでなければできないこと
きちんとお金を払って権利を得ようとしていたり、友人を増やしたり頑張ってる…私にはできないんだ、寂しいけど

でも、嵐さんサイドは、③を減らして④を増やしたいんだと思う
その結果、①の人が極端に減っていて、何年も行けないということになってしまっているのではないかな
すなわち、1回も行けない会員がいる一方、複数回行ける会員もしくは、非会員で行ける人が増えている

実際、自分の名義は当たらなくても、家族や、友人の同行者で1回は行けたという人はそれなりにいると思う
でも、うちの例でいうと、娘はもし一人で入っていたら、5年で1回しかライブに行けていません

でも、嵐さんサイドは…嵐さんが、ではありません…誘われてきたファンに参加してほしいんだね…

確かに、それは理想だけど…


翔さんの新聞記事の感想を書きかけたままになっているのだけど、

「仮にこれがバブルなら、はじける時間を一日でも遅くしたいというのが現在の気持ち」
とあって、取りようによっては、いろいろなことを思わせる、ちょっと意外な言葉だったのだけど


嵐が、いろいろな意味ですごい存在になっているのは、やっぱり、誘われたならライブに行くというファンには絶対に起こしえない風を送っているファンがいるからだと思う

向井理君はとても素敵だけど、あたしもとても好きだけど、みんなからとても好感持たれているけど、でも、嵐のようなムーブメントを起こしているわけではない

みんなが何となく好き…というレベルが、翔くんの言うバブルになるには、上に書いたコアな嵐ファンの行動…チケットのアクセスがつながらない、東京タワーのライティングに大勢が繰り出す、掲載雑誌が売れる、映画チケット前売りに並ぶ、CMの商品が売れる…が、ビジネスに関わる人たちに、これは、見過ごせないというムーブメントになっているからだと思う

なぜ、私たちがそうやっているか

嵐が好きだからだよ

嵐の一人一人が、思うように仕事をしてもらいたいから

もっともっと、輝いて、もってる才能を開花させてほしい


そう思っている会員の一人一人の気持ち、わかってほしい

誘われたら行くけど…そんなファンももちろん、ファンです
でも、多分、行けなくても泣いたりしない

私たち、会員は、そんな風にはやり過ごせないんです





長く書いた割には、というか、だからなのかわかりにくい内容になりましたが、以前からずっと思っていたことを書きました
気分を悪くされたら、ごめんなさい


































関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。