arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 尖った潤くん と タイプ二宮    @嵐シェアハウスTOPひみつの嵐ちゃん ≫ 尖った潤くん と タイプ二宮    @嵐シェアハウス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

尖った潤くん と タイプ二宮    @嵐シェアハウス

これ、ほんと、興味深かった

まず、2人だと、結構素が見えやすい、末ズコンビであること

そして、ゲストが、今一番活躍していて、将来的にも最も活躍が期待されてる武井咲さんで、嵐が見ているトップの風景を見ているか、もしくは見るであろうと思える、ある意味、共通する何かを持った女優さんであるということ

そこに、ふたりも、実際に興味があったんじゃないんかなぁ

だからこそ、年齢は違っても、共感もあり、アドバイスもあり…

嵐の面々が、10代の頃の自分を自ら振り返って話してくれるって、あまりないと思うから、すごく面白かった

当時のことを、いろいろな方のブログなどで、相当お勉強したので、いろんなことを知ったような気になってますが、振り返ったことが、時間を経ての主観であったとしても、本人がどう思っているかを言葉で聞けるって、面白い

特に、納得できないと、絶対に行動したくなかったという、尖っていたガラスの10代の潤くんと、我慢することがでうまくいくのなら、当たり前に我慢しちゃえるニノ

潤くんは潤くんで、「なぜ、そうなの?」といらいらし、葛藤し

ニノはニノで、初めから我慢してるわけだから、戦ってるわけだし

バラエティでも、我慢しながらもしゃべるニノに、潤くんは潤くんでイライラし、しゃべらないで尖ってる潤くんに、やっぱり、気持ちはわかりながらも、やっぱりやれやれ、って感じのときあったんだろうなぁと思いました

特に、潤くんは、それまで可愛い潤くんだったわけだから、翔くんも、心配しながらも見てるしかなかったのかなぁ

でも、ストイックで、実は真面目でかわいい潤くんという、最近のイメージ、そして、ニノは、いつも自分のペースに相手を巻き込んで、自由にふるまっているというイメージがあるんだけど

そして、潤くんの仕事に対するストイックさ、真面目さと、納得しなきゃできない我儘さとは、相反しないのだけれど、でも、潤くんって、やっぱりやんちゃなんだなぁって再認識し、そのワイルドさがあるから潤くんなんだと思いました

ニノって…ニノってやっぱり繊細で優しいんだと思うよ

というより、タイプが違っても、純粋で、真剣で、志が高くて、優しくて…そんな二人は、それぞれのやり方で高みを目指してきたんだなぁ

だからこそ、それぞれの立場からのアドバイスが興味深いなぁと思いました

それにしても、その頃のことを、笑ってテレビで話せるくらい大人になったんですねぇ

そして、さすが大物の武井咲ちゃん、嵐さんに対して妙に遠慮もなければ、舞い上がった感じもなく、ちゃんと質問し返したりして、潤くんたちの本音を引き出してくれてましたね

潤くんは、つまらない台本だったら、尖っちゃうとこ、今でもあると思うよ…特にニノがいたら、自然体だし、おまかせしちゃってもまわるからね

そして、何か、ニノが可愛かった(笑)

長いタンを怖がるニノ、行く♡をまねするニノ

潤くんも、可愛い女の子に接するときの感じ見せてくれたし(笑)

2人の普段も、そんなに変わらないのかなぁって思って見てました




   やっぱり、シェアハウス、すっごくおもしろい!















関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。