arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 末っ子たちの魅力  @しやがれTOP嵐にしやがれ ≫ 末っ子たちの魅力  @しやがれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

末っ子たちの魅力  @しやがれ

しやがれ、緑色のシャツだけでなく、とても面白かった

まずは、潤くんがほんとに、細くて、可愛かった
私は、きっちり前髪をあげた茶髪が、どちらかというと苦手で、前髪ありの、ちょっとほわーっとした長めの茶髪が好きなので、そして、顔もシャープな感じで、カワイイ

舘さんのコーナー、潤くん、大人の、先輩のエピソードなど聞くの、好きそうだし、謙虚な後輩の可愛い感じがすごくあって、…カワイイ、これしかないの、貧困な語彙でごめんなさい…


そして、ニノが、今のビジュアル、いいよね…最近そればっかりだけど

今回は、ダンディーなきめ台詞、取り調べ、口説き方と、見せ場があったんだけど、たまたまなのか、末ズのからみというか、対比がすごく面白かった

ニノが上手い…というのは、それは、私は、ひいき目でも思い込みでもなく、私はすごく上手いし、魅力的だと思う

潤くんは、私はいつもより、可愛くて、そのわりに言うほどテレもなく、すごく良かったと思うよ

私が、思ったのは、ニノが、時々出す本気のスイッチに、潤くんの存在がやっぱりあるんじゃないかな、ということ

ニノは、人と競争するということがまったくないし、勝とうとか、ライバルという概念がないと言ってると思うし、本当に、単純な勝ち負けとか、ライバルとかには、興味がさらさらないんだと思う
逆に潤くんは、負けず嫌いだと自分でも言ってる

今回、嵐の面々、本気出せばみんなダンディーだと思うよ
翔さんだって、大チャンだって、相葉さんだって、想像できる

でも、上手く言えないけど、ニノって上手いだけじゃなくて、「松潤」的な、胸キュンの、バリバリのかっこいい役も、すごく合うと思うんだよね。花男的な、もしくは、ここでもやった、ハードボイルド的な、劇画的なね

そういうニノが、潤くんと絡むと、なんか、そこの本気スイッチが入るみたいな感じがするんだよね
で、潤くんは、意識的ではないんだろうけど、その演技をニノがやってくれるとちょっと抜けるっていうか、そして、ニノ、すごいでしょって、これがニノなんだよって、心の中で思ってるような、なんかそんな気がしちゃうんだよね

潤くんの前では、ほんとのことやっちゃうみたいん感じかな、手を抜くのは、見せられないっていうか
多分、潤くんが、ちゃんとやることが好きだと思ってるからってのもあるかもしれないけど

ニノは、器用だから、その場をうまくやることは結構上手いけど、やっぱり陰では、潤くんみたいにすごく努力してると思うし、それは二人の、似ていて違うところ、違うけれど似ているところなんだと思う


二人の共演もあってもいいんじゃないかな

嵐をしょってるから難しいんかもしれないけど、対照的な役、すごくいいと思う

せつない人間ドラマ、見てみたいな



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。