arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ もしかしたら  @アラフェス感想3TOPアラフェス ≫ もしかしたら  @アラフェス感想3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もしかしたら  @アラフェス感想3

日常に戻り、ウラアラマニアを聴きながら、ある意味、やっと、アラフェスに浸っています

何だかね、今回の国立は、嵐がちょっと無理しても、ファンのために、そして自分たちも、国立をやりたかったのかなぁ、やってくれたのかなぁ~っていうような、愛をすごく感じたんだ

アルバムも間に合わなかったし、オリンピックや24時間テレビがあったから、季節も夏の終わりだし、平日だし、ジュニアもいないし

でも、嵐が国立をやるってことを、ファンも、そして嵐自身も、あきらめきれなかった

やりたい気持ちと、嵐のアイディアと、私たちの、それを求める強い気持ち、それが27万のリクエストになり、アルバムになり、あのステージになった

ただただ、あの、国立でお祭りやるために、

一緒に楽しむために

ファンのため、とか
嵐のために  とかじゃなく
お互いが同じ高さで

やりたいよね!

やれるよね!

じゃ、私たち、リクエストするから、
予習(復習?)するから

じゃ、俺たちも、準備しちゃうよ!
踊るからね~
あれ、やっちゃうよ~、待っててね

みたいな、なんかそんな感じだった気がしてる

だから、あ~、こんな風になるんだ  とか
これ来た!  とか  すごい一体感があったし、  嵐も

どんなリアクション来るんだろ?  って、きっと楽しんだり、ドキドキしたりしてたと思う

なんか、受け身ではなく、言葉通り一緒に作っている感じが、私はしたよ

潤くんがDJ一生懸命練習してくれたり、大宮引っ張り出してきてくれたり、大ちゃんが新しく振付けてくれたり、ジュニアみたくみんなで踊ってくれたり

当然だけど、そんなのファンのためにやってくれるの、当然だけど、でも何て言うのか、手作り感というのか、

どうだ!  じゃなくて

どう?   みたいな感じをすごく、感じました


ほんの少し前まで、遅れてきたファンである私は、以前のアルバムを、いいなぁって思いながら、自分だけで楽しんでいたことを思うと、夢みたいな、信じられないことなんだ、ホントに…


私の勝手な妄想だけど、ウラアラマニアを聴きながら、そんなことを思いました



だからこそ、だからこそ、これは、ファン限定の全員参加であってほしい

心から、そう思います


嵐って、ほんとに素敵だね

出会えてよかった



    大好きだよ!!



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。