arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
      

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

夢物語

先の記事に合わせて書きたかったのだけど、無駄に長かったので、分けます

今回のベスアは、嵐に関する限りは、企画物って感じだったね

で、やっぱりSPバージョンの夢物語がすごく良かった

タッキーって、最初に印象深かったの、見たの、いつだったかなぁ?ドラマだと思うんだけど
もう信じられないくらいの美しさっていうか、可愛さっていうか、すっごく覚えてる
娘が好きだったころの、黄金期?っていうのかなぁ、それは、わたしはそんなに意識してみてなかったから、その懐かしさは実はないのだけど、彼が、飛びぬけてきれいだなぁ、と思っていた

最近、相葉さんが、嵐にはタッキーが入ると思われていたなんて言ってたけど、その頃のことは、いろんな事を読んだりしただけで、私は実際知らないことだから何ともいえないのだけど

何故か嵐がデビューしても、なかなかしなくって、
デビューした後も、私の中では、最初見た時の輝きほどのインパクトはなかったの

でも、この、夢物語のタッキー、素敵だった

いや、翼くんとの時も素敵なんだと思うよ

でも、何なんだろ、単に私の趣味なんだと思うけど

あのみんなとの絡みの楽しさ、キラキラ感

大勢の中だからこそ、一層輝いて見えるタイプなんじゃないのかなぁって思った

ま、私は、ジャニーズ全般に関してはまったく門外漢なので勝手な印象ですが…

山Pの時も、似たようなこと思うんだよね
私、実は山Pは最強のビジュアルだと思ってるんだけど、彼も、一人より大勢の中とか、誰かとからむと、よりキラキラして見える気がするんだ

ジャニーズって、その辺をうまく使ってるんじゃないのかなぁ…グループの意味って、やっぱりある気がする

とはいえ、お気に入りの人はソロで、という人たちもたくさんいるようなので、私の趣味なんだね、多分

今週は、FNSで、とんでもない規模のコラボ?があるようで…

FNSに生出演なのかしら…情報、全然見てないからわかんない

SMAPさんとかと、一緒にやれるのかなぁ  だといいなぁ


ほんとは、相葉さん、良かったよって書いて、最近の相葉さんのこと書くつもりだったのに、あれ?(笑)

ま、いいか…








スポンサーサイト

ベストアーティスト2014

もうこんな時期かと、あせってしまう、ベスア2014

翔くんも、もう慣れた様子で、ちょっとふっくらだったかな?
結構早口で、翔くんらしい感じだった(笑)

恒例の視聴者参加企画、あれ、オタクはcoolっていう認識なの(笑)?
私、ちょっと迷ったけど、hotにしたんだけど…お墨付きのお茶の間ファンってことね
単純に、私は、誰も知らない  が、それほど自分にはヒットしてないだけなんだけど
それに、トラメもGUTS!も、踊らない曲という認識もなかった(!)
踊ってるよね、あれ、すっごく好きなんだけど(笑)

そもそも、大ちゃんの誕生日を意識してるなら、
A GUTS!  truth
B trouble maker  誰も知らない

にすればいいじゃない
だいたい、誰のタイアップ曲なんて、私、気にしたくもないんだわ
潤くんのタイアップ曲が、私たまたま好きなタイプが多いから、繰り返して聴くことになっても嬉しいけど、もし、違うタイプの曲が多かったら、タイアップ曲であっても、聴きたいって、別に思わないよ
大ちゃんのタイアップ曲に多い踊る曲でも、facedownはすっごく好きだけど、誰も知らないはそこまでではない
嵐の曲として好きか、そうでもないか、だけなんだけど

嵐のメンバーにああいわれると、メンドクサイなぁ

むしろ、最後まで、大ちゃんの誕生日に触れてもらえないんじゃないかと、そのほうが気になってた(笑)
潤くんが言ってくれて、ほっとしたよ
大ちゃんの誕生日、ちゃんと知ってたけど、GUTSと、トラメを踊る大ちゃんが好きなファンいるんだよ~
もし、彼らが、そんなに曲に、誰それっていう意識があるのなら、はじめからSPバージョンのtruthやって欲しかったなぁ
hotにして、やっぱり後悔したよ、そんなに練習したんならねえ(笑)

でも、それにしても、合わせて140万超?の投票ってすごくない?
アラフェス、30万超えないんだよ
オタクファンが入れなかったのに、お茶の間のファンが、GUTS見たいってこれだけ入れたとしたら、すごく嬉しい

今回、槙原さんのFALLがすごく好きで、ドラマ見てるからかもしれないけど、はるかちゃんも言ってたけど、ドキドキしてくるんだよね
あんな歌を、嵐が歌ってくれないかなぁって思った

嵐の2曲、すごく楽しくて、私は満足だったけど、でも、今みたいに音楽番組が少ないとき、メドレーの1曲はお手振り、ていうのも何だかもったいない気がする

翔くんが司会をしたり、視聴者参加の企画をやったり、それは今の嵐の特別感なのだと思うから、すごいことだと思う

でも、
やっぱり、パフォーマンスを完璧に練り上げて魅せる
ジャニーズファンじゃなくても、いいね!とかんじる、力のある楽曲を歌って踊る

そういうことを、きっちり見せてほしい

オタクなファンはもちろん、お茶の間ファンが、この曲初めてだけど、すっごくいいんじゃないって
これ、聴いたことあったけど、がっつり踊ってるの見たら、すっごくかっこいいんじゃないって

やっぱり、今一番輝いてる人たちがでる、SP音楽番組に出るからには、そんな、嵐のパフォーマンス、見せてほしいな















aikoが…

楽しみにしてたベスア

でも、紅白の発表があって、aikoが落選してたことを知り、娘と大ショックのやりとりしてた

なんで~  ?

林檎さんも出るのに!2人が出るの、すっごく楽しみだったのに

今回嬉しかったのは、V6さんが出ることだけだわ~  いや、他の人がいやじゃないよ、セカイノオワリ好きだし

でもさ、ジャニーズとAKBグループ多すぎじゃない?

AKBは娘がそこそこ詳しいので、その彼女が
AKBはとても大変、なぜならここしか出られないのに、すごく研究生が多い、 だけど、SKEや、その他は、兼任が多くて、結局どちらにも出られるし、何より単独公演があるから、下の子も注目を浴びやすい
と以前から言っているの

たとえば、指原は、2つに出られるってことね、紅白ではどうかわからないけど

これは、もう、AKBグループとしてまとめていいんじゃないって思っちゃう

誤解のないように言っておくけど、私は、嫌いじゃないの、彼女らのパフォーマンス
でも、4グループ、別々に出てくるくらいなら、やっぱり、aiko見たいよ

ジャニーズは、嵐だって、10年目、V6だって20年?
この感じは、昔のアイドルっぽいよね
やっと出れるってね

それでも、やっぱり、多いよね~

何というか、aikoもゆずも、コブクロもドリカムも出ないってことは、ある層はやっぱりつまんないと思うのよ、ジャニーズ好きなワタシでも、え~って感じなんだもの←べつにコブクロさんとかのファンなわけではないのよ
今年は、もう見ないっていう層が増えないのかしら?そうならないといいけど

紅白って、いろんな人が見てくれるから、いろんなジャンルが出てくれるから、そして、その中で、アイドルがちらちら出るから、楽しいし、価値があるっていうと変だけど、貴重っていうか、いいんじゃないのかなぁ
逆に言えば、アイドル目当てで見てても、今までで言えば、やっぱり、ドリカムとか、あと、ミーシャとか、美輪さんとか、素晴らしいものいっぱい見られるからいいんじゃない?
それと同じで、演歌好きの人が、アイドル出てるの見て、今年はこれが流行ってたのかとか、そういうこと話したりね

ジャニーズ、すごく頑張ってるし、一番若いあのグループは正直よくわからないけど…売上あるからいいのか…、それ以外は、テイストも違うし、簡単には出られてないから妥当だと思う…でも、一番いいときが実はピンチなんじゃないか、という、何だか、個々の方向は間違ってはないんだけど、大勢になったという良いことが、逆に危機を招いてるような感じがしちゃうんだよね

ま、こんなこと私が心配することじゃないけどね(笑)
5時間くらいあるから、ちょうどいいのか?でもこの2大勢力で10位あるのよ~

V6さんでるということは、今後イノッチさん司会に繋げられるのかなぁとも思うし、楽しみなのは間違いないのよ

どちらの勢力も、極めたところからが正念場なんだろうなぁ…っと、ちょっとおせっかいにも思ってしまった

aiko、見たかった~
大みそかの楽しみの一つがなくなったよ…







ピュアな人

大ちゃんが泣いてたところを、たくさん見た秋だったね

15周年あれこれで、映像や、活字で、5人からいろんなことがファンに向けて発せられて、もうこの5人のこと、あれこれ文章にすることに、何だか意味を見いだせない気分なのだけど  …もともと意味なんかないけどね(笑)

それは、やっぱり、幸せだったからなんだよね

5人の気持ちや、垣間見える行動や、おしゃべりや、涙や、そんなあれこれが、もうたまらなかった…大好きすぎて…

だから、この5人の描くこれからを、ただ追いかけていくことが、楽しみで仕方ないんだ

それと同時に、とってもたくさん、見せてくれたおかげで、こんな人なんだなぁって、あらためて思ったことがやっぱりあって


大ちゃんって、嵐のリーダー、心の支柱なんだってすっごく感じたけど

でも、ホント、一番ピュアなんだなぁって思ったよ

泣いてたからじゃなくってさ

何かを決めたり、しゃべったり、しゃべらなかったり…そして、赤ちゃんみたく泣いたり

何をしてても、自然で、愛が溢れてるっいうか、嵐を、メンバーを大事に思ってるっていうか、大事なことって、ほんとに、5人の健康とお母さんしかないんじゃないか…極端だけどね…
だからこそ、余計な思惑とか、そんなことからは全く自由で、シンプルな、人の心に届く、言葉を発するんだね


大ちゃんの、他の人とは違う、無垢な感覚

あれだけの大きな才能を持っている上でのピュアさ

それがどれほど素敵で、そして、嵐にとって大事なものかが、ますますわかってきたよ

それが、嵐を、ファンを幸せにするだけでなく、

どうか、大ちゃん自身が、幸せになる鍵になりますように!

Happy Birthday!
















THE DIGITARIAN TOUR 感想  @福岡

もう、大阪も近いのですが、福岡のライブの感想を…
正直、今回は、近くで観れた興奮と幸福感がすべてだったのだけど(笑)
忘れないように、印象を書いておこう
多分長くて、つまらないです(笑)

先にも書いた通り、アリーナだったので、全体を見渡す感じではなく、ムービングステージ?の動きも…新しくなってたのかな?…よくわからなかったのだけど、固定のセンターステージがないっていうか、福岡ドームのキャパを考えると、スタンドでも、すごく嵐を近くに感じられるように工夫されていたと思った

タワーに立つ場所も、すっごく端のほうにもあったし、気球は上がるし、トロッコもすごく回数多かったんじゃないかな?
嵐を感じるという点では、すごく楽しめるステージ作りになってるように感じました

ま、2つのアルバムツアー、見てないから、あくまで、私見です

ネタバレ全くなしで行ったので、細かいこと見てないけど、今までと違う構成、私は良かったと思う

というか、いいとか悪いとか、あんまり思えないというか、違ったことする、えっ?て感じがなきゃ、つまらないじゃない?

そう来たか、と思ってワクワクするのが、醍醐味だと思ってるからね~

オープニングは、私は、この曲だと予想してた、消去法で(笑)
デジタルっぽくて、最初っぽいのはこれしか残らないかなぁと

流れもそんなに覚えてないけど…とにかく今回は、嵐さんが近くに来てくれるので、正直、それに意識が集中して楽しんじゃって…
それでも、オープニングからDIJITARIANワールドで突っ走る感じが、すっごく楽しかった
wonderfulがあっという間に出てきたなっていう印象(笑)…好きだから楽しみにしてた

一昨年は見れなかったwelcome to our party、嬉しかったなぁ

潤くんソロは、すっごく最初のほうに、あっさり出てきた感じ
なんだか、面白い振付があったような…すごく新鮮というか、初々しいというか、広がりのあるパフォーマンス
で、大ちゃんのソロは、私は、歌も、振付も好き  よく思い出せないけど
ちょっと変えたつもりなのにみんなは、らしいっていうって、大ちゃん言ってるけど、私は、いつもとちょっと違う楽曲だと思ってるんだよね。上手く表現できないけど、いつもは割とオトナなイメージなんだけど、ちょっと、ダークな感じというか、力の抜けた色気というか、私はむしろセクシーな感じがした

パンフも見てなかったので、TRAPが、大ちゃん振付だと知らずにいた
これは、踊るってことを念頭に入れた選曲なんだろうと思ってたけど、すごくカッコ良かった気がする、が、さすがに1回ではあまり覚えてない

で、嬉しかったのは、love wonderland!
これ、とにかく好きだったから、めっちゃ期待してた
すごく良かった~
ダンスも可愛かった…気がする(笑)
向こうにいる時、パソコン触れなかったから、こちらに帰ってきたら、以前のこの曲の記事にアクセスが結構あって、ちょっとびっくり
これは、DVDが楽しみだ テレビじゃやってくれないよね、見たいなぁ

ファンライトは、思ってた以上に制御されてて、自分で意識して変えたのは、そんなにはなかった気がする
すごくきれいだったし、何より、参加してる感じ、一体感はあった  …準備からして、めんどくさかったから余計(笑)
でも、うちわを振り回しちゃいけないし、でも、ライトだし、ちょっと戸惑ったのも事実

で、ニノのソロはすっごく華やかになるかと思いきや、モノクロからの変化をイメージしてたのか、ずっと会場が暗かったのね 最後にはちゃんと色づくんだなぁと思ったけど、そしてそうなったのだけど、も少し早くから単色でも光ってたほうが、楽しかったかなぁ
白がないから、難しいのかなぁ そこがちょっと気になったけど、あの曲、季節にピッタリでいいね!

でも、今回、ダントツに楽しかったのは、やっぱり相葉さんソロでしょう(笑)
あれ、最高だった! マジカルソングのほうが好きなんて言って、ほんと、申し訳ない  …あれ、ステージに出てきた時相葉さんってほんとにアイドルだなぁって思って、好きだったんだよ
やっぱりアルバムっていうのは、ライブをすることをイメージして作って、ライブでみんながワクワクして、ドキドキして、それで完成するんだね~
相葉さん、すごいわ

翔くんソロはすごく好き
でも、これ、やっぱり5人でやってほしいなぁ
大勢で歌うイメージなんだ

アクセントダンスっていうのかなぁ、動きと音と光もだった?が、連動してて、デジタルとヒューマンの融合が表現されてて、いい緊迫感があった
新しいことって、やっぱりやるべきだよね  
あれって、真鍋さんとかが、以前テレビとかでやってたのに、なかったっけ…違うのかな
デジタルばっかりなのはちょっとついていけないけど、すっごくヒューマンな盛り上がりの対極にこういうアクセントはかっこいいと思う
もし、心拍とか、血圧とか、そういうバイタルなものを、音や光で表現できたら、すごく面白いよね

そこからの、zero G、終わり方もめっちゃかっこよかった!

そのあと間があって…ネタバレせずに行ったのだけど、中断があったとか、いや、あれは中断ではないとかの情報のみチラッと得ていたので、驚きはなかったけれど、あれから後が、アンコールだと言われると、ちょっと違和感はある
だって、あれは、予定されてた演目だものね

15周年を、Hawaiiをちゃんとみんなで祝おうというすごく楽しいメドレー、よかったんじゃない?
特にお茶の間ファン引き連れてのアリーナ参加だったから、みんなで楽しめる感じ、嬉しかった
セトリ見てると、定番曲のメドレーなんだけど、やっぱり楽しいのよね~
センターでのきっと大丈夫、すごく近かったんだけど、これ大好きだから嬉しかった

そして最後に、君の夢を見ていた

詞と言い、曲と言い、嵐らしい、懐かしさと前に向かっていく静かな強さ

ライブタイトルのアルバム曲で、最後のメッセージを届けるというのは、私はすごくいいと思った

ステージの工夫や、ちょっと変わったらしい、ムービングステージ、すっごく楽しめました
その上で、私は参加できなくてDVDでしか見ていないLOVEコンは、すごくゴージャスに、うまくできていたのではないかとあらためて思ったのも事実

それにしても、毎年、特に国立以降は、2種類のライブを、このクオリティーで作り上げる彼らに、松本さんに、感動を禁じ得ない

ファンは幸せだよ



























お茶の間ファンの嵐ライブ   

実家でのんびりしてたので、もうだいぶ過ぎちゃった
とりあえずは、雑感を…ライブそのものではなくね
ファンじゃなくて、一般人の感想かな

行ってきました、16日福岡
初めてのヤフオク!ドーム
初参加の家族とのライブ
初めてのアリーナB

今回に関しては、もうこのシテュエイションがすべてだった(笑)
前も横も通路ということで、とにかく彼らが近かった
表情も、そして、ムービングステージでのパフォーマンスも堪能しました
ずっと近くで見てきたファンの人からしたら、今さら何言ってんのってことかもしれないけど、
あんなに画面を通して、何百回彼らを見てたかわからないのに、近くで見ると、全く思いもしない感情が湧くんだなぁと…

当然ながら、まさにお茶の間ファンである家族は大興奮で、ほんと、楽しかったみたい
…彼らにこの場所のすごさがわかってるのかなぁ(笑)
ムービングステージの下に入ることがあるなんて、一生ないと思っていたよ
それぞれにお気に入りがいたのだけど、ライブ後に変わっていたという(!)
それぐらい、インパクトがあったのよ、近くで見ると
そう思うと、番協に行くと、かれらがどんな人かすごくわかるのかもね

とにかく松本さんが美しかった
これは、女性3人の一致した意見
他の人はもしかしたら、街を歩いていてもわからないことがあるかもしれないけど、彼だけは、もう絶対に他の人とは違う
あんな人っているんだねぇ…と

美しすぎて、もう近くで見ると、私は、この人が現実に自分の世界にいたら、とても好きとか思わないんじゃないかと思ったくらい

私、現実だったら、翔くんみたいな人、いいと思うかも(笑)

そして、ニノが実は、すごく優しい人なんじゃないかなぁって思った

相葉さんは、ちょっと痩せてた?

大野君は、今回もしっかり目が合いました(笑)
大ちゃんはいつも、みんなを見てくれる感じがする

…とまぁ、ライブの内容とは何の関係のない感想で何だかなぁって感じですが

でも、楽しかった~
家族がすごく楽しんでくれて、曲も予習してくれたけど、やっぱりシングルメドレー、喜んでたしね

…そうは思いながらも、ここまで3つのライブ、ずっと行けなかったと思うと、この席に、お茶の間ファンを連れて行くのは、やはり複雑だったわ
グッズ買いや、ファンライトのタッチや、あの人ごみを、理解してもらうことさえ、とても難しいのよ

でも、娘が(今回行けなかったのだけど)、ここまで2年間ずっと待ってたごほうびだねって言ってくれて、嬉しかった

そうそう、終わった後でパンフ読んだら、すごく良くて…
ライブの感想あげたら、それについてつぶやきたいな






























待ってるよ!    @Enjoy

私にしては、今までにないほどネガティブな記事…内容ではなく、書き方が…を書いて、それこそもやもやしていたところに、突然のEnjoy!

ボヤキですね。これは。

もう、この文字が嬉しくて、潤くんだ…って   

何?  なに?

って、かれのつぶやきを…ボヤキを聞いてる気分

通しのリハまでこぎつけて、ほっとしたのかな?

逆にちょっと、緊張してんのかな?

でも、聞いてほしかったんだよね~(笑) 、気にしてくれてる誰かにね!



それにしても、潤くんって、本当にいろいろなことが気になる人なんだね

ファンライトのこと、みんなが気にしてるの、黙ってられなかったんだね

優しいね、そして、本当に、なんでもしょい込んじゃう人なんだね…


とにかく、内容より、何より、

不定期に話しかけてくれた潤くんが、リアルに感じられて

嬉しかった

待ってるよ!

Enjoy!

少し、追記します    @15年目の…

先の記事で、私なりに、もう、いろいろ分析するみたいなことが無意味に思えたせいか、読み返すと、漠とした内容で、何だか、大野君がいてよかった…みたいになってて、ちょっとびっくりした


うーん、それはそうなんだけど、それはかなり逆説的な意味もあったんだよね、そこはまぁ、あまり書きたくないからかなぁ




私は結婚して随分たっているんだけど
価値観は多分似ているし、なにより、目指す方向性はあっているし、尊敬もできるし、私も子供も、とても意思を尊重してくれる
だけどね、趣味が一緒かというと全然あわない
アウトドアとインドア、スポーツとエンターテインメント、限りなく前向きとひたすら悲観的、風の星座生まれと土の星座生まれ、ほんとに、全然違うの

当然占いなんて、あっちが良ければこっちは良くない  それに関してだって、「だから、二人合わせれば、悪いばっかりの時がないからノープロブレム」 と、プラスにしか考えない

で、なんでこんなこと書いたかというと、生活してて、何に一番救われるかというと、自分と違う感覚、自分と違うとらえ方をしてくれる人が、近くにいることなんだよね

私は今回の告白を見て感じたのは、もちろん、大野君の年長らしい振る舞いの新鮮さ…あまりみられないよね、いつもは…それと

実は、今この時に、2006年からやめたかったことをテレビで話した大野君への違和感だった



辞めたかったという話は苦手だということを書いたけど、あれはほんとによくわからないの
これが潤くんが言ったとしても、わたしはいやだし、でも彼は言わないだろう

だって普通に考えてよ
ジュニアの時、みんなが夢見てるデビュー、(別に、それが大学入試でもなんでもいいよ)それがやっと叶ったと思ってる少年と、叶っていない少年、その2人の前で、夢見てたわけではないという少年が選ばれて同じグループになり、困った困った、やばいやばいといって後ろ向きで、デビューなんてしたくないんだっていってる

その時の2人の気持ちを考えたら、その時の話を笑い話みたいにできるかなぁ
この後ろ向きな2人、そしてもう一人がやめたら、こんなにも待ち望んでいたデビューが、グループがなくなるかもしれないと不安になったであろう、デビューしたい、夢いっぱいの少年の気持ち、まだ選ばれてない少年の気持ち…  私、この話が出るたびに、何でそこに思いが行かないんだろう、何で、選ばれた自分たちは被害者みたいに言うんだろうと思ってた
はっきり言うと、翔くんやニノらしくないと、思ってた
私は、以前これについてチラッと書いたけど →こちら
この話は、  彼らはそうだけど僕は(僕たちは)嬉しかった   という言葉と対になってないと、ダメだと思うの
私は小心者だから、ばちが当たるって思っちゃう

で、再びの、新たなやめたかった話

正直、残念だった

でもね、
その大野君の、今、この時にこれを言う、というおそらく翔くんや潤くんなら絶対に言わない、ある意味いろいろなことは気にならない性格
それと、あの時期にさえ、いや、あの時期だからこそ辞めたいという、大野君の気質…それは悪くないと思うんだよ、私は嫌いじゃない

それは他の誰とも異質だからこそ、もしかしたら、私にはわからないけど必要なんじゃないかなぁと感じたの

みんなの望んでるものを、手放したい、窮屈だと感じる人がいる、それも近くにいることが、彼らを救うことがあるかもしれないと、いや、救ってきたのかもしれないと

だからこそ、この5人は奇跡なのだと


でね、私が今回、いろんな事書く気になれなかった大きな要因は、大野君の言葉の後の潤くんがほとんど言葉を発さなかったこと

少なくとも、嬉しそうには見えなかった
知ってたのかもしれないし、知らなかったのかもしれない

そして、彼がどう思ったかとかそういうことは、もう、彼にしかわからないし、おそらくほとんどのことがそういうことなんだってすごく感じたんだよね

きっとあの5人のなかでも言わないであろうこと、わからないことを、いろいろ書くことが、ホント、無意味に思えるよ…



























奇跡の5人    @嵐 15年目の告白

フジの嵐の休日、そしてNHKのドキュメント…、知りたかった、見たかったものが目の前に出され、ただただ、その存在の前に圧倒され、正直、それに対して、というか、発信すること自体に、意味を感じなくなってるのが本音

彼らにしかわからないこと、彼らにさえ分からないこと、知らないこと、そういうことがあるんだろうなぁ、と

そして、とにかく命がけでやってるんだ、それはアイドルだからとか、そういうことでなく、同時代を必死で生きている若者と同じく、もがきながら、悩みながら、葛藤しながら…

感じたこと、書いていこうと思えば、いくらでも書けそうだけど、何だかそれがそぐわない気分

それぞれが、ファンならうなずくことばかりのエピソードで、紹介されていたね

何かさ、最近…最近じゃないらしいけど、とにかくもういちいちめんどくさい空気があったじゃない
実際、このドキュメントみても、別に、そのいろんなあれこれを解消できたとも、ま、しようともしてないと思ったけど

だけどそういうことすべてに対して、そして、ファンである私たちに対して、彼らが提示できるのは、

彼らの、今のこの姿と言葉以外にはないんだと

そういう意思を私は感じた

結局、どんな形であれ…ファンであれそうじゃない人であれ、嵐に心を動かされた一人一人の気持ちや行動が、嵐というムーブメントを動かしていく

都合のいいことばかりを選んで行けるわけではないんだよね、厳しいけどね



で、今回、あらためて感じたことがあって、それだけは書いておこうかな

これまでも感じていた通り、翔くんと潤くんがどちらかというと、前に進む行動の起点のようで、それは、見ていてもわかるし、性格もそうだけど、何ていうか、状況判断とか、常識とか、情報とか、人からのアドバイスとかそういうものに敏感で、意欲的で、上昇志向もあって、そういうことから、いろんなアイディアとか、考え方とかを提示していくタイプなんだと思う
説得力もあるしね、翔くんなんか特に

でもそういう判断って、実は大きな時代の波に流されてたり、あれっ?てときもたまにあるじゃない
すっごくその時は理屈では納得しても、実は、後から考えてみると、人の影響受けすぎてたり、まぁ、単にブームだったりね

大ちゃんは、本当にそういうところが人と全く違うんだと、あらためて感じて、それこそが本当に、この5人でよかったと思った
彼のシンプルな考え方が、いくつもの局面で嵐を支えたんだろうなぁと感じた
そして、彼は、私が感じていた以上に、大人なんだなぁと…

2006年頃からずっと葛藤していたという大ちゃん
嵐がブレイクしていくその局面で、そういう、自分の正直な気持ちに向き合って悩んでいたという事実が、彼らしいなと思わずにいられない

まわりの状況とか価値観とか、そういうことから自由でいられる彼がいるからこそ、ただの仲良しではない、お互いに異質だからこそ、かけがえのない存在なのだということをあらためて、目の当たりにした思いだった

そして、あぁ、嵐が大好きだと

これからも、私なりのやり方で、嵐を感じていきたいと思った








まぁ、その上で、私は、実はやめようと思っていた…という話が、苦手です
予告で散々流れていて、またあの話なのかと思っていたのと、実はそのことについて記事も書いてた
何で、最初はやめたかったという話を何度も持ち出すのか、そしてやめなくてよかったねえというのも、変な話だよねと思ってる
ただ、大ちゃんに関して言えば、彼の19になるという年齢を考えた時、そのもやもやというのは、高校生であった他のメンバーと比べて、嵐になることの重みは大きいものだったとは思うよね

実際には、全く知られていなかったまさに告白であったわけだけど

私は、やはり、あのときやめたかった話は苦手です
それはなぜかというと、やはりまだ、道の途中だから…

本当にやめないでよかったのかどうか、それはまだわからない
人生って何が起こるかわからないからね

でも、そういうことを素直に言っちゃう大ちゃんが、やっぱり、嵐には必要なんだなぁってものすごく思う


それにしても奇跡の5人だと、これまで何回もつぶやいたこのフレーズがかけめぐった夜だった

そして、書くつもりなかったけど、やっぱり潤くんの仕事っぷり、特に、ニノが立ち上がるまで(…あと30秒…)じっとニノを見て、よしっと手を叩いて走り出す姿に  しやがれ in Hawaiiのほんわかした、ゆったりとした潤くんとの対比に  惚れました


次の一手

覚悟してるよ(笑)      、



















惚れそうなんだけど~   @しやがれin Hawaii

とにかく、楽しみにしていたしやがれln Hawaii

まぁ、あまりにも、らしい、翔くんもツボでしたし、もちろん潤くんは最強でしたが、それを叫ぶ前に

相葉さんが男前すぎて!

いや、ふだんの相葉さんがルックスも、ちょっと兄貴な振る舞いも、かっこいいのは百も承知(古!)なのだけど、ホント、ナチュラルなかっこよさ、惚れちゃうね~

記念のハワイでボードを予約してプレゼントするという涙出ちゃいそうなくらいの素敵さ…ちゃんと、デザインをはずして決めすぎないという、それもまたいい感じだし(笑)、でなきゃ、潤くん、マジで惚れちゃうから!!
カメラマンに対する兄貴っぷりに、なぜだかきゅんきゅんするわ~

それに、ハワイの海を、時間を忘れて楽しむという、シンプルなチョイスが、男の子だよね

相葉雅紀の魅力って、いい人とかさ、優しいってとこもそりゃ素晴らしいけど、ちゃんと、普通に男っぽくて、しっかり自分の気持ちで動くっていうか、ちゃんとやるっていうか、うまく言えないけど、骨っぽくて、自然なとこだとあらためて思ったよ

潤くん、きっと大事にすると思う(笑) 

相葉さん、願わくば、翔くんを、もう一度、俺の千葉みたいな休日に誘ってあげて~ 


潤くんの休日は、別に挙げます、長くなるから(笑)      、




CDデビュー15周年おめでと~

お誕生日が2回あるみたいで、それまた嵐っぽい感じもしますが、15歳おめでとうはすでにつぶやいたので、思いはそこに…→こちら

15年前、娘が買ったA・RA・SHIが、私の大切な宝物になるとは、いったい誰が想像したでしょう(笑)

新規という言葉に淋しさを感じながらも、そういう思いもかけない巡りあわせの面白さも感じながら、これからも楽しませてもらうつもりだよ

THE DIGITARIAN、結構聴きこんできました

初見(?)で好き勝手言ったけど、デジタルからヒューマンまでという幅広さがわかってきたのと、やっぱり、ステージを意識したセレクトなんだなぁと感じてきたよ

まわりの思惑なんて気にせず好きなように進んでほしいなんてつぶやいてるけど、もちろんほんとにそう思ってるけど

またまた新しいチャレンジのファンライト(!)に振り回されそうだよ(笑)

15歳の嵐

攻めてほしいな!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。