arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

商売(!)なのか、稚拙なのか…

あいかわらず、嵐さんが大好きで、なんだかんだ言ってもレギュラーは楽しいし、潤くんは抜群にかっこいいし、ピカンチもなんとか見に行けそうだし  …それにしても、hardだった

もう、いろんな見落としや、いろんな何かを、やりすごすこともできるようになったし…単にずぼらなだけかな

そんな私でも、ここ数か月、いろんなアラシゴトに向かいながら、いろんなこと感じた

で、思うことは、多分嵐さんに対してではなく、J事務所に対してなのだとあらためて思って  やれやれ

以下は、ジャニオタ?と言われる人たちにとっては何を今さらという話

でも、これ、ホント普通の人には理解しにくい話で、ここでつぶやくしかないので…

以下たたみます

スポンサーサイト

言葉より大切なもの     @音楽の力

あぁ やっぱり松本潤はかっこいい

もう、今、これまでで最高なんじゃない?  ←いつも言ってるけど

音楽のちから見てて、もうもう、全然輝きが違う

これ、別に誰と比較して、とかじゃなくて、ただただ、素敵で、圧倒的な存在感で、ドキドキだった

ほんとに、それだけでいいんだよね、私

この人、やっぱり最高だ

絶対に期待を裏切らない

言葉よりも大切なものがここにあるんだよ、彼の姿に

そう思わせてくれる、潤くんの姿だった



で、いまさらだけど、感想

吹奏楽のみんなとの再会の時の潤くんの、ほわっとした髪型や表情や、あのカーディガン姿がまさにドツボで、何か、優しいお兄さんな潤くんの語り口に、なぜだかじんわりしちゃう
ちゃんとちゃんと、関係を築いてたんだなぁ  だからこその、あの指揮だったんだね

「迷ったら、止まってもいいし、自分のペースで前に少しずつでも進んで行って、進んで行ってる自分を好きになれたらいいんじゃないかな」

潤くんって、あの輝くばかりのスターの中にいても、特別に輝いて見える、遠い遠い人なのに
なのに、言葉を聞くと、心がとっても近く感じられる


福島のライブ、あの規模はまさしく夢のライブとしか言えないね(笑)    …
で、私としては、言葉よりも大切なものをしっかりと踊ってくれたのがすっごく嬉しかった
この曲はなんどもやってくれてるけど、踊ってくれただけで、新鮮で違う曲みたいに感じた(笑) 


ジャニーズシャッフル、もうさっき叫んだからいいんだけど、潤くんが、もう段違いに輝いていたのは言うまでもないけど、他の嵐さんもキラキラしてて、相葉さんがフリをちゃんと踊ってるとことか、大ちゃんの歌がすごく素敵で、なんか嬉しかった(笑)  
嵐って、いいグループだ(笑)

でも、全員でセンターのステージで揃えて踊るとか、昨年って、もうちょっとそんなシーンなかったかしら?
それがあったら、圧巻だったと思うけど
嵐のいるカウコンみたいだったね、楽しい

とにかく、松本潤が美しすぎたの一言に尽きる音楽の力だった

でももしかしたら、この日の一番は、相葉さんの、今日もかっこいいよ、翔くん、のあとの、おっきな口開けて大爆笑してる潤くんだったかもしれない(笑)

かわいいなぁ



   …それにしても、音楽の力って、こんなに嵐ファンが楽しめる番組だったっけ? 
   翔くん、お疲れ様!




   









   









2次抽選  @ワクワク学校

復活当選とか、二次抽選とか、自分に起こるとは思わなかったけど、よく考えてみれば、普通に当選することさえもはや夢のようなことに感じられるアラシゴト…何なんだろうね、これって
hawaiiでさえ、落選があるという現実…そして、スポンサープレゼントは存在するという(!)

で、最終回のワクワク学校、真正面の天井席だったけど、アングルとしてはとても見やすい位置でした
前日のaikoが、前から数列目で、それでも、下から見上げる三階席の人の顔もしっかり見えるN○Kホールとの違いは笑っちゃうほどでしたが

行けないと思ってたので、レポもチラチラ読んでたけど、潤くんのお弁当の印象が強かったのか(笑)、実はあんまり知らなかったことが多くて、確かに、昨年までより緩い感じだったし
お弁当も、正直、この思い付きいったい何なの?って思ってたけど、単純に、お弁当を食べると和むっていうくらいの意味なんだなぁって感じた
そういうことが、実際そこにいないとわかんなくて   そのことが留守番組には地味、に堪えるんだよね

今回は、友情が主題だったからか、コミュニケーションをとろうよってメッセージをすごく感じました

いろいろなことに対して、結構だらだらと意見を言い合ったり、やってくれたりして、そりゃ楽しかった

お隣の人と肩を組むってのが、結構頻繁にあって、お隣が12,3歳の男の子だったんだけど、そのたびに私を見てにこっと肩をすくめるのがおかしいやら可愛いやらで、娘とずっとウケてた(笑)…終わってからも、娘は可愛いを連発だった

翔くんのファンだって言ってたな、その横のお母さんも…初めて来たって言ってて嬉しそうだった
最後のほうで、何かいろんなことにすっごく一生懸命拍手してたのが印象的だった

ワクワクについては、やってくれるのは嬉しい
そして、その男の子みたいにすっごく嬉しそうにお弁当食べてたり、そんなの見てるの、すっごく楽しいし、ほっこりする
それもこれも、参加できたからわかること

GUTSの瞬間の盛り上がりはすごくて、娘も、ここを最高に待ち望んでたけど、めっちゃ短かった~って言ってた(笑)

その場にいられたから、ああこんななんだって言える
でも、これがもし、ライブビューイングでも、テレビ中継でも、楽しめるんじゃないかなぁ
全然知ることができないよりもずっとましだと思う
ワクワクは、すごく、映像向きだよね



aikoのライブ、実は、その日即興の歌が、aiko的にはうまく行かなかったみたいで…それでも、すっごくよかったんだよ!責任は、キーワードにあっただけだから(笑)…
aikoはそれを、おそらくずっと気にしていたのかな
最後の最後、すべてのメンバーがはけた後で、eriasiのサビをアカペラで歌ってくれたの

…みなさん、ごめんなさい…  て言ってね

aikoの思いのこもったその歌声が、本当に沁みた

彼女のプライドだと思った

ファンを、ここに、この時に来たファンを絶対に失望させないという

そして、aikoの音楽を好きになって、ファンになった人に対して絶対に後悔させないという




ワクワクの前に、ちょっとした女子会があって、法曹界で働く友人に、冗談っぽく、会費払っても何年も行けなくて、払ってない人は行けるって、これ、会員は訴えても負ける?って聞いたら、ニヤッと、まぁまぁ、そんなもんですよ、多分…負けるね…(笑)   
まぁ、aikoの規約には、会員優先の文字があったけど、ジャニーズにはない


だから、権利があるって言ってるんじゃないんだよ

aioでさえ、一人2枚

そうやっても、嵐のチケットは行きわたらないだろう
でも、その姿勢が感じられれば、全然違う

できれば、ファンクラブに入ってくれた人にできるだけ
アルバム聴いてくれてる人に、できるだけ
投票してくれた人にできるだけ
hawaiiまで行こうとしてくれた人にできるだけ 


それが、誠意ってものだと思うけどね

それが、プライドだと思うけど


































久しぶりに

スポンサーサイトが出る前には戻るつもりだったのだけれど
覗いてみたら、しっかり出てた(笑)

ふだん、田舎でおとなしくしてる私にしては、ちょっと多忙だった6月後半
アラシゴトもいろいろありましたが…

再演の海辺のカフカ、見てきました
初演も面白かったけど、今回、すごく楽しめました
多分、ナカタさんに、すごくなじんでたんじゃないかなぁ、私自身が…
初演の時は、あらゆるキャラクターが、自分のもっているイメージの上に降りてくるから、そこに無意識になんだろうけど、受け入れる作業みたいなのがあった気がするのだけど…うまく言えないけど…今回は、主要キャストがどう演じてくれるのかという楽しみと、単純に、この物語を追いかけていくことがホント、面白かった

私は、前回の長谷川博己さんが、すごく好きだったの
あの中性的な大島さんがほんとによくて…
初演の中で一番のお気に入りのキャストだった

fujikiさんはすごいイケメンで全然悪くないけど、長谷川さんの時の、なんというのか、あの温度の低い感じのする舞台装置、熱、とか色とかがない感じにすごくしっくり合ってる感じ、そしてちょっと妖しい感じが、私は好きだったなぁ

でも、キャスティング自体は、どちらも違う持ち味があって、要は好みなのでしょう
カフカのnino君が柳楽くんとすごく違っていて、その違いが面白かった
その相手と考えると、りえちゃんであり、田中さんなのだなぁ、逆はないなぁって思った
私は、りえちゃん、好きだなぁ
…と、芝居そのものの感想にはなってませんが


月末には、aikoのライブもあり、
そして、何と、ワクワクの2次抽選に当たるという(!)ラッキーもあり、久々に嵐さんに会うことができました

もう追いかけないでって言われたような気がするって書いて、実際ホント、そんな気分だったし、それなりにちょっとゆるい感じなのも悪くはないし、そんな中来た当選メール…こんなこと、あるんだねぇ、あきらめないほうがいいってことか

ブログ書いてないといろんなこと思ってたはずなのに忘れちゃうね
自分の覚書だから、ちょっとずつでもつぶやこう

というわけで、ワクワクの感想は、もう、ほとんど印象だけだけど、別にあげます















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。