arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

迎合せずただマイペース   @日経エンタテインメント

アラフェス2013の一番好きなパートは、翔くんのHIPなPOPだった
もちろん、最初の国立のDVDでも見てたし、大好きだったけど、私がこんな風に追いかけるようになってから初めて発せられたHIP POP BOOGIE そして、COOL &SOULだった

日経の記事を読んで、またこのパートを見た

翔くんらしい、でも、いつにもまして率直な想いのtextを思い出しながら、HIP POP BOOGIEを歌う翔くん、そしてCOOL &SOULを叫ぶ嵐をながめて、

やっぱり、この嵐を、嵐という大きなムーブメントを、私はずっと見ていきたいと思うのだ



翔くんの記事は、いつも注目してる。その時の嵐の定点観測みたいだと以前から感じていたし、平たくに言えば、理論的でわかりやすいから
いい記事だった

ここからはすごく独りよがりな書き方になります、ごめんなさい


翔くんにとって、嵐とは、語弊を恐れずに言えば、音楽でもなく、ダンスでもなく、芝居でもなく、MCでもなく、報道でもなく
(逆に言えば、それらすべてともいえるけど)
嵐 という活動、ビジネスなんだと思う

だから、その嵐という大きな枠の中での、音楽も、ダンスも、芝居も…すべてのパフォーマンスを、高いレベルで提供したいと思っている
そして、それを実現することで自ずとわきおこってくるムーブメントを目指してるんだと思う

ムーブメントを起こす存在に嵐がなること
ムーブメントの中心に嵐がいること

翔くんのめざすものはそこにあるんだと私は思う

もちろん、それがあるから、歌も芝居も、そのほかの仕事も大きくなっていくからどちらが目標という話ではないのは分かってる

相葉さんも、そうは見えないけど、スタンスは似てると思う
表現者としての欲求というより、みんなを喜ばせるための存在としての嵐を目指す、みたいなね
あとの3人も、もちろんそこはそうなのだけど、ただ、彼らは、おそらく嵐でなくても、表現者として生きていくべき人だと思うし、大野智、松本潤として、勝負してると思う
ニノは、嵐の二宮だと、仕事の依頼はそれを踏まえてくる、みたいなこと絶えず言ってるし、それ、すごくかっこいいんだけど、でも、二宮和也としてもっと貪欲に、演技の仕事をやっていいんじゃないかなぁって私は思うけどね
ちょっと、考え過ぎてないかなぁ、最近のニノ

話は、記事からそれちゃったけど

そしてだからこそ、当然、その個々の輝きが、嵐の魅力になり、翔くんの言う、異種格闘技戦のようになってるわけだしね


で、hawaiiのこと

でも、私は、ここのとこずっと、アラフェスのHip Pop Boogieの歌詞を眺めながら、翔くんの思いはもう、ここにすべてがあるんじゃないのかなって思ってたから、彼らが何かをやるってことに関しては、それでいいんじゃないって思う

目指すものがあり、そのために今何を為すべきかを考えている彼ら

翔くんは、誤解を恐れずに言えば、今やらなければならないと感じていることを、今、やりたいことを、理解されなくてもやりたいのだ


…と、アラフェス2013見ながら書いてきたけど、

まぁ、実際にはわからない

もしかしたら、ほんとは、もっと違ったかもしれない
当の本人たちが、なぜ?と思った決断もあったかもしれない
ファンが、どう感じるか、それがファンのわがままであっても、それを全く感じない彼らではないはず
潤くんが、メッセージのような、そうでないような(!)つぶやくを届けてくれるのも、やはりそこには思いはあるはず

それでもやると決めた

いろいろな選択肢があった中で

hawaiiに帰ることの意義は理解してもらえないかもしれないけれど、純粋に、原点であるhawaiiでコンサートをやりたい

これに決めたのだ




やるからには夢のその先につながればいいな


♪道なき道を歩いてく
 迎合せずただマイペース
 いま言える  いまならば言える
 まいてた種たち咲いてく

 こんな景色までみられるなんて  こんな、こんなとこ来てたなんて
 この大草原の先には何が待っているのだろう
 道がないなら創ればいい  その先たとえ果ててたとしても

 これが最初のタイトなパイオニア
 きっと笑うぜ最後には

 …





















スポンサーサイト

雑感

怒涛のアラシゴトだったこの2週間

ま、その前のhawaiiのニュースから、もう何が何やらって感じで、正直いろいろ思うところもあったし、いまもあるけど、もう、それをたどっても仕方ないくらい、いろんな事感じた

わくわく、ダメだったし…これでpopcornから4回落ちてるわ
hawaiiも、多分申し込めないなぁ…友達も迷ってるけど、無理言えないし、もう、申し込んでも当たる気もしない

…行きたいのかどうか、それももうよくわかんない(笑)

別に、落ち込んでたわけでもないし、でも、アラフェス2013が来て…実はちょっと遅かったの…楽しくて、でもすぐワクワク落ちて

正直、何だか、お願いだから、もう追いかけないでって言われてるような気分になった(笑)  何せ、4回落ちてるから!

だからしばらくあんまり嵐を見なかったかなぁ、いろいろあったけどね
正直ブログに向かわないって思うだけで、嵐のこと、単純に深く考えなくなるから、いいのかもって思った
ていうか、溜めてたドラマ見て…今期は結構見てるの…、中でもキョンキョンのドラマ見て、人生、生きてるだけでいろんなわくわくすることや、ささやかな幸せあるんだから、どんなに好きなことでも振り回され過ぎるのは、もったいないわ、私も若くないし(!)って思ったり

それに、アラフェスも行ってないし、hawaiiも申し込めそうもないし、ワクワクも行けないとなると、雑誌もそう買えなくなるのよ、そんなにMではないから(苦笑)

でも、大ちゃんのtextは興味深くて欲しいなって思った

そして、Enjoyが来て… これは、潤くんの願望なのか、何かのメッセージなのかわからないけど、私たちの望みを彼は感じてるってことは信じていいのかな

嬉しかったけど、正直、もう期待することに疲れたっていうか、いや、そんなに暗くないんだけど(笑)

で、今日、パブリックビューイングin上海のお知らせが…

これっていったい何?

日本ではやらないの(笑)?

上海の方のためのお知らせが、私たち日本のファンにも来てるの?それとも、外れた人は、上海でなら見れるから申し込んでくださいってことなの?

上海でやれるのなら、日本でもやれると思うので、そのうちお知らせ来るのでしょうか?



いろんな事にいちいち反応してると、何だか疑問符ばかりのつぶやきになってしまいそうで遠ざかってたけど

もちろん、アラフェスやら、CDやら、レギュラー番組やら、嬉しいこともいっぱいあったからそれはほんとは、時間があればこれからでもつぶやきたいなって思ってるけど


私が一番不思議なのは、

これだけいろんなイベントがあって、見たいものがあって、そして、これだけ、単純に見たいって人がいて

なのに、それをぜひ見てもらいたい!  って、思っているように感じられないところなの

たとえば、アラフェスのMCだってね、みんな例のサプライズ見たかったわけだよね
でも見せない(笑)

hawaiiのライブ、hawaiiに行けなくても見たい
…もし、国内ツアーに続くのなら、全貌を発表してくれれば、hawaiiはあきらめるけど、私はここで参加しようとか思えるよね
それもダメなら、パブリックビューイングがあるから、それで我慢する  とかね

ワクワクも、1回1回内容が違う
となると、全部行きたい人がいて、それができる人はなぜかいつもできて、行けない人は行けない
嵐さんは、親切なつもりなんだろうけど、よくわからない

あ~書き出すと、こうなるからいやなんだよね(笑)

アラフェスの投票数30万  わたし、これって結構強烈だった

ライブに行けないのがおかしいとか、そういうこともういうつもりはない
商売だからね   なんて言いたくないけど、さすがに最近は…

単純に、その、一生懸命見たがってる30万人全員に、嵐さんは、見てほしくないのかなぁって思うだけ

「つきそいかな?」っていわれるような人に見てもらって、好きになってもらいたいのもわかるけど

80万人動員するなら、その30万人をその中に入れること、どうにかなんないのかなぁ

別にいいのかなぁ   そうなのか…


嵐は、もう、切符が売れないという心配がないから、どうぞ来てくださいって、今朝の(昨日になっちゃったかな)新聞の歌舞伎役者のAさんみたいにいろんなことを考えなくてもいいってことか


私は、hawaiiだって、ワクワクだって、なんだって、やるってことには全然抵抗はないよ

ただ、不思議なだけ

それを見られる人を、必要以上に、ふるいにかけてる感じがね

そこに見たいものがあって、もう少しやり方を考えれば見られるかもしれないものがそこにあって(パブリックビューイングも含めてね)

見たい人がいて

なのに、ずっと見られない人がいる


見てもらってナンボのエンターテインメントじゃないのかなぁ






























  









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。