arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

働く2014年     @ENJOY

Enjoyってさ、別に、自分に向けてくれたメールじゃないことはわかってるのに、何か嬉しい

潤くんだって感じがすっごくする

ただただとりとめのない近況なんだろうけど、その時の仕事によって、トーンが違ってて、リアルな感じ

…なんて、いつもとおんなじこと書いちゃってるね、だって、いつもおなじように、嬉しいんだもん



潤くん

今年に入ったら、少しはゆっくりできるかと、私たちも、年末思ってたけど、そんなことはなくて(笑)
ショコ潤追っかけて、ドタバタしてるよ、こちらも

レギュラーも、新曲も、ドラマも、すっごく楽しんでる

働く2014年(!)か

潤くん見習って、私もお仕事、頑張ろう(笑)

もちろん、チェックしていくよ(*^_^*)





スポンサーサイト

失恋ショコラティエ#3  感想

いい感じじゃない? 失恋ショコラティエ

作品のカラーにすっかりなじんだからか、もう、ただ面白い!

ドラマとしてすっごく、テンポが良くて、うまく展開していくから、あっという間に1時間たっちゃう
原作のエピソードが、むしろ、よりドラマチックに映像化されてる感じで、うまいなぁって思う
最後の、サエコさんとのデートの駆け引きのいろいろ、すごくいい
さとみちゃん、ほんと、いいよ

物語としては、仕事はどーなってるの!  みたいなとこは、もう考えないで見るほうが正解なんだってことがわかって、すっごく入り込めるようになった

これってやっぱり、爽太の物語なんだなぁ

サエコさんに振り回されていく爽太みたいだけど、実は、爽太は自分の思いたいように思い、見たいように見て、進んで行ってるんだなぁ

自己完結してるのは、爽太なんだよね

それは、薫子さんが前回?に言ってた、

「だったら、いったい何がしたいの」  がすべてなんだけど

サエコさんのこと、本質を分かっててすごく好きだと言いながら、そして、色んな妄想したり、駆け引きしたりして、ずっとサエコさんのこと考えてるみたいだけど、現実のサエコさんの言葉、表情、存在と向き合っていない感じ

サエコさんをひたすら好きな自分、が、爽太が爽太として存在することの基本みたいになってるから…アイデンティティの一部ってことね… 自分でコントロールできる状態にしちゃってるっていうかね

いなくなったり、失われたりすると、自分を保てない存在であるとおもっているからこそ、現実として向きあうことをどこかで避けている
誰かの奥さんのサエコさんというポジションでいることさえ受け入れれば安定して、そこにいるんだもの

そして、それが、想いもかけず、駆け引き以前の段階で、サエコさんを振り回したり、失望させてることに気づかない

天然小悪魔は実は爽太なんだよね

でも、原作を読むと、ここは進展があるので、変わっていくはずなんだけど、そこがどう描かれるのか、興味深い

現実のサエコをどう受け入れていくのか、はたまた、サエコはもっとしたたかなのか…



ドラマの感想行きます

みんな、自然にいられる相手の前ではすっごく魅力的なのに、思う相手にはなかなかそこが伝わらない、っていう恋愛の、片想いの古典的なところが描かれてて、

爽太は、薫子さんの前では、自然だから、ショコラティエとしても洞察力のある男性としても、ちゃんと魅力的、えれなの前でも、そう。でもサエコさんの前では、なかなか見せられていないのかもしれない

サエコさんは、爽太の前では天才的な小悪魔だけど、旦那さんにはもしかしたら、それほど響いていないのかもしれない
もしかしたら、爽太にだって、伝わってないのかもしれない  ただ、この部分は、そんなに簡単じゃない感情だとおもうけど

薫子さんだって、潤くん本人なら、もしかするとサエコさんより、魅力的と思うかもしれない(笑) …関谷君はそれに気づくのかもしれないけど

えれなも爽太の前で、すっごくいい女、可愛い女なんだけど、倉科さんには伝わらない

これって、ホントに恋愛では、思い当たる光景だよね

特に、せつないのは薫子さんかな

つい、爽太に、なんでミエミエなのに、ひっかかっちゃうんだって言っちゃう薫子さんが、ミエミエだから可愛いんだって言い返されて

それは、爽太は、サエコさんに騙されてるわけでも、わかってないわけでもなく、ミエミエなことをやっちゃうサエコさんそのものが好きだってことだもんね

爽太は、サエコさんへの想いに翻弄されて、取り乱す姿を、薫子さんには見せることは平気なのよね、彼女の気持ちも知らずに…残酷だわ

そして、えれなちゃん、いいんじゃない?
あの2人のシーンすごく好き
希子ちゃん、すっごくいいよ のびやかな感じと、寂しげな感じ
日本人離れした感じが、何か出てる感じがする  それがなんなのかわかんないけど(笑)

とにかく、すっごく丁寧に作られていて、作品が、チョコみたいにキラキラしてて、そこのイメージがぶれてないのがいいと思う

ラキセの連ドラの時、毎回テイストが変わって、それがすっごくきつかった
今回は、一人一人のキャラ設定も、映像も、しっかり確立されて楽しい

そして、潤くん、多分、爽太と考え方なんかは全然違う気がするけど  …サエコの立ち位置、苦手だろうし、えれなちゃんとの関係も、どうかなって思うし

でも、この役、すっごく合ってると思うよ

あこがれの存在に対して、おれなんか、全然だめだって思い込んで自己完結するところとか、だから、相手を翻弄しちゃう天然小悪魔な感じ、潤くんっぽいなぁって思うけど(笑)

というわけで、ずっと、リピってるワタシ
だって、ビジュアルでも、演技でも裏切られない潤くんがそこにいるんだもの

…幸せすぎる(笑)































MV   @bittersweet

私は、この曲が大好きで、夜、HEY×3のメドレーを見てから寝てる、実は

もう、この歌については書いたけど、ほんとに、胸がキュンっとして、可愛くて、疾走感もあって、嵐にぴったりで、曲そのものが大好きなの

MV、もちろん、踊ってないのは予想通り

でも、この曲想とあのMV、あってるかなぁ

正直私は残念だった

踊ってないとしても、もう少しおしゃれで可愛くて、躍動感のある明るい映像をイメージしていた
曲が、ドラマの映像にもあってるから余計に違和感があったのかもしれない
まぁ、季節柄、そしてチョコレートのイメージだったのかなぁ、ブラウンで、憂いのある表情だったね  これ自体は、別に全然悪くはないのだけど

MVって、大切だと私は思う
そして、嵐さんが、ほかのどの芸能人より忙しくて、注目度もハンパなく高くて、手を絶対にぬかないってこともわかってる

この前のHEY×3を見て、あれ、これいいなって思った原作ファン、今、ドラマにハマってる人が…職場にも結構いるのよ、これが… 可愛い振付で、素敵に踊ってるMVを目にしたら、もっとときめくよね

callingの時に書いたから、もう繰り返さないけど、振付のある楽曲なら、うまく、MVにそれを残せるようにしてほしいな

嵐って、私みたいなファンがいると、そのまわりの人がちょっと気にし出してくれて、そうすると、さすがに、目にすることも多いらしくて、そうすると、結構いい印象を持ってくれるの
そこはやっぱり嵐さん、裏切らない

でもね、いつも言われるのが

AKBはそんなにファンじゃないのに踊りや歌がすぐ思い浮かぶけど、嵐は結構好きなのに、歌は全然わからないの、ごめんね

歌ってるの見たいんだけど、どの番組の時みればいいの?


多分、とおりすがりの人を気にしなくても、ファンでさえMVつきのCD買えないのだから、いいのかもしれないけど、やっぱり私は、大事だと思うんだ


とにかくすっごく素敵な、おしゃれで、せつないラブコメで、曲もすっごく合ってて、すっごく可愛いダンスもあるんだから、それがいろんな人の目に触れてほしいな


と、こんなに嬉しい月曜日なのに、ごめんなさい

さとみちゃんが、いいともに出てたけど、やっぱり普段のさとみちゃんがかわいいね(笑)
自分が思ってる以上に、ぶりっ子させられてるみたいだけど、これ、男の人の演出だと、さじ加減難しいんじゃないかと、ふと思いました



帰り際、職場の女の子に

「今夜、ドラマですね、楽しみ~」って声かけられちゃった

娘も、すっごく楽しみにしてるみたい


いろいろ言っても、潤くんのドラマのある月曜日って、そしてそれが、すっごく素敵だなんて

なんて幸せなんだろう!












  










輝き     @ジュエリーベストドレッサー賞

ほんとはこの話題を真っ先に書こうと思ってたんだけど、何か、想いが強すぎてうまく書きだせなかった(笑)


松本潤は美しい


ほんとに、言葉を忘れるくらい美しい


短いWSの映像を見ただけなんだけど、アクセサリーをつけてもらってるときの表情、並んだ時のたたずまい、それは、単に容姿が整っているというだけではない輝きが感じられる

それはもちろん、内面の充実とか、素晴らしさとかそういうものが表れるということでもあるのだけど、それは、今活躍している方々には当然あるもの

だけど、あの表彰式の潤くんは、それに加えて、ジュエリーが最高に似合う男性、松本潤を、きっちり魅せていた

ちゃんと、自己プロデュースされていて

美しくて、気高くて、上品で、華のある

最高の松本潤   をきちんと見せていた

そういうところ、私はすごいなぁ、裏切られないなぁっていつも思う


その上での、あのトーク(!)

まぁ、それも潤くんらしいといえばらしいけど(笑)、ちょっと悩んでた間もあったWSもあったよね
似合わないじゃなくて、普段つけてないから、イメージできないってことね

私は、次に似合うのは、ダントツで大野君だと、個人的にはおもってます←聞いてない


ただ、そんなパブリックイメージも含めて、松本潤にこの賞を  というジュエリー関係者の思いはすごくわかるし、成功したのではないかしら


だって、あの松本潤が身に着けるジュエリー、興味をひかないわけないもの!


潤くん、ジュエリーベストドレッサー賞、おめでとう!















待ってたよ、ニノ!

朝目覚めたら、何やら嬉しいニュース

ニノの連続ドラマが決まったようですね!

甲子園を目指す?監督である高校教師役だそうで

また、新しいニノに出会えそうですね

彼自身野球好きだし、結構頭脳派な教師像みたいなので(違っていたらごめんなさい)、楽しみです


少し前に、ニノに演技の仕事してほしいなぁって思ったこと書いたけど、もちろん、プラチナデータもあったし、どれもが素晴らしい

ニノと潤くんには、やっぱりアイドルだからの演技仕事でない部分を一層期待しちゃうんだよね

特に、変わりたくない かのように見えるニノには、いろんなジャンルにどんどん挑戦して、どんどん進化してほしい

めちゃくちゃせつないラブストーリーだって、私は見たい

変わりたくないからか、あえて鍛えてないニノだけど、きっと、絞ってきてくれるでしょう(笑)


楽しみ!





集中力が足りない潤くん(笑)       @しやがれ

先週に引き続き、潤くんが可愛すぎる(笑)

あの、スケートをしてる潤くん、なんであんなに可愛くて面白いの?

まぁビジュアルは完璧で、でも、それを壊したくないためにヘルメットをかぶらないのか、でも、それ、珍しいよね

どちらかというと、そういうこと、守りたいタイプだと思うんだけど…慎重だし、不器用(!)だから

でも、終始、自由な末っ子全開で

手を前に出して滑る潤くんが、ただもう、可愛くておかしくて

…ただそれだけの感想(笑)

これが、あのジュエリーつけていた方と同じ人なんだろうか…


相変わらず、なにをやっても、コツをつかむのが一番うまい大野さん、さすが

そして、相変わらずの潤くんだったわけで


末っ子を見て、笑ってる兄'ズを見てほのぼのできるしやがれ、それだけで満足


…けど、番宣あったのにちょっとびっくりしちゃった
怪物君がらみかしら?

何だか、以前の嵐ちゃんと似てきた感もあるけど

いい方向にいってほしいなぁ











happy birthday

翔くん、お誕生日、おめでとう

今日は、なんでだかまったりと、年末録画してた木更津キャッツアイ、見てた

あの翔くん、好きだなぁ、やっぱり


少クラで流れた、sugar&salt かっこよかった
私、あの曲、お気に入りなの

翔くんは、やっぱりかっこいい


翔くんは嵐の支柱だと思う

潤くんだけでなく(!)みんな、翔くんを頼りにしてるはず


これからも、前へ、前へ、進んでいくあなたに期待してます




いろいろ言っても…  シアワセ!  @失恋ショコラティエ

それにしても、潤くんファンにとってのこのドラマは、ご褒美としか思えないのは確か…(笑)

結局ひとりで、ゆっくりできる時間があると、ずっと見ちゃう(*^_^*)   で、今も見てる(!)

作品として、なんて思って無意識に緊張して、ちょっと構えて見る初見は何だかいろいろ思って、それはそれで私の率直な想いなんだけど

でも、このドラマ、映像や展開や音楽が、何回も言うけどすっごく良くて、面白くて、部屋で流れてるだけで、ちょっと楽しい

そして、ファンだから仕方ないけど、潤くんのいろんな魅力が溢れてて  …飽きない、ホントに

コミカルな演技、シリアスな表情、せつない爽太、セクシーな爽太、すっごく素敵な声、綺麗で刺激的なラブシーン

そして、ただ立ってるだけで、完璧なビジュアル

このドラマ、たった1時間で、ホントにいろいろな潤くんが、切ないラブストーリーを通して、素敵な音楽とともに堪能できるんだよね

これって、やっぱり、嬉しい   最高!

そして、贔屓目かもしれないけど、でも、でも

演技、すごくうまいと思う



世の大人の方々、ちゃんと、役者松本潤を見て~って 思っちゃう私です














失恋ショコラティエ#2 感想

えーっと、3回観ました

どういうわけかリアルタイムで観たときと、そのあと、感じ方が違ってるかなぁ
理由はわからないけど、数回見た後のほうが、しっくりきました

私は、1回原作を読んだし、初回、すっごく楽しめたの
多分、原作のイメージの私にとってのいいところを合わせて観てるところがあるのかなぁ

このドラマ、個人的には大好きです!…って誰も聞いてないけど  その上での感想

リアタイで観たときに感じたのは、主題が恋愛ってことが、結構大変だってこと(苦笑)
原作って、そんなにだったかなぁ?

ていうか、マンガは100%そうでもOKだけど、にもかかわらず原作では、割合、ショコラティエとしての爽太のクールさが、その冷静さがうまく感じられて
だからこそ、オリヴィエの、「爽太のサエコさんへの想いでこの店ができたのならそれは価値がある」という言葉が、すごく効いてるんだよね

まだ書けてないし書けるかもわからないけど、潤くんと原作者との対談がすごく興味深かったんだけど
「爽太にとってサエコさんが好きっていう気持ちはアイデンティティの一部だと思う」
ということばが、結構核心じゃないかなぁって思って…
アラシストにとっての嵐みたいなもので、でも、それとは別の生活や仕事上の野心みたいなものは、別の次元で発展していくわけだから、そこが感じられないと、ちょっと疲れるよね

まぁ、それは、描かれてはいるか…

サエコさんのキャラは、あれほど確信的な小悪魔と私は思ってなかったし、爽太もそんなに駆け引きに明け暮れてる感じじゃないと思ってたのだけど
ちょっとかわいいツンデレ演じたい爽太と、天然ぶりっこサエコさんくらいでいい気がするし、そんな感じじゃなかったかな前回

オリヴィエと、えれなちゃんが、やっぱり、ちょっと若い気がする
えれなちゃんは、爽太と対等な感じが欲しいんだよね
でなきゃ、あの関係はなかなか理解できないでしょ
ちょっとダメな爽太と母性さえかんじさせるえれなっていうようなね、ちょっと、爽太がお兄さん感ありすぎないかなぁ

でも、何回か見たら、希子ちゃん、色気がないっていうか、ちょっとボーイッシュな感じがいいのかも
で、加藤シゲアキ君がいい

そして、水川さんが最高に面白い



潤くんはさすがだ
えれなとのシーンがせつなくて良くって、ラブシーンが、本当に上手くて、綺麗で


多分、あの爽太がとても魅力的で、リアリティがあるから、サエコさんとの駆け引きをする爽太の思考が、過剰な感じがしたのかなぁ

だって、サエコさんとの妄想シーンの爽太は、爽太ではないけど、えれなといるときの爽太は爽太なわけで…違うのかな(笑)
あの爽太は、恋愛のことばっか考えないでしょ、オトナだから  ←だから、マンガなんだってば!
ずっと恋愛のこと考えてる主人公をやるのは、潤くんは、結構大変かもって、今回は思いました



正直、大人の恋愛をする、大人の松本潤の演技を見たいと思ったわけです


でも、数回観てて、すごく面白いし、潤くんはすごくいいし、サエコさんのバックグラウンドがうまく生かされれば深みも増すはず

テンポや、映像や、音楽がとっても好きなので、期待してます


とにかく、こんな楽しみな月曜日が待ってるって、最高でしょ!





























潤くんが可愛すぎる @嵐にしやがれ

ニノの竹内さんほど頻繁に言及してるではないけれど、松さんといえば、潤くんの好きな女優さんってわけで

そりゃ、楽しみにしてました

まぁ、いろんな意味で、潤くんの好きなものをいっぱい持ってる人だよね

女優さんっていう点から見ても、お芝居も上手だし、私は歌も好きだし、野田さんの舞台で、りえちゃんと共演したのを見たことあるけど、かっこいいし、上品で、かつ、べたっとしてないところが潤くんが好きって言いたいタイプ
以前からトークの松さんも、かまえてなくていいなぁって思ってた

で、とにかく潤くんが、可愛くて、めんどくさくて(笑)

前半の、やり合う松本潤の時も、テンション高かったけど

…そういうとこ、あるね、オレ…  これはね、やっぱり生まれたときから多くの他人に愛されて愛されてきた人ならではのエピソードだなぁって思う

後半のお茶のとこ

まぁ、はじめっからメンドクサイ  …で、可愛い

「よ~、しゃべるな~」  by翔
2014、この翔潤、多い(!)
そして、見てる兄'ズが相変わらずで癒される

めちゃくちゃ尽くそうとして、動き回って、一番自分が楽しんで、結果汗だくになって、疲れちゃって、ちょっと、反省して落ち込む潤くん、可愛くて、可笑しくて、愛しすぎる!

あのお茶、美味しかったのか?(笑)  そこが、潤くんっぽいんだよね~

そして、お越しをお待ちしています を受けての

「来てくれるかなぁ」   天使!!



あれ見てると、まだまだ尖ってた時の潤くんがキミぺにキャスティングされたのって、すごいね
あの潤くん、よかったはずだよ、まんまだもん


潤くんって、憧れや尊敬できる人といるときが、一番自然で、生き生きできる感じがする、今の時点ではね

翔くんの前では、テンションはあんなに高くないだろうけど、ベースではそうなんじゃないかな
翔くんは、松さんを前にした潤くん、面白かったかもね


それにしても、翔くんの中学時代の潤くんネタ、最近多いね
…翔くんも、潤くんのこと、可愛いってことだよね ←言いたいだけ


それにしても、癒された

潤くん、あなたは、最高だよ(笑)





















オレはあなたとつきあいたかったけど…

これ、ホントに面白かった

これが面白いのって、ファンだけ?最初の女性だったらだれとつきあいたいか、つきあいたくないか…

いきなり、トップギアって感じで、何度見ても面白い(気持ち悪い)

もう、最初の、

「オレはあなたと付き合いたかったけどね」by翔  が絶妙で…!

すごくうまい  
「多分僕といると疲れます」  あぁ言う翔さん、好きだわ~

そして、リーダーだよね(笑)
あの、すごく一生懸命に考えてる(!)という体(てい)が、さすがだわ
好きって言ってほしいっていう大ちゃん、可愛い

潤くんから、つきあいたくないって言われて、

小っちゃい声で、「好きだよとか、言うよ~」

「ちゃんと、洗濯もしてるよ、それでも、ダメなの?」

あの、設定をはずさない大ちゃん、ホント、面白い

あの話題、下手すると、微妙な感じや、妙にバランス考えて面白くなかったりしそうだけど、好きなところはもちろん、ゴメンナサイのところが、意外と、本人のキャラや、むしろ魅力につながってたりして…ヘンに、気を使ってる風でもなく…うまいなぁと思った
潤くんみたいなの、本音では苦手なのかと思いつつ、恋愛するならっていう観点で、潤くんの可愛さをわかってる相葉さん、大人になったのかなぁ(笑)
ニノが気を使いすぎる感じもして、そこがにのあい感増してる感じしたけど

そのほかも、ちょいちょい、男なら当然ネタみたいなのを、ちゃんと押さえつつ、楽しかった
潤くんの性欲ハンパないネタ、あれがあるって、ラッキーだなぁとあらためて思ったよ

ダウンタウンさんと、嵐の会話、もちろん、ゲストではあるけれど、翔さんのリアクション…ちょっとした相槌や言葉や表情…や、まとめや、潤くんの話の振り方…ダウンタウンさんへのね、
相葉さんや、大ちゃんのいじられ方の、なんというかぶれない感じ?
あぁいうなんともいえない、関ジャニみたいな、芸人さんみたいに達者というのでもない、楽しさ、面白さ、うまさがやっぱりあの5人にはあって、間違いなくこれも魅力の一つだなぁってあらためて思った

それにしても、ニノの潤くん細かいエピソードネタ、あれ、芸人の持ちネタくらい、わかってても面白いね

だけど、漠然と最近思うのは、ニノに、演技の仕事、してほしいなぁってこと
潤くんが番宣で、一番変わらないのニノって答えてたけど、何か、ホントに、誰も何も言わなくなる存在になる前に、いろんなことして欲しいって単純に思う
ま、私が思うくらいのこと、余計なお世話だけど…
でも、最近、トークの時になぜかそう思うんだよね
…ちょっとそれましたが…



トークとライブステージでたっぷりのHEY×3、そこからの、ショコラティエ、贅沢!


























Bittersweet

ドラマもよかったけど、番宣も面白くて、だけど、やっぱり新曲Bittersweetのこと

これ、いいね♪

軽くて、popで、キュンってくる感じがあって、こういう、甘くて可愛い感じって、嵐に合ってると思う
好きだな~、この曲

意外とジャニーズでもあんまりない感じがするんだよね、実は…

どのグループも、わりとキラキラのおしゃれだったり、ワイルドだったりして、こういう、普通にあったかくて優しくて可愛くて品が良くって、でも、ドキドキ感もあるって、嵐ならではって感じする

振付もすっごく可愛い

結構フクザツなフォーメーションだったね、計算されてた感じする

私は、大ちゃんの振付は、壮大な曲よりこういうチャーミングなpopな感じに合うと思う、細かいニュアンスが生きるようなね

最後のキメポーズなんて、THE アイドルだった(笑)

潤くんがすっごくかっこいいのはそりゃ当然だけど(笑)、相葉さん、髪も黒くなって…映画?…すっごくいい

洋服も、なに着たって似合うわ

アイドル相葉雅紀を感じたよ


番宣と、ドラマのことでいっぱいで、実はこのステージをいつもほど意識せず見始めたんだけど、このメドレー、すごく良かった

このハッピーなラブソングメドレー、やっぱり嵐の王道な感じ
演出もちょっとされてて、楽しかった

それにしても、潤くんの、誰よりも君を♪  最強でしょ(笑)


今年は最初っから、何だかワクワクする

ありがと、嵐さん♡















おかしくて、エロくて、せつない…   @失恋ショコラティエ  

これ、すごくいいんじゃない?

朝から、めっちゃかっこいい潤くんと、思いのほか内容も興味深い番宣を堪能し、期待高まる中始まった失恋ショコラティエ

何だかすべてがいい

話のテンポも、キャスティングも、映像も、ほぼ原作通りの内容だったけどシナリオも、演出も、バランス取れてると思う

潤くん、マンガ原作はあってるね
マンガのキャラクターに負けないくらいキラキラする人もそういない(笑)

コメディなところと、切ない部分との落差と
ピュアなところと、エロいところが、ほんとに上質に演じられてて

ビジュアルも最高だし


あの原作、これ以上にやれる人はいない


すっごくおかしくて、すっごく笑っちゃうんだけど、潤くん本人でさえ理解できないといっている爽太の信じられないくらいのサエコへの想いが、潤くんの演技からから伝わってきて、せつなくなる

まっとうな意見をいう、あさみちゃんや、淳平くんも、すごく丁寧に演じられていて説得力あるのに、どこかよくわからなくもない爽太の想いが、潤くんの演技でそれを超えてくる

潤くん、うまい

これ、ほんとに、合ってる、潤くんに


さとみちゃんもいい
彼女も、求められてるものちゃんとわかってる人

映像が、安っぽくなくて、暗転するところや、モノローグの部分がすごくいいと思う、私は好き

…なんて、上からな感じでつぶやいてごめんなさい


娘も、絶賛!
まわりの、ちょっとオタクな友達(!)の反響もいいって教えてくれた

ニノ担の同僚も、潤くんがすごくいいって、仕事中にささやいてくれた



わかってたんだ

ちゃんと、世界観があるものなら、それが潤くんが個人的に共感できるかなんてことには関係なく


最高のものを見せてくれるってことは…


だって、松本潤なんだもの




来週が待ちきれないよ~






















大人げない嵐(笑)     @VS失恋ショコラティエチーム

楽しみにしてたVS嵐、色んな意味で興味深かった

メンバーのドラマチームの時は、やっぱり力入ってて、盛り上げようとするのはいつものこと

特に、翔さん、何か必死だった?(笑)

それにしても、潤くんらしいなぁって、私には、ある意味面白かった

全体的に、若いメンバー…最初にキャスト聞いた時にも思ったけど…実際並んでると、潤くん、年上に感じたね、でもそのことがあんなにふるまいに影響するとは思わなかった

潤くんは、憧れてるとか、リスペクトしてるとか、そういう年上、いや、年齢は関係ないと思うけど、そういう人がいてくれないと、ちょっとうまく自分がだせないのかな…というか、居心地あんまりよくないのかなぁ

それは、前から思ってたけど

今回も、水川あさみちゃん…ムリか…や、佐藤隆太さんがいてくれたら、全然違った気がする

いろんなこと、うまくまわせなくて、普通に困ったり、残念がったり、元気なくなったりしてて、私はそれが潤くんらしくて面白かったけど、相手方の、翔くんが、もう、保護者のように、叱ったり、鼓舞したり、潤くん、それにうなずくだけだもんね(笑)

キッキングスナイパーの、「甘やかさないで!」by翔  
…もう、ショコラティエチームに、潤くんを救える人はもはやいない感じだよね(笑)、翔さんはやっぱり、頼れるお兄ちゃんだよ

でも、いつもは嵐で甘やかされてるのが、よ~くわかった(笑)

責任感じてたのかなぁ、何か、嵐に入りたいみたいで、自分のいない嵐が強いのが、ホントにショックなんじゃないかと思っちゃいそうだった  いくらなんでも、そんな子供ではないだろうけど(笑)

だんだん分が悪くなっていって、ローリングコインタワーの時の

「ほんと強いね」  なんて、素だよね

コロコロバイキングも、めっちゃ緊張した、なんてあんな表情で言われたら、兄'ズたち、もう、どうしたら潤くんのメンツ、つぶさずに終われるか、すごくかんがえたよね(笑)  ←妄想入ってる

田中さんと翔くんのやりとりが、何とか接戦をねらうための前ふりにしか私には見えないのだけど、今回に限って、何だかうまくいってしまい、結局潤くんのない嵐チームのいいとこを見せる結果になるという(!)

潤くんがだんだん元気がなくなっていく感じが、可愛いやら、切ないやら…

「今日に限って、ほんとにえげつなかった」

翔くんのこれ、本音だよね

さとみちゃんの

「うちにも嵐いるのにね」…にうまく返せない潤くんがいとおしいよ~

一瞬だけど溝端くんだって、それはないよって顔してたよね、男の子のほうが優しいね

ま、さとみちゃんは今、小悪魔期に入ってるから、これもすでに番宣になってるのかな?


潤くんが、ややテンションが低めなのが、疲れや体調のせいじゃないといいな

私の妄想の中では、何となく翔潤な、VS嵐でした!


それにしても、あのぶかぶかのニノのシャツ、あれ、おしゃれなの?

そして、最後にプラチナデータはないでしょ~ 











幸せな大晦日   @2013紅白歌合戦

先のエントリーにも書いたけど、紅白歌合戦、面白かった  ほんと、楽しかった

オープニングから、いつもとは違っていて、嵐が等身大でそこにいるって感じがして、今までとは明らかに違う司会になる予感がした
そして、あまちゃんが軸になるんだなぁって感じで始まったけど、そしてそのとおりだったんだけど

いやぁ、綾瀬はるかちゃんが、予想以上で(笑)!

ちょっと、油断してたのかなぁ
それとも、独唱のプレッシャーが、ほかのことを後回しにするほどかかってたのかなぁ
大河の主役を務めた彼女だから、舞台だと思って挑めば、少なくとも、曲名と名前をそらんじることなどできるはず
能年玲奈ちゃんは、普段は全くしゃべれないような天然ちゃんのようだけど、ちゃんとなりきって演じてた
はるかちゃんは、緊張もしてただろうけど、ちょっとのんびりしてたのかも…

でも、そんなあれこれが、いつもの、ちゃんと言えてほっと安心みたいな、予定調和的な紅白とは違う、リアルなかんじがして、クドカンのテイストとも合わさって、何か、ワクワクしたのは確かなんだよね

花は咲く

はるかちゃんの歌声、すばらしかった


嵐の司会もすごく自然で…そりゃ、はるかちゃんのカミカミが、みんなに伝染した感はあるけど…紅白ってこんな風に司会していいんだって思ったし、はるかちゃんをちゃんと助けてたし
それにしても、aikoの「モモ…」が可笑しくて(笑) 
CDTVで、aikoが「モモ、ラブレター」って言ったとき、娘と大爆笑だった…aiko優しい

中居君の司会、すごく上手だと思ってるけど、今回、あぁ、嵐の司会、楽しいって素直に思った
慣れてきて、自然さが出てくると、強いわ


そして、潤くんが楽しみにしてたに違いないあまちゃん!

クドカンの芸の細かさがホント面白かった
キョンキョンは出るのか、鈴鹿ひろ美は出るのか、っていうドキドキ、あれは確かに、今回の紅白の山場だったんじゃない?

ドラマの時と同じように鈴鹿ひろ美の歌で、ジーンときちゃったよ


そして嵐さんのパフォーマンス
潤くんが、まさかのオールバックで出てくるという(!)
あのレーザーの演出は、会場では映えるのかなぁ
テレビだと、何となく紗がかかった感じがして、リアリティに欠ける気がしたのだけど
あと、狭い台の上でのダンスが、効果としてはどうだったのかなぁと思わなくもなかったけど
フォーメーション、変化つけるの難しそうだったよね、奥行きがない分

でも、今回、とても、親近感のある司会進行や、プログラムだったので、むしろ、こういう作りこんだ感じがメリハリがあっていいのかもしれないとも思いました  決めるときは決める的な、ね

その点では、申し分なく素敵だった


ジャニーズのパフォーマンスとしては、SMAPさん、良かったなぁ
Joyが好きなんだ(笑)

北島さんの紅白引退に、優子ちゃんがかぶせてきたのがちょっと残念だったけど、その辺の大人の事情はわからないので…

昨年も書いたかもしれないけど、今回は特に、すっごくおもしろい紅白だったってことがすごく良かったと思う
司会として携わった番組がだれだけ面白いものであったかってこと以外、大切なことってない気がする

その上で、翔くんの安定感と責任を全うしようとする姿勢と、華、抜群だったと思います

うまく言えないけど、国民的アイドルの嵐だからではなく、嵐の司会って、本当に良いなって思ったし、見ていた人がそう感じてくれたらいいなって思った


それにしても、ファンは幸せだとしみじみ感じた大みそかだった

お疲れ様!



































今年もよろしく         @Enjoy

年が明けてから書くのも、全く情けないのだけど、潤くんのさりげない優しさと、潤くんの飾り気のない言葉が、いつにも増して嬉しかった、2013年最後のEnjoy

潤君らしく、ちょっと、長めの振り返りと近況とこれからのことへの想い

あぁ、潤くんだなぁって思えるだけで、近く感じられる単純な私

参加できなかった人に、ひとこと触れてくれるだけで、居場所があるって感じがする、私みたいないじけたファン(!)の存在もちゃんと気にしてくれてるんだね

ニュースに疎かった私が、年末、何やらいろいろな思惑が入り乱れてることを知って、ちょっと心配になってたアラフェスDVDも、あると思っていいのかな?待ち遠しいよ

…雑誌もよく読み切れてないし、番組も見きれてないけど、嵐は、多分スタッフも含めて、ネットでの話題や、ファンの行動、結構、知ってるような気がする
自分でいちいちチェックしてるわけではないだろうけど、情報としてはカバーされてるんだろうなって、感じる

大変な時代だね~…


潤くん

嵐のおかげで、新年から、こんなにこんなに楽しいよ

ありがとう

今年は、ライブで会いたいな



























今年も…

明けましておめでとうございます

…というのも気恥ずかしい、もう5日ですが、やっと家の中も落ち着いたので、戻ってきました

なんやかんやと慌ただしい中でも、嵐さんに癒された年末年始でした

嵐さんからの年賀状、可笑しいけど、ホント、涙出そうになるくらいに嬉しくて、息子にあきれられたけど(苦笑)

私たち嵐ファンは、何て幸せなんだろうと思わずにはいられないお正月休みだった


それにしても、面白い紅白だったね!

嵐の司会云々を別にしても、あんなに面白い紅白、初めてだったかも(笑)

番組、紅白以外は、完全に見てるとは言えないので、今印象に残ってるのは、

コタツde、潤くんの茶色のTシャツ!かなぁ

「翔くん」っていう潤くんが無条件にツボだった(笑)

あと、今年は、相葉さん来てるなぁって感じ

しやがれの相葉さん、娘がリピして「相葉ちゃん、いいひと~」と、大絶賛
ババ抜きも最弱だったし、映画も決まったし

こうやって、メンバーに波が来るっていいよね…私が勝手に思ってるだけかな


というわけで、今年も、嵐さんをマイペースで追いかけていきたいと思ってます
実は、12月、録画うまくできなくて結構へこんでた
自分なりに、アラシゴト、うまくつきあいたいな

年末年始のあれこれもひっそりつぶやくつもりです



とはいえ、もう、月9もすぐ

幸せな3か月が始まるね













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。