arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

24時間テレビ雑感      

実をいうと、完全には見きれてない、多分

でも、感想をざっくり書いておこう

そういう人、多いと思うけど、24時間テレビ、苦手だった…今でもそうかもしれない

病気の人、障害を持つ人、正直、他人事ではないと思ってるから、心揺さぶられないはずがない

だけど、ファンにしてみれば、24時間嵐を感じられるやっぱり嬉しいイベントなんだよね


そんなちょっともやもやっとした気分で迎えた24時間テレビ
今年は、とてもよかったと思いました
24時間テレビ本来の見方からも、そして、嵐ファンとしても…

昨年に引き続き、いろいろなチャレンジや取材があったけど、翔くんの言うとおり、
「人間の魅力の深さを知る」ことができたなぁと思います

人として本当に魅力溢れる人ばかりで、たくさん刺激をもらいました
私って駄目だなぁって、ちゃんとやろうって思った
強さがまぶしいくらいだった

大島さんのマラソンも、私、申し訳ないけど、24hrマラソンで感動することってあんまりなくて、時間通りに武道館に来るのが、ほんと、苦手で、だけど、大島さんのチャレンジ見て、体、動かそうって、ほんとに思った(笑)

お盆前に南三陸町を訪ねた
復興が進んでいるところ、まだ、そのままのところ …

忘れないということが、目を向け続けることが、小さなアクションでも続けることが大切だと思うけど、訪ねることが頻繁にできるわけではない
彩ちゃんの取材のように、こういう機会に、そこに出向いて、今の被災地を知らせることはやはりたいせつなんじゃないかな


そして嵐ファンとしては

今年はホント、楽しかったわ~
まず、歌とダンスのパフォーマンス、良かった
選曲が最高だったんじゃない?
loverainbowから始まり、ダンスナンバーあり、ワイハでしめるなんて、最高だわ

今回は、周りの反響も大きくて、高校時代の友人から、「松潤かっこよかったね、ファンになりそう」
とメールがあったり
職場でも、何人も、嵐、かっこよかったね~って声かけられたり…


ダンス甲子園の場で、嵐があのパフォーマンスを見せてくれるなんて、ホント嬉しい
ほんと気分があがったわ~
大ちゃんが、また、かっこよくて、潤くんの「…イタイダケ…」最高!

ダンス好きな高校生の目に、アラサーの嵐のダンスがどう映ったのかわからないけど、でも、見ごたえあったし、すごくいい企画だと思った

そしてやっぱり、潤くんのタップダンス

何回も見てしまってるのだけど、そのたびにグッとくる

虹の歌詞を手話で語るくだり、あれは、多分この先私の中でずっと生き続ける言葉だなぁって思う

「僕も同じだよ…  」

昨年も思ったけど、潤くんは、この企画、みんなが耳が不自由な子供たちが、壁を乗り越えて武道館でタップダンスを披露する  という企画で、自分に何ができるのか、やらなければならないのか、それをわかっていて、実際にやり抜くんだよね

タップダンスの技術でいえば、HIDEBOHさんのチームの尽力が本当に大きいと思う
それは、並大抵のことではないと思う
そして、その指導と、夏休み返上の生徒努力で形になってきたのだと思う

だけど、それだけでは、足りない何か、HIDEBOHさんの言う、呼吸みたいなものを合わせていくために必要な何か

潤くんは、その部分に、嵐の松本潤ではなく、同じように悩みながら、苦しみながら、不安を抱えながら、日々何かに挑戦している一人の青年として、向かい合うことによって、みんなの心を一つにしていったんだと思う

ここに、本当に心を打たれるんだ
昨年もそうだったんだけど、彼らの抱えてる壁、は、アイドルとやれてうれしいな…くらいで越えられたり、うまくできたり、そんなものじゃない

潤くんの、あの、言葉が、気持ちが、熱が、心を一つにする何かになったのだと、私は感じました

そして、あの彼らのタップダンスと、あの表情!

あの部分だけ見ても、楽しいの!

かっこいいの!

それがすべてじゃない?




お疲れ様!


























スポンサーサイト

松本潤 30歳の誕生日に寄せて…      

24時間テレビが終わって、気分は陽だまりモード

通勤途中で聴く、素敵じゃないか、が、本当に癒される


ブログを始めようと思ったきっかけは、前にも書いたけど あヽ荒野 を観たことだった

嵐が、松本潤が大好きだったけど、あの時、この人をずっと見ていきたい

…と強く思った


それから今日まで、その思いはまったく変わらない

それどころか、24hrTVのタップダンス

子供たちの気持ちに、ストレートに語りかけ、ともに踊り、最高のステージを作り上げた潤くん

挑戦する、というのは、それだけでもちろん素晴らしいこと

でも、

どうやるか

どこを目指してやるか

自分の中での夢を、しっかり意識し、そのために最善を尽くす

そのやり方にわたしはいつも心を掴まれる

あの子供たちも、嵐の松本潤とやったタップダンス、というだけでなく、

何かに挑戦するときに、どういう向き合い方をすれば、自分自身が納得できる何かを得られるか、体で感じたんじゃないのかなぁ 


新しい何かをやることだけでも、ファンは嬉しい

でも、どうやるか

どんな松本潤を見せてくれるのか

ファンは優しいけど実は厳しいし貪欲…少なくとも私はね

そこを、裏切らない

いつも最高の松本潤を見せてくれる

それって、すごいことだよ

ファンは幸せだね

ありがとう、潤くん



潤くんに会えてよかった

好きになってよかった



   お誕生日おめでとう!

  あなたの夢がかないますように…














 

 










































僕も同じだよ…    @タップダンス

ありがとう、潤くん

なんて人なの、あなたは…

誰よりも、遠い人なんだけど、

「僕も同じだよ…」って言った潤くん、近くに感じた


潤くんに会えてよかった

潤くんを好きになってよかった


彼らもきっと、そうだといいな


乗り越えてくれるといいな



…想いは溢れてるけど、最初にこれだけ叫びたかった


    最高!

えっ…        @24時間TV

確かに、予想はしてた…去年もそうだったし、言ったら、番宣もそう

24時間嵐さんと一緒で、趣旨はどうあれ、何て幸せな1日…と思っていたのに、

午前9時付近の相葉さんの企画、こちらでは地方版のため、なし

嫌な予感がして、今確かめたら、11時半からの、二宮さんの企画も…(絶句)


仕方ないけど…残念~!!

BSとかでもやってないみたい(涙)

というわけで、見逃した録画分、見てます



感想、また書きたいけど、今日はアラシゴトの日なので、普段やったことない、今を呟いてみました



…富士山大丈夫かなぁ   雨だね …



今、確かめたら、大ちゃんのダーツの旅もないの?!

そりゃないよ(泣)


追記  
あきらめきれず、調べていたら、夜中に放映されるようです(ホッ)
数日前に、発表されてたらしい ←upする前に調べよう

お騒がせしましたm(__)m



忙しそうな嵐さん   @24時間TV

いよいよ明日は、24時間テレビ

メインのHDD、今からだわ…

ダビングはしてても、消せないのがたまっちゃってるっていうのが現実(苦笑)
思い切って、消さなきゃ


それにしても、忙しそうな嵐さん
だいじょうぶかなぁ(笑)

なんだかんだ言っても、毎日今の嵐さんに会えて、嬉しい
雑誌だって、当たり前のように表紙を飾って、特集されてて
  これ、当たり前じゃないんだよね

…陽だまりの雑誌祭りとかぶってて、結構大変ですが…

今しかできないことを、全力でやってる彼ら

24時間丸々嵐と過ごせるなんて、やっぱり、楽しい
ファンは、幸せだよ


今の嵐を、目一杯楽しもう

さぁ、HDD、最後の詰めに入りますか

嵐そのものが夢

朝から、ほっこりしちゃった ZIPの座談会
相変わらずの、相葉さんのあったかいおしゃべりと、小っちゃくチャチャ入れる末っ子と、翔くんの元気な声
それだけで、嬉しい

「嵐自体が夢の世界みたいなものだから…」

私にとっても、嵐をこんなに好きになって、なんだか夢のような気分なんだけど

嵐にとっても、この信じられない数のファンが作る空間だったり、現象だったり、24時間テレビだったり、紅白だったり、ドームツアーだったり、主演ドラマだったり…

そういうことすべてが、未だに、「当たり前」ではなく、「夢の世界」という気持ちを持ち続けているんだね

「こんな日々ってホントかな?というのが続いている感じ」

この感じは、5人みんなの気持ちの底にずっとあるんだね

2004年の、今みたいに、当然でしょ、な嵐でなく、
「俺たちがやるの?ホントに?」
って顔してる嵐

あの嵐をずっと忘れてないんだね




嵐自身が「夢の世界」っていうくらいだから、彼ら自身が選ぶとか、やる、とか、やらないとか、そんなスケールじゃないお仕事の連続なんだろうなぁ

その中で、自分たちならではのものを、折り合いをつけながら、でも妥協せず、ファンのこと、ちゃんと考えてやってくれてるんだなぁって改めて思う

チケットについていろんなこと言われるけど、ドームツアーの中に、アラフェスという、たった2日のためにすごく準備して楽しみを作ってくれる

ワクワクだって、正直、いろいろ思うけど、今年のワクワクは、今まで以上に、ファンがとっても楽しめる要素があったと思う
私は、楽しかった

いろんな流れに従順であるように見えて、国民的アイドルのお行儀のよさみたいなものを、受け入れているように見えて、実際そこは間違いなく、嵐の魅力なんだけど

ちゃんと、やりたいこと、私たちファンが求めてることを、したたかにやっていこうとしてるんじゃないのかなぁ


そんな、「嵐」という夢の世界の全部に、現実に参加しようとしすぎると、苦しくなるから、そんな「嵐」からの、いろいろな風を感じることを、毎日の暮らしの彩に変えていきたいな

「嵐を続けていくことが夢」といってる5人を見て、

そんな風に思いました


   








映画館で    @陽だまり予告映像

「謎ディ」を見に行って、陽だまりの予告映像を見た

ネットで映像は見てたはずなのに、たったあれだけの映像なのに、切なくて涙が出てきちゃった

あ~、せつないよ~

樹里ちゃんの、真緒の、浩介を好きっていう表情、あの気持ちに共鳴しちゃうんだよね、一瞬にして…

その真緒を見る、浩介が、もう、最高で…

観る前からこれで、どうする、ワタシ(笑)

というわけで、なぜだか、なぜだか残ってた特典付き前売り券…さすがに、日本一小さな映画館に匹敵するクオリティだわ…また、購入してまいりました


…とここまで、数日前に書いていて、昨日、娘と「風立ちぬ」を見てきた
ここで、また、予告編に遭遇し、娘に感想を聞いたら

「これ、見る気になる! いいわ、松潤。お母さん、これ、本読まない方がよくない?」

と、かなりの好感触

2冊あるから、読んでみてって、本、渡してたんだ


あんな風に、予告編に遭遇した誰かに、ちゃんと、何かが伝わってると思う

そこが、潤くんのストイック…あたらしあらし風にあえていうならばね…、Mr.パーフェクトたるとこなんだよね、  にしても、この言い方、あんましよくないわ、やっぱり


どんな役でも、最高のものにするその姿勢
同じやり方や、同じ、「松潤」じゃないことのすごさ



そして何となく思ったのが、潤くんだけでなく、嵐は、ファンのためだけに仕事なんてしてて生き残れるわけでなく、そして、ファンは一番甘くもあり、一番厳しくもある受け手ではあるのだから、そこをもちろん意識はするのだろうけど

何気なく、松本潤の演技を、嵐を目にした誰かに、ちゃんと、何かを感じさせるような仕事を、本気でやってるからこそ、そこの手応えを感じたいだろうなってこと

どうしても、とても熱心なファンの動向だけがクローズアップされるし、それが力になってることは確かなのだけど、そうじゃない、それまで松潤といえば、「俺様」のイメージ、みたいな人に、「あれ?今の、松潤?」みたいな、自然な風も同じように感じようとしてるんじゃないのかなぁ…なんてことをチラッと思いました



ま、いろいろ、考えちゃう今日この頃です

















思うこと   追記

前回の記事、ちょっとわかりにくかったかなぁ…

ということで、追記


たくさんの名義がある人が、1回以上ライブ参加することが「あり」で、会員になってない人が行くのが「なし」というところ

ここがすごく語弊を招くかなぁと思うけど

これは単純に、会員が参加できないのに、会員でない人が参加することはおかしんじゃないか…ということに尽きるんだ

要は、理屈としては、そうでなければ、会員優先ということにはならないと思っている

でも、感覚としては、今の現状では、会員であっても1回も行けないのに、会員で何回も行ける方を見ると、やるせない気持ちになります
個人的には、自分の努力が足りない気がして、実は一番堪えるのが、このパターンです
だけど、このパターンの人たちは、長いファン歴のなかで、いろんな努力や、行動で、ネットワークを作り上げたり、私と同じころファンになった方でも、ちゃんとアクションを起こしているのだから、私は、仕方ないと思うしかないと思ってます

実際には私の周りには、ファンクラブに入っていても、とっても好きだけど、同行者は非会員のお母さんやお姉さんで、1度も当選してないという可愛らしいファンの方がいて、dvdも持ってないし、グッズも買ったことないなんて言うんだけど、正直、当選させてあげたいなぁって思うんだよね
言ってることとすごく矛盾してるんだけど、実感としてはそうなんだよ

でも、もし私が、娘も息子も会員で応募しているにもかかわらず、同じ年月参加できてなくて、彼女が当選して、彼女のお母さんやおねえさんが参加できたとしたら、やっぱり、それはないわと思うでしょう

誘われて参加するファンが増えて、減っているのが複数回参加できる会員…であれば、まだいいのだけど、実際には、1回も参加できないファンが増えていることになっていることが問題なんだと思う


会員が、妥当だと思う頻度で当選する
そこをきちんとしていてほしい、それだけなんだ

そこがきちんとしていないからこそ、名義を増やすということになり、結局は、会員自身が自身の首を絞めるような連鎖になってるのだと思う


もっといろんなキモチあるけど、長くなるので、また…














あれこれ思ったこと  @アラフェス結果 

家を空けていたので、ずいぶんと間が開いてしまったけど、書いておこう

アラフェス、家族全員全滅でした…popcornに引き続き…

私は幸運なことに昨年当選し、娘と参加したので、ダメでも仕方ないと思ってたけど、ドームも全員ダメだったし、だれか当選するかなぁと思わないでもなかった

4日たったせいか、家にいなかったせいか、はたまた無意識に覚悟していたのか、ドームがだめだった時より大丈夫みたい…  そうなっちゃうこと自体がどうなのかなぁって思うけど



最後の国立、アラフェス
まさかたったの2日間だなんて、誰が思ってた?
7daysくらいやってくれて、会員オンリーの特別な空間で…そんな風に思ってたんだけどね
だって、1年前から、次のリクエストのこと、頭のどっかに置きながら曲聴いたり、DVD見たり、そんなファンが、どう考えてもたくさん落選せざるを得ないシステムなんだもん


今回の当選の状況がどうなっているのか、よく知らないけど、そしてアラフェスは14万人しか当選しないのだから、どうやっても満足することはないのだけど


単純に、会員にチケットが優先的に販売される  という当たり前のことがどうして行われないのかなぁといつも思う

嵐のコンサートに行きたい…そう思ってファンクラブに入るという一歩を踏み出した人が、何年も行けないということになっているのだとしたら、そして、会員でない人が、行けているのであるとしたら、それはやはり、おかしいと思う

ふつう、何かをとても欲しいと思って、それを買うには会費を払って会員にならなければ購入できないことになっていて、そこまでしても欲しいと思って登録する
その商品が、欲しいと思っている人よりたくさんあったら、会員の紹介で買えるのは問題ないよね
でも、その商品は会員の数より少なくて、なおかつ会員登録は毎年更新しなければならない
にもかかわらず、会員になってない人が購入できている

ふつうのモノなら、「そりゃないわ」ってことだよね

たとえば、私が、自分の作るアクセサリーや、バッグや、ギターを…何でもいい…気に入ってくれた人が、会員になって待っててくれて、応援してくれたら、やっぱりその人たちにまず買ってもらいたい
少なくとも、何年も手に入れられないなんてことにはしたくない

たとえば、ちょっと気になるNEWSのライブがあって、お友達がチケットあるって誘ってくれたとする
でも、もし、会員になっても当選しなくて行けてない人がいるなら、そちらを先に行かせてあげてほしいって普通は思うよね
1度行って楽しかったとして、次回絶対行きたいと思えば、会員になるでしょう
でも、誘ってくれるなら行きたいな…という程度なら、会員にはならない

会員になるということは、些細なことのように、当たり前のことのように言われるけど、とても大きな意思表示なのだと私は思ってます

そして以前も書いたので繰り返しになるのだけど、
140万の会員、CD2種売りで、初動60万程度、昨年のアラフェスの投票27万票、これから推測すると、コアな嵐ファン…雑誌が出れば、購入し、ポスターが張り出されれば見に行き、前売りに特典が付くとなれば朝から並び、CMに出れば録画し、その商品を買い、落選すれば、いやになるほど落ち込む…は、実際には、87万人動員(正確な数はわかりません)であれば、2年もあれば、1枚のチケットを手にできるのではないでしょうか

もちろん140万の中にはいろんな思惑の人もいるので難しいのでしょう
でも、無効になっている会員番号、申し込みを控えた会員、前回当選した会員以外から優先すれば、実は、会員のみ1枚であれば、どこかのチケットは当たるのではないでしょうか
実際、会員のみ重複なしにした最初のワクワクは、定員割れでした。これは5万×5 25万人程度のの動員だったはず

1人での参加は現実的ではないので…私的にはこれでもいいから行きたい人でいいと思いますが…、せめて会員が1人の同行者ということであれば、今より納得できるはず

私は、娘がaikoのFCに入っているのですが、ここは2人の申し込みです
今年もチケットが2枚ありますが、息子が行きたいといったので譲ります
3人で行きたいのならFCい入ればいいのですが、入りません
aiko大好きで、何回も行ってますが、このスタンスで満足してるからです

会員になるというのとならないというのは、やはり、思いが違うんです

どうしても小さな子供を連れて行きたいのであれば、その子の分も私なら払います
でも、当ったら行きたいなというスタンスなら払いません
それでいいと思います
以前、お金のない子供が行けないという意見を目にしましたが、親が、子供がジャニーズのコンサートにいくためにFCに入会することを許さないというのならそれは仕方のなことだと思うのです。私もそうしたかもしれません。
もし、子供が行きたがっていて、嵐のコンサートならいいと思っていたら、4000円の会費を払うでしょう
だって、そうしないとチケットが購入できないというルールになっているのだし、会員でもチケットがとれないのに、会員でないのに行けると、ふつうは思わないから…
今は、小学生でも携帯を持ち、高価なゲームを買い与えてる方も多いし、バレエのチケットなど、10000円は下らないでしょう。そう考えれば、払う方はいるはずです


もしかしたら、自分のおこづかいから4000円出している中学生だっているかもしれません
そんな子が、会員じゃないけれど、誘われたから行ってきたと、友達から聞かされたら、どんなにつらいでしょう



ただ、これはあくまでこちらサイドの話なんだよね

チケットを手にできた人にはいろんなパターンがあって、一つのツアーで
①一つの名義で、1回ライブに行ける人
②いくつかの名義(家族や、友人の同行者)で1回行ける人
③いくつかの名義で数回行ける人
④自分自身はFCに入っていないが、たまたま行く機会に恵まれた人

このうち、①と②は問題ない

では、③と④では?

ファンの側からしてもどちらが許容できるのかわかれるところだと思うのだけど、私自身は、③はありだけど、④はなしなんだよね
実際には、正直、③の人を目にする機会がブログなどを見てると多くて、やり場のない気分に襲われることがあるんだけど、理屈では、仕方のないことだと思ってる
理由は上に書いたように、チケットは会員でなければ買えないし、チケットが会員以外に回るほどの枚数がないから
名義を増やす人は、それなりに努力してるし、何より好きでなければできないこと
きちんとお金を払って権利を得ようとしていたり、友人を増やしたり頑張ってる…私にはできないんだ、寂しいけど

でも、嵐さんサイドは、③を減らして④を増やしたいんだと思う
その結果、①の人が極端に減っていて、何年も行けないということになってしまっているのではないかな
すなわち、1回も行けない会員がいる一方、複数回行ける会員もしくは、非会員で行ける人が増えている

実際、自分の名義は当たらなくても、家族や、友人の同行者で1回は行けたという人はそれなりにいると思う
でも、うちの例でいうと、娘はもし一人で入っていたら、5年で1回しかライブに行けていません

でも、嵐さんサイドは…嵐さんが、ではありません…誘われてきたファンに参加してほしいんだね…

確かに、それは理想だけど…


翔さんの新聞記事の感想を書きかけたままになっているのだけど、

「仮にこれがバブルなら、はじける時間を一日でも遅くしたいというのが現在の気持ち」
とあって、取りようによっては、いろいろなことを思わせる、ちょっと意外な言葉だったのだけど


嵐が、いろいろな意味ですごい存在になっているのは、やっぱり、誘われたならライブに行くというファンには絶対に起こしえない風を送っているファンがいるからだと思う

向井理君はとても素敵だけど、あたしもとても好きだけど、みんなからとても好感持たれているけど、でも、嵐のようなムーブメントを起こしているわけではない

みんなが何となく好き…というレベルが、翔くんの言うバブルになるには、上に書いたコアな嵐ファンの行動…チケットのアクセスがつながらない、東京タワーのライティングに大勢が繰り出す、掲載雑誌が売れる、映画チケット前売りに並ぶ、CMの商品が売れる…が、ビジネスに関わる人たちに、これは、見過ごせないというムーブメントになっているからだと思う

なぜ、私たちがそうやっているか

嵐が好きだからだよ

嵐の一人一人が、思うように仕事をしてもらいたいから

もっともっと、輝いて、もってる才能を開花させてほしい


そう思っている会員の一人一人の気持ち、わかってほしい

誘われたら行くけど…そんなファンももちろん、ファンです
でも、多分、行けなくても泣いたりしない

私たち、会員は、そんな風にはやり過ごせないんです





長く書いた割には、というか、だからなのかわかりにくい内容になりましたが、以前からずっと思っていたことを書きました
気分を悪くされたら、ごめんなさい


































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。