arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2013年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

リクエスト  @アラフェス2013

やっと一昨日、エントリー完了

情報を目にはしていたけど、繋がらない
だんだん落ち着くかと楽観していたので、おとといまで放っておいたけど、アクセスしてみたら苦戦したので、そのまま続けてしまってた(苦笑)
昨日は改善したらしいですが…
エントリーの段階でこれだと、ほんと、やれやれって感じです

というわけで、リクエスト

これも、結構大変だったね~楽しかったけど…

好みであげていって、実際聴きなおすと、思わぬ曲が浮上したりして(笑)
寸前で変えたりしたから、今見直すと、?みたいなのが入ってた

では、いきます

シングル
endless game
PIKA☆NCHI
キミハムテキ  crazy moon
Breathless
時代
FACE DOWN
Everything
we can make it
きっと大丈夫
ワイルド アット ハート


カップリング
コイゴコロ
恋はブレッキー
僕が僕のすべて
ふたりのカタチ
君がいるから
目指した未来へ
スーパーフレッシュ
story
モノクロ
手つなごお


アルバム
JAM
joy
ready to fly
Secret eyes
眠らないカラダ
DANGAN LINER
Love situation

空高く
Lai Lai Lai


昨年やったのとか、popcornでやったのははずすつもりだったんだけど、結局、やっぱりハードルは高いとわかってても、国立で自分が聴きたい曲は、はずせませんでした
基本、さわやかな青春ソングより、踊ってくれる、ちょっとクールな曲を選んでます
もともとそういう曲が好きなので…


シングルは、まぁ、ぱっと思い浮かんだもので決めたのと、初期のころをいれたいなぁと…にしては、最近の曲多めだったね(苦笑)おかしいなぁ…
キミハムテキが、好きなんです、3位だけど(?)
everythingも、実はすごく好きで、基本ガシガシ踊ってくれる曲を選曲してるのですが、これははずせなかった

カップリングは、残り3曲くらいに候補がありすぎて、わかんなくなったので、そのときの気分でした
コイゴコロ、期待してます(笑)
恋はブレッキー、これも見たいよね~


アルバムは、絞るのはホントむずかしい
Lai Lai Laiは、急に浮上してきて入れちゃいました
残ってたのは、
flash back 
walking in the rain
move your body
life goes on

うーん、この辺、4曲とっかえてもいいくらいだわ

そうそう、忘れてた

ソロ曲
yabai yabai yabai 
秘密
song for me
いつかのsummer
夢でいいから


ニノの秘密以外は、ちょっと考えたかなぁ
翔くんは、hip hop boogie と最後まで迷いました
でも、夢でいいから、見たいなぁ  と思って
大ちゃんは、TOP SECRETがベストです
その他の要望にあげてきました

潤くんのシェケは、昨年のがあまりに楽しかったので、満足したということで変えましたが、もちろん、今回もやってくださるなら、それはそれで、嬉しい  ←じゃ、リクエストすれば!


以上

後のことは、もうあんまし考えたくない

Good luck!








スポンサーサイト

やっぱり、松本潤は最高だ   @あたらしあらし

無茶ぶりとしか思えないような企画ばかりの、相葉さんからはじまったあたらしあらし

正直、完璧主義の潤くんが、一番やりたくないと思われるのが、納得できないものを提示すること

だからこそ、これまで、ストイックと言われるほど、時間をかけて役に取り組んできたはず

その潤くんに、ゲームのように課された企画

気のせいかもしれないけど、最初、聞かされた時はむっとしてたのでは…


でも、すごかった

答え合わせのように、セリフが下に出てたのが気になったけど

もちろん、潤くんには、不満もあったかもしれないけど


「やってる最中は気持ちよかった…」

見ている者にも、それが伝わってくるような、徐々に高まってくる緊張感と、それとはまた別の、解放感さえ感じさせる生き生きとした演技


やっぱり、松本潤はすごい


陽だまりの主題歌を山下達郎さんが提供されるというニュースで、少年のころの潤くんをどこか思い出させる初々しい浩介を見て、その一瞬で、陽だまりの世界観を感じたばかりだった

そして、この長台詞の一人芝居の追い詰められながらも、いつの間にか、自分を解放していく潤くんを見て


役者、松本潤をもっともっと見たいと思った


野田さんの舞台、やってほしいな

秋の野田さんの舞台、潤くんの友人がたくさん出ていて、あぁ、こういう舞台にでてほしいな…って思ってたけど、一段とその思いが強くなった


松本潤、やっぱり、最高だ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。