arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

一年過ぎて…

来週のしやがれは、翔さんが、神カル仕様で、潤くんが、浩介仕様なんですね
VSでも、見られたけど、潤くんの新しいヘアスタイル、また今までとは違う印象でした

可愛いよね(笑)

潤くんが、とっても優しくて、ちょっと控えめで、若々しい、pureな雰囲気になってるけど、これが陽だまりの雰囲気なんですね

樹里ちゃんの不思議なイメージと、あの役は、私の中では結構しっくりきてましたが、潤くんはあえてあんまり想像してなかった

でも、何だか、また新しい潤くんが見られそうな予感がしてきました

20代最後の撮影だから、いろんな希望が一ファンとしてはあったけど、若さが重要ファクターである純愛は、確かに、今しかできない役なのかもしれないなぁって、だんだん感じて来ました

楽しみ!


ブログを始めて、1年が過ぎました
挨拶もなしに、ラッキーセブンの感想を書き始めるという、本当にひとりごとそのもののブログでした

嵐友さんが、周りにいなくて、いろんな思いが溢れてしまって

そして何より、嵐さんが、潤くんが、いつもいつも、その場に安住することなく前に進んで行くから、目が離せなくて書き続けられたと思います

それでも、時々、ついていけなくて、何だかなぁって時もありますが、私なりのペースで、楽しんで行こうと思ってます

写真も、情報も、レポもない、ただただ嵐さん、そして、潤くんのここが好き、この瞬間を忘れたくない、ささやかでも風を送りたい、というつぶやきだけのブログを時々覗いてくださる方々、ありがとうございます
励まされてます

からみづらいとは思いますが(苦笑)よろしければこれからも、お付き合いください
















スポンサーサイト

末ズって…    @しやがれwith勝村さん

潤くんが、美しくて、素敵だった…それだけで、十分な気分だったのですが、なかなか面白かった勝村さんのしやがれ

末っ子2人の対比が、なるほどね~って感じで、意外ではなかったけど、あらためて聞いてると興味深い

ツンデレの実は真面目な潤くんと、人たらしと言われるだけのニノの素顔

どっちも、先輩からすると可愛くて仕方のないことでしょうね

最終的には、弱い部分を見せてでも、懐に飛び込んで、理想の自分を追求し続ける潤くん
いったんこの人と思った人には、その気持ちが相手に素直に届いていると思う、人前ではそうでなくてもね

最初から懐に飛び込んでいくけれど、実は、自分を見せることをしないのでは、と思わせるニノ

ニノがなぜ人たらしと言われるかは、この部分なんだよね
いつまでも自分ものにならない気になる存在、みたいな感じなんだと思う

勝村さん、ニノのこと、やっぱり可愛くて仕方がない感じだった


潤くんのエピソードは、ワルキューレの時かなぁ
その時の潤くんのこと、思うだけで、切なくなるなぁ、ファンだから…

ニノって、面白いねぇ、潤くんと、ほんと、違う

ほんと、違うわ

どこまでが自己プロデュースなのか、本心からやりたくてやってるのか、言いたくて言ってるのか、わかんないものね(笑)
潤くんが、嘘をつけない感じと、対照的

だから最強なコンビなんだと、妙に納得した、しやがれ

翔くんの、話の聴き方もとっても安定してて
大ちゃんも、らしい視点、ちゃんと押さえてて

最後エチュードがやや物足りなかったけど…実際にはもっとあったのかしら…

向井さんの登場が結構インパクト強くて(笑)、エチュード、どっかに行っちゃった感じだったのがちょっと残念だったなぁ
勝村さん、活躍されてるだけあって、納得の、いいアニキでした


来週、いろんな意味で、楽しみです!






















仲のいい嵐   @VSラストホープ

仲がいい嵐が好きなんだ…という空気が満ちすぎると、だから好きなの?と、ちょっと居心地悪いかんじになっちゃう時があるワタシですが、

このVS、仲がいい嵐を、ほんと、楽しみました

相葉さん、嵐を愛してるね~(笑)
そして、みんなも、相葉さんを愛してるし、相葉さんを、そしてラストホープを盛り上げようと、一生懸命で…

嵐も、ファンも嬉しい、嵐メンバーが主演のドラマチームで参戦するVS嵐、その雰囲気を目一杯楽しめたよね

潤くんがめちゃめちゃ上手でびっくりだったし(笑)
ニノと組んだからかなぁ、あの二人は、いつも言ってるけど、何かに向かう時の呼吸の合い方が、無敵な気がする

がんばる相葉さんを見てる時のみんなが、愛にあふれてて
相葉さんのかっこいいところ、嵐みんなが、そしてファンが、見せたくて、見たくてたまんないって感じで

可愛いね、嵐って…

ニノのクリフクライムが、先週に引き続き、すっごくかっこよくて(*^_^*)

ちょこちょこ翔さんが、ちゃんと、ほめてくれて…あぁいうの、やっぱり嬉しいよね
そして、ラストホープを、ちゃんと忘れずアピールしてくれる翔さん
実は相葉さんより、ほかのメンバーのほうが、しっかり、連呼してたよね(笑)

人見知りな相葉さんの、敵チームで弾ける笑顔、それを嬉しそうに見てるみんなが大好きだよ~

そんなちいさなあれこれが、なんだかとっても優しくて、嵐は仲がいいだけが魅力じゃないんだって思いながら、

でも、そんな嵐がやっぱり好きだって思えたVS嵐

最後は(last)、みんなの希望(hope)そのものの、相葉さんのミラクルが起こるという、絵にかいたような逆転劇

笑いのツボも最後まで満載で、楽しかった!

ドラマも、面白くて



  相葉さんがんばってね~















私は…

見知らぬ人に物事を相談するほど気が弱くありませんし…

思わず、ニヤッとした人、いたよね

翔くんのこと、嵐の中で一番強いと私は思っているんだけど
もちろんそれだけが翔くんの魅力じゃない

上手く言えないけど、彼のように、頭もよくて…高学歴ということも含めて…リーダーになることを期待される人でも、タイプが分かれる気がしていて

それは、引き受ける人と、そうでない人

優等生タイプの人には、時々ここという時に自分を守ることがうまい人がいて、普段がスマートなだけに残念な気持ちになることがあるんだけど

翔くんは、逃げない人だと私は思っています

自分がやるしかない、自分がやれなくて誰がやるんだ…と引き受ける人だと思う

その根底に、人への優しさがあるよね
私は、そんな翔くんが大好きなんだ


翔くんは、どんな将来を思い描いてるのかな

私は、正直、翔くんの将来が一番想像できない

やりたかったキャスターの仕事から求められるイメージもあると思うけど

自由に、強気に、進んでいってほしいな


お誕生日おめでとう!













俺には、ないの?!    @meiji CM

この女の子ぐらいの時まで、素敵なお兄さんがいたらいいなぁって思ってたし、そんな人を好きになっちゃったり憧れてたりしてた  …2人姉妹の長女だから、なおさらね←だれも興味ない


というわけで、完璧に、理想の情景の1ページ

潤くんが本当に素敵

特に、最後が、いいよね


潤くんを好きなの、なんでかなぁって、時々、そんな意味のないこと考えるけど

当たり前のように思ってることが、ほんとは、すっごいことなんじゃないかなって思う

それは、どんな潤くんも、最高だってこと


meijiのちょっと静かで、文学青年風な穏やかな潤くん

fasioの、セクシーで危ない潤くん

GOONのやわらかな潤くん

芸人さんに対するSな潤くん

ワイハのイケイケな潤くん

日産のちょっとおバカな可愛い潤くん

ラッキーセブンの熱い潤くん

俺様だけど、純で一途でおバカで、でもキラキラ感ハンパない道明寺潤くん

新次そのものの潤くん


黒髪も、茶髪も、長髪も、短髪も…どんなときも、ドキドキをちゃんと用意してくれて

私服も、ちゃんと楽しませてくれて




これって、すごいよ

だって、そこにいるのは最高の松本潤そのものなんだけど、同じ潤くんじゃないんだもの

で、何が言いたかったかというと(笑)

松本潤という人は、器用ではないけれど、すっごく力のある人だと思います

私は、いえ、ファンは、裏切られたこと、ないと思う


かっこいい、とか、性格がいい、とか、仲がいい嵐、とか

それだけでなく、

松本潤は、とっても才能があるんだってこと、

…叫びたくなっちゃっただけのひとりごとでした















ボクらの時代

だいぶ前のオンエアだったけど、とてもいい番組だった、ボクらの時代、with野田さん、瑛太さん

あぁいう場の普段の潤くんが、少し見られたと思っていいのかな

興味があったのは、野田さんとの関係なんだけど、とっても親しい間柄だったのですね

潤くんは、自分がすごい、と思った人に近づくというか、その人から吸収しようという思いが強いというか、その行動にあまりハードルがない感じがしてたけど

プラス、逆の立場からすると、かわいがりたくなる人間なんだなぁ、松本潤ってひとは…ということをあらためて感じました


まぁ、、私野田さんのファンだったから、野田さん、好きだなぁって思っていい3ショットだったわ(笑)

いじわるっぽいんだけど、ちゃんとあの二人の個性がわかったし、あと、番組の中なのに、ちゃんと伝えるべきことは伝えて、潤くんの青い感じさえ、ちゃかすようにして、可愛く映る感じだったし

瑛太さんは、お話がとても魅力的で、独特で、俳優として、もうある種確立された実力がある人なんだなって感じて

かたや潤くんは、まだ定まらない可能性の塊みたいな印象に私には思えたんだけど…それは、未熟という意味も含めてね…

瑛太さんのようなタイプはもちろん大人から見ても、演出家という立場から見てもきっと魅力的だけど、潤くんみたいな、まだ何となく途中みたいな感じがして、だけど、飛び切りの、何か特別なものがあるという人も、可愛いんじゃないかなあ


潤くんって、頭で考えるタイプなんだね~(笑)
そういう意味では、やっぱりジャニーズというかアイドルって、私が思っているより、普通なことを普通にできない環境なのかもって思いました…いや、潤くんだからかな(笑)

結婚に関することは、した人としてない人では、普通の人でもいうこと違うし、まぁ、
しちゃえばいいのよって、私もつっこんだけど

人から注目されてる、ってことを前提に人生考えるって、よ~く考えると、アイドル以外にはいないのかもね

子供が……のくだり、これは、ちょっとびっくりでした
子育て後、何がやれるか考えるってことを男の人が考えるのを聞いたの、初めてだ、私

私たち世代の女性は、これ、結構考えて来た気がするけど…

とにかく、子育てとか、結婚とか、潤くんにとっては、まだ頭で、理屈で考えるレベルなんだなぁと感じました

むしろ興味深かったのは、やっぱり野田さんのアドバイスですね

野田さんが、実は人は自分の見たいようにしか見ないという言葉、潤くんのこれからのアドバイスになったと思います

何のために、それをやるのかって、大事だものね

舞台の演出って、自分の満足だけのためではないわけだから


あぁいうふうに、フレンドリーなお付き合いの中で、潤くんはいろんなものを自分の力にしていったり、自分自身が、素材になったりしてるんだね

しつこいけど、私は、野田さんの作品に潤くんが出てくれるのを、待っています

潤くんの、pureな感じが出るような作品が見たいなぁ

だけど、私、野田さんの作品ずっと見てなかったけど、最近の作品見て、結構メッセージ性が強いなぁと感じたんだよね、個人的な生き方へのメッセージというより、時代とか、世の中に対する…

潤くんがそういうものに合うかはわかんないけど



いつか、野田作品、あると思っていいよね

期待してます、心から…












ずっと味方で…   @はらちゃんにしやがれ

長瀬さん、いい人だね

ナイスガイって感じ

かっこよくて、ストレートで、優しくて、器がおっきい

嵐がこじんまり可愛かった(笑)

潤くんは、ゆったり優しい感じでしたね、だんだん映画モードになりつつあったのかなぁ

髪型は、まだ前の感じだけど…ごめんなさい、あんまり情報細かくないので…

嵐に対する、それも、付き合いはそうないと言いながらも、共通の友人もあり、なんといっても、先輩であり、ずっと近くで見てきた長瀬さんの印象は、結構面白かった

完璧だけど、裏が見えないから、娘はやりたくない櫻井

こわい大野君

かっこよくて、かわいくて、優しくて、変わらない、彼氏にするなら相葉さん

生意気なニノ…でも、きっと、親しみは感じてるんだろうな

波長が合いそうで、毒があるからこそ、わかる気がする、娘をやるなら、松潤

…多分、そうなんだよね、こんな感じだと思う、そのうえで、娘の相手に、翔さんか、潤くんかっていうのは、人それぞれだと思うけど…


長瀬君の、自分の感覚を、とっても大事にする感じが素敵でした


あとは、やっぱり

ずっと味方でいてくれる人  byニノ  ですね

潤くんが、ボクらの時代で、頭でいろいろ考えてるのと、すっごい対照的で、ニノの気持ちの根本を、

アイドルの、本当の不安とだからこその想いを感じちゃった


ニノは、恋愛のこと言うとき、ここの感じは変わらないよね

自分を、男として見てくれて、自分のことを好きでいてくれれば、それだけでいい
だからこそ、気に入られたいと思っていろいろやってくれることを好ましいと思って見るし、自分のことを一番と思ってくれる、味方になってくれる人のことは、そこが確かならば、いろいろなことを許す

潤くんのタイプがないっていうのと、同じだけど

なんか切なくて、ニノ、好きだよっていいたくなる   キュン


あと、相葉さんの、相変わらずの健気な人押し(笑)
ますます、強かな、強い女性の方々にもまれることが多くなってるのでしょうか?


嵐も、今年は全員が30代

いろいろあるお年頃なんでしょうけど

きっと、私たちは、知ることないんだろうな

それでいいんだと思う


GOOD LUCK!






幸せな…      @ひみつの嵐ちゃん

新年初は、翔潤シェアハウス!

まったりとした時間でした(笑)

藍ちゃん綺麗になってたね、そして相変わらず、翔くんファンな感じで微笑ましい

シェアハウスでの、ゲストの気持ちの開き方、結構、他にはない見どころだと思うんだけど…

そして、翔くんのいろんなことが見えるのも、いつもながら面白い

今回は、コーディネートでしたが、何だかあのディスプレイだとあんましよくわかんなかった~

潤くんが選んだコーディネート、もともと2人が気に入ってたんだからあれにすればよかったのに…

あれのほうが、絶対可愛かったと、ワタシは思いました

でも、翔さんのを選ぶんだよなぁって思ってたけどね(笑)!



マネキンは、もういうことなしの潤くんのかっこよさ!
服も、潤くんの王道の、シャツとネクタイだし、すべてが完璧


で、翔さん、ひどすぎたよね(笑)
わたし、安田君よりダメかも…って思ってました

「うちの翔さん、ずっと残ってる…」

潤くんが、だれからも触れられない翔さんのことを、触れずにいられないというオトメさを見せてくれて、可愛かった

大丈夫、翔さんは、潤くんみたいにメンタル弱くないからね!

でも、最後も僅差だったね(笑)


いつものVSと、ひみあらがある、幸せな木曜日

これ、なくなっちゃうって、信じたくない

幸せなどんでん返し、わたしはまだ、あきらめないから…




最高のニノ!   @vsジャイアンツ

このVS、もう、ニノ最高!

なんてかわいい子!
やればできる子!

あんましニノが可愛くて、キャーキャー言ってたら、ダンナにあきれられた

でも、ホント、可愛くて、かっこいい、やるときはやるニノ!

そして、あの、くるくる回るにのあいが可愛くて可愛くて(笑)

今日の私は、ニノ担だわ←キッパリ

にのあいがいっぱいで、ホント楽しかった

「あれなかったら、オマエ、上までいけなかったんだぞ!」

あれが可愛くて、キュンキュンした(笑)

…アタシ、何回可愛いって言ってんだ?

相葉さんの翔さんへのフォローも優しくて

このVS、いつもと違う萌えどころで、すっごく楽しみました

…レギュラー番組がふつうにある木曜日、幸せだね


潤くんの、ニューヘアーもチラッと…

来週も楽しみ!


ドキドキ…な嵐  @少年倶楽部スピンオフ

いや~、やられちゃいました、少クラスピンオフで流れた、きっと大丈夫

何なんだろ、この、これからとんでもないことが起きるよってことが、感じられるっていうのか、

来てるよ!って感じの時なのか、

嵐そのもの、っていうか、俺たちは、こうなんだよってのがストレートに、ノビノビと、でも攻めてる感じ?にでてて

久々にドキドキ止まらなかった!


きっと大丈夫は、娘がファンだったことで気にはしていた嵐を、

「すっごくいいんじゃない?」って思い始めたころで…すでに、道明寺には夢中だったしね…HDDで録画できてた頃だったからか、年末の音楽番組の嵐を、夜中にかなり夢中で見てたし、ハマってからもくりかえし見たんだけど、それより半年くらい前なんだよね、多分

(クレジットは、2007年だけど、2006年だよね)

何だか、あんなにみんなが踊ってるところがひきでうつってなかったような気がして、新鮮だった

翔さんのラップのとこの踊りも映ってるからかなぁ

もう、嬉しすぎて、10回以上は軽くリピってるわ(笑)

誰見ても、ドキドキしちゃうんだけど

翔さんは、あの時期、なんであんなにワイルドなんでしたっけ?
WISHかなんかでも、見かけたような…

でも、何か、好きだよ~(笑)

潤くんもビジュもハンパなく…


こういう嵐に会いたいから

これからどうなっていくかを知らない、でもキッラキラの嵐を観たいから

自分がハマってなかった頃の嵐の映像を望んじゃうんだよね

…だって、手元にある自分で録った映像が、すでに2006年、デビューから7年たってるんだもんね


ホントに、いつの嵐も最高!

このドキドキがある限り、やめられないよ
















気持ちは届いてますよ…… @うらあらし

号泣

体調がすぐれないベッドの中で、潤くんのこの一文に触れた瞬間、泣いちゃったよ


行きたかった

会いたかった

ありがとうって言いたかった

でも、できなかった


正直、いろんなことがつらかった
自分の力のなさが悲しかった
いくらなんでも一回くらい行けるはずだよって言われてる気がして淋しかった

でも、潤くんがすっごく弾けて幸せそうなレポ読んでやっぱり嬉しかったし、いっぱい楽しませてもらったよ

そんなファンがいるってこと、ちょっとは思い出してくれたと思っていいのかな

…ほんとに嬉しかった


そして、もう次へ向かって動き出している彼ら

私も、不覚にも出鼻をくじかれちゃったけど、動きだそう

いつ会えても、恥ずかしくない自分でいたいから


それに、

楽しんでナンボのアラシゴト、だしね!



ワタクシゴトですが…

やられました…インフルエンザ

人生で大きな病気といえば、12と15の時のインフルエンザの記憶がとても強く、結構重症だったので恐れてたのだけど、やっぱりきつかった…

もしかしたら、仕事がらみでうつっちゃったのかなぁと思ったりして、プロ失格だなぁと思い、娘が当たっていれば、行ってたはずの名古屋の当日でもあり

嵐さんだけではないけれども、彼らのプロ意識や、ストレスは並大抵ではないのだとあらためて感じました

仕事をしている人には当然のことだから、取り立てて彼らがすごいというつもりは毛頭ないのだけど

それでも、エンターテイメントの世界は、その人がそこにいることで成り立つことが多い…特に代役のきかないレベルになるとね

コンサートや、主演ドラマや、24時間や、紅白など、そこの場に万全で立つ、文字通り、心身共に準備万端でその場に臨むということは、ただ忙しいという言葉では言い尽くせない大変さを、日常的に背負ってるんだなぁと、つらつら考えておりました

で、プライベートなことはほんとのことはわからないから、あんまりいろいろ書かないつもりなんだけど、小栗さんの結婚式に潤くんや斗真君が出席した件で、ニノが行かなかったというのが、結構印象深くて、本当の理由はあるだろうし、それがわかることもないだろうから、いろいろ思っても仕方ないというか、妄想でしかないんだけど

お正月までずっと、突っ走ってきて、最高潮を大晦日に持ってきて、名古屋がすぐあるとして

潤くんにとっては、小栗君の式が、楽しみであり、リフレッシュできるイベントだったのは、ライブのレポ見ても明らかなんだけど

ニノにとっては、ハレの場のような状況は、本当に仕事の場でしか必要としていないのかな…と思いました

ずっと家にいるといっていて、でもそれは、やっぱり仕事を万全にするための実はニノの注意深いやり方なのかもしれないって、病んだ身で考えてました

器用で、ささっとやれちゃうように見えて、潤くんみたいに正面切って、ちゃんとやれよなんて、ロケ中にも釣り入れちゃう大ちゃんに言うみたいには言わないけど、
友達あんましいないのよ、みたいなこと言って見たりするけれど…でも、そんなことないはず

ニノって、自分がこの仕事をやるためには、やれる幸せのためには、多くを望まないよっておもってるんじゃないのかなぁって思いました
それを当然だと思ってやっていて、そして絶対に人に押しつけないのかも…

ニノも、違う意味で、でも同じくらいストイックなのかもしれない

全然違ってるかもしんないけど、お正月疲れでこんなことになっちゃった私はこんなこと考えてました



無事、名古屋終わって何より…
潤くん、ほんと、楽しそうだったし

次は会えるかな

会いたいな


LAST HOPE主題歌 「Calling」

嵐の新曲が決まったようですね

まだ、予約してないけど、開始されたのかな?

CDは、CD屋さんで予約するつもりだけど、いつもドキドキです

今日は、夕方、アラフェスDVDの感想書いてたら、消えた…(涙)

リトライする元気もなく、こういうニュースみたいなの書いたことないのに、書いてしまった(苦笑)

来週ドラマが始まれば、聴けるのかな?

踊ってくれる曲だと嬉しいな

発売は3月6日だそうです

嵐にしやがれ お正月SP

なかなか見返せなかったしやがれSP
リアタイでつけてたんだけど、見れてなくて…

潤くん、寒そうだったね
それがちょっと、カチンときてた(笑)
あんな、寒そうな状態でカメラまわさなくていいんじゃない?
カラダが資本だよ~

潤くんと上島さんのchuも、潤くんは納得ずくみたいだったけど、嵐みんなテンション低かった気がする

智子ちゃんかわいかったし、ニノも頑張ってたし
特に、翔くんの前向きさ、やっぱり好きだなぁ
自分に降りかかってくることに関しては、翔くんはポジティブだから、偉いなぁって思う
結構体力的にハードだよね  あれ
でも、最後までテンション下げずにやるなんて、すごいよ

相葉さんの件は、言いたくない
あぁいうのが楽しい人がいるから仕方ないのかな…

日テレさんは、進め…が、苦手で見たことがあまりなかった
ここの番組は、プロデューサーさんが、芸人さんやタレントに無茶な要求をし続けるイメージが強くて、そして、やらせのイメージがあって、それがずっと苦手だった
芸人さんの言う、オイシイっていうニュアンスが、どうもなじめない


だから、このしやがれも、書かなきゃいいんだけど

重大発表

2013年の24時間テレビのメインパーソナリティに嵐さん決定

がんばってほしい

それしか言えないよ

そして、楽しむつもりだよ、私



紅白も、24時間も、ファンじゃない人は、また?って思ったかもしれないし、ファンもいろんなこと感じる人いっぱいいると思うけど
結局嵐さんで、数字が取れた、ビジネスになったってことだよね

それは、この国民総出みたいな番組でできたってことはすごいことなんだと思う

やることで失うこと、やれなくなること、あると思うけど
そして、そもそも、日テレの何かを背負う感じのある、記念の年の24時間テレビそのものに、複雑な想いもないとは言えないけど

ライブを1日でも多くやってほしいし…アラフェスも決まってるし…演技のお仕事もしてほしいけど

嵐さんなら、受け入れてるだけではなくて、ひとつづつ、自分たちの意志を通していって、自分たちにしかできない、自分たちがやりたいことを、反映させていくんじゃないのかな

紅白も、2012年は、司会だけでなく、ステージもちゃんと、自分たちの見せたいステージ作ってきてた
ラッキーセブンも、SPは、より魅力的に演じられてた

そんなふうに、24時間も、自分たちの想いをこれまで以上に、きっちり反映させてくるんじゃないかな
そうやって、今までも高みを目指してきたんだから

マッチさんへの質問、私の世代は、郷さんや、マッチさんの絶頂期を知ってるから、今その位置にいる嵐さんがどうなっていくのかなぁって、何となく考える
すごかったからね、あの時代
情報が分散してないから、老若男女、みんなが知ってるアイドルだったから


だから、こういう、大きな番組を2年続けて担うことは、実は、今しかできないこと、まれにみるすごいことなのかもしれないって、思いました

国民的な…といわれる嵐

だけど、すっごくクールなかっこいい嵐

そしてグダグダな、内向きな嵐

その振れ幅の広さこそ嵐だとしたら、いろんなチャンスをつかんで行く彼らを、ファンも、面白がりながら見ていけばいいのかもしれない

…現状維持って、これだとしたら、すごすぎるよ(笑)

 がんばれ~
























やっぱり、こうでなくっちゃ!!    @ラッキーセブンSP

楽しみに、楽しみにしてたラッキーセブンSP

面白かった~

もちろん、潤くんの信じられないほどの美しさ、それだけで幸せ(笑)

そして、潤くんが魅力的な主役、駿太郎で存在し、事件の中心にいた

きちんと事件の背景が最初にさりげなくちりばめられ、伏線も張られ、最後まで展開が用意されていて、スピード感が失われなかった
淳平、瞳子さん、筑紫さん、だれもが、事件の鍵を握っていた

…つまり、脚本がよかった
深刻過ぎない群像劇的な探偵もの、だからといって、予定調和的でありすぎないところが、SPにちょうどいい感じがしました

さとみちゃんの悪女すぎないところが、意外だったんだけど、駿太郎の女遊びのレベルと合っててちょうどよかったのかな
むしろ、悪女に徹しきれないさとみちゃんの揺れる行動が、2人の男の思惑を彼女が予期しない方向に動かしていくという展開だったんですね

今回は、新田と駿太郎の絡みや、対立、現場での行動がしっかり描かれていて、キャラの対比がされていたから、見ていて楽しかった
あの、ゲイのカップルのシーン、ホント、可笑しいね!
潤くんの女の人に負けない美しさと、肩幅の広さと腕の筋肉と、声が、リアルすぎる~
これ、見せていいのか…(笑)

小さくまとまりきらない熱い駿太郎像と、熱い部分を見せないクールな新田がいい対比で描かれていたと思います
シリーズの時は、この辺がかぶったり、ぶれたり、片方が欠けたり(!)して居心地悪かったんだけど

瑛太が、シリーズの時同様に素晴らしくても、潤くんが駿太郎をそれ以上に魅力的な存在に演じていたと思います

正義感が強くて、熱くて、女好きで、ちょっと単純で、まっすぐで、だけど、土壇場の突破力が半端ない、人を引き付ける魅力に溢れる駿太郎
主役が、そうでなくては、まわりも輝かない
潤くん、この役、大事に作り上げていたんだね…潤くんらしいよ、すごいよ


ブログの最初が、ラッキーセブンの感想で、とにかく期待して期待して、いろんな疑問を投げかけながらだったシリーズ放映時の私でした

そのとき、ちょっと残念だなぁって思ってたことが、ウソみたいに感じられなくなってた


潤くん、すごいよ
中心にいる人は、まず受け入れるところから始まると、初めての司会をしたとき学んだと以前言っていたね

潤くんだって、いろんなことを思っていたはず
むしろ私たちが気づかない葛藤だってあったでしょう

だけど、私たちも思っていた通り、ラッキーセブンには、キャストや物語に、溢れんばかりの魅力と可能性があったものね
潤くんは、その部分の大切さをはじめから信じてたし、わかってたんだよね

そしてそれをお正月SPとして、私たちに飛び切りのものとして魅せてくれた


潤くん、最高!

新年早々、ますます、大好きになったよ


…次は、いつ、どんな形で駿太郎に会えるのかな、楽しみ!



























こうでなくっちゃ!     @紅白歌合戦

というわけで、ずいぶん経ちますが、紅白歌合戦

今回、とってもよかった 
とにかく、あのめちゃくちゃポップなワイハと、クールなFACEDOWNを、しっかり魅せてくれて、嬉しかった
初出場の時の、これが嵐だよ、観て!…って気持ち、再びって感じだった

今回、紅白自体が、とても見ごたえがあって、それが一番大事な気がしました
韓流の方が出ないからなのか、AKB、ジャニーズ、EXIL関連の出演者が多いのかなぁと思わなくもなかったけど、ももクロさんや、ミーシャさんや…夜桜お七や、天城越えなど、楽しめる紅白だったと思います

そして、圧巻は美輪さんでした、ワタシ的には…
あの歌を聴いてるだけで、一つの舞台をみているようだった

嵐さんの素晴らしいパフォーマンスの余韻が、もう少し残ってもらいたかったのも本音だけど(苦笑)

でも、司会がどうというより、司会として携わった番組にどれだけ見ごたえがあったかということが、大切だと思うから、今回の紅白、良かったんじゃないのかなぁ



昨年は、ワクワク、24時間があって、紅白の司会が決まって、明日に架ける旅…もちろんライブがメインだけど、

何だか国民的な良識の代表みたいになってて、嬉しいんだけど、窮屈な感じもなくはなかった…贅沢だね


だからこそ、人間的に魅力的な、仲のいい嵐の司会  だけでなく

すっごくかっこよくて、クールな、歌って踊る嵐のステージを、これぞ嵐っていうパフォーマンスを観たかった

みんなに観せたかった

それが観られて、幸せな、胸キュンな大晦日でした



最高のステージをありがとう!

そして、白組勝利、おめでとう!






















新年

遅ればせながら

あけましておめでとうございます

それにしても、嵐さんに彩られたお正月でしたね~

なのに息子たちが帰ってきてると、何だかゆっくり見れなくて、年の初めから、はや乗り遅れ状態

何だかパソコンにも向かう気になれないうちに…その暇もなかったけど…はや、5日

なにつぶやいていいか、もはやわからなくなってる私(苦笑)

とにかく、紅白に感動して、とても幸せな大晦日でした

いろいろ書きたいけど、重くなりそうなので、こんなに時がたってるのに、また、次回にしよう


今年も、かなりマイペースなアラシゴトになりそうな予感

無理せず、追いかけていこう


今年もよろしくお願いします


…それにしても、駿太郎、最強のビジュアルだったね!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。