arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月
      

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

やっぱり最高!   @2012ベストアーティスト

楽しみにしてたベスア

いろいろ想いはありますが、やっぱり、潤くん、そして嵐最高!

オープニングのtrouble maker、いや、ほんと、潤くんの美しいこと!

衣装も、ビジュアルも、ワタシは、非常に好きです

翔さんも、セクシーじゃない?ちょっとラフに地味色のスーツを着崩してて、とってもいい感じだと思ったけど…

潤くん、顔がほっそりして、輝いてたわ、ホントに!

そして、ラストの、ワイハ

ちょっと不思議色の衣装ではありましたが、似合っていたし、潤くんが、キラキラだった(笑)

ビジュアル、最高じゃないですか?

ワイハはいいわ~

いつ聴いても、気分が上がるし、潤くんがめちゃくちゃかっこいいい←しつこい

というわけで、最初と最後を激リピ中!

何度も言いますが、潤くん、嵐最高!



以下、たたみます











スポンサーサイト

行ってきました …  

気持ちよく晴れた連休最終日

行ってきました、鎌倉、円覚寺

ダンナ様と、誘ったら娘もやってきたので3人での遠足

少し前から行こうかって話をしてたのですが、ちょうど会報が来てしまい、逆に言い出しにくくなったという…(笑)

嵐ロケ地めぐりのようなものが、実はちょっぴり苦手で…単に意欲が足りないのだと思いますが、やっぱり娘しか相手がいないから、そんなにしゃかりきになるわけにいかず、いえ、これは言いわけです…まさか、たまのロケ地めぐりのようなものが、ダンナ同伴となるとは…(苦笑)


で、とってもいい気持ちでした

紅葉には、まだちょっと早い感じだったし、人も多くてびっくりでしたが、北鎌倉の秋らしい空気が心地よかった

ダンナに呆れられながらも、写真を撮ってもらい、娘とおしゃべりして…

ゆったりした休日を満喫




潤くんも、この景色見たんだなぁ


ただそれだけで、ちょっと、嬉しい

そんな一日でした



そんな私につきあってくれる家族にも感謝

非常に優しい… 

嵐にハマり始めたとき、もちろん、潤くんが好きで、嵐のこと段々わかってきたんだけど

最初は、大野智君のこと、ほんと知らなかった

何となく、自分の中の距離感を、5人で測ってみると、一番遠い感じがしてた
そして、自分から遠い感じというのは、実は今も変わってないのだけど

だけど、こんなに、魅力的な人だったんだって、思わされることの連続です

知らなかったり、イメージがなかったおかげか、大野君のすべてが新鮮で、面白くて、ブログでも、もしかしたら一番書いてるかもしれない(笑)  

大ちゃんは、優しい

そして、踊りがしなやかで、透き通るような声を持っている
絵がうまくて
何かに夢中になると、そればっかりやってる  by大野(笑)

だけど、誰かより…じゃないんだよね
自分の中の理想のカタチにむかって、なんだよね
そして、やりとげる
そして、人には求めない

そして、大ちゃんは、みんなを見守ってる、何でも受け入れるリーダー…  確かにそうなんだけど

だけど
自由   なんだよね
リーダーなんだけど、一番お兄さんなんだけど、やっぱり一番自由に見える

自分の中に、軸を持ってる人は、自信があるとか、ないとか、そんなこと以前に、いろんなものから自由だなぁ
    …そこが、私から、一番遠い理由なんだ

そんな大ちゃんが大好きだし、すごいなぁってあらためて思います

こんな魅力的な人が、嵐のリーダーであることの幸運に感謝!

大ちゃんが振付けたpopcornを見れないのが、悲しいけど…


happy birthday !

これからも、嵐を、潤くんをよろしく

素晴らしい32歳になりますように





















道明寺に救ってもらいます  byつくし  @嵐シェアハウス

潤くんのいない嵐ちゃん  

でも、ゲストが真央ちゃんなので、楽しみにしてました

真央ちゃんの嵐さんの印象というか、関わり方が、5人に対する私のイメージと重なってたので、興味深かったです

翔くんの、誰に対しても誠実で態度を変えないし、距離感も変えずに接する感じ
これは、人によっては、壁みたいなもの感じるよね
あんなに仕事をしている真央ちゃんでさえも、打ち解けた感じにはならないんだね~

相葉さんは、ニノはああ言ったけど、初対面だったり、大先輩だったり、女性だったり?(は、ないかな)わりと、黙ってしまう感じあるよね
潤くんや、ニノと仲がいいと思うと逆に引いて接する相葉さん、想像できるよ

大ちゃんは、自然体

ニノは、多分仕事をする相手である限り、妹だったり、友達だったり、そんなモードにすぐなることができて、相手が居心地悪くないように、気を遣うんだね

潤くんに関する限りは、真央ちゃんは特別だから、よくわからない(笑)
花男チームは、やっぱり特別な感じがするもの

それにしても、潤くん出てないのに、潤くんを感じるシェアハウスだったね(笑)

紅白の着物見ただけで、気分が花男だものね

小栗さんの家でも、きっと潤くんと会うことも多いんだろうなって、みんなが思ったはず
だって、優ちゃんの家っていうならともかく、小栗家というんだから、そこに共通の友人がいなきゃおかしいし、それが潤くん以外とは考えにくいよね

最後のシーンは、花男ファンへのサービスでしょうか(笑)
TBSさんだからこその、提案ありだったのか…

でも、ふつーに考えたら、女性のゲストが、誰かの部屋に入っていくって、なかなか考えられないよね!

恐るべし、道明寺とつくしの説得力だわ(笑)

私は、真央ちゃん大好きなので、潤くんと真央ちゃんがほんとに、お付き合いがあっても、とてもうれしいんだけど、これを見たら、やっぱり、いい仲間なのかなぁ~って思いました

ほんとに何かあったら、できないかなって…

  ちょっと残念(笑)




なんだか、とっても下世話な内容になってしまった、ゴメンナサイ





赤が似合う潤くん  @斗真VS嵐

潤くんが可愛くて美しい…こればっかりの、最近のレギュラー

フォーリングパイプの時の

「完敗だな、こりゃ完敗だ」  も、キュン

最後の

「2発も当てたよ」  も、あまりの可愛さに(*^_^*)

斗真が出る、楽しみにしてたVS嵐

最初っから、

「ジャニーズみたいだね」  ってからんでる二人を見ると気分が上がったわ

翔くんをネタにする斗真

私は、詳しいことわかんないけど、潤くんにはできないことも、斗真にはできるんだね
きっと、普段は潤くんも同じくらい優しくされてると思ってるけど、私は…

今回は、静かな翔潤があったのだけど、コロコロバイキングは、全く触れられもしなかったね(笑)

ピンボールランナーも2人っきりなのに、絡まないしで微笑むだけ

でも、ほんと、ちょっと痩せた潤くん、ちょっとおっきめな赤いカーディガンが似合ってました

いつも思うけど、潤くん、ドヤ顔できないんだね

…可愛い












ダブルの虹    @会報

私にとっては、とっても嬉しいことに、アラフェスの香りいっぱいの会報

写真見ても、嵐さんの話を読んでも、あの日が思い出されて、ちょっと泣きたくなる

まだ、あの想い出に浸っててもいいよって言われた気がして…



もう、雑誌でも話されてたり、私も感想、散々書いたけど、あらためて、あの場に来るまで予想もしてなかったけど

1曲、1曲始まるたびに何とも言えないどよめきだったり、悲鳴だったり、それも含めてのライブなんだなぁということを、嵐も、ファンも、同じように感じていたんだって、思いました

love situation 

やっぱり、嵐さんたちもびっくりの反響だったんだね

高揚感  としか言いようがなかった、あの瞬間

そして、時計じかけ…や、eyes with delightとか、みんなが特別に盛り上がった瞬間に彼らも言及してて、やっぱりおんなじなんだなと

DVD早く観たいな~

相葉さんのハプニングは、目の前で起きたので、こちらは結構ショックだったんだよ(笑)
どんどん、センターに行っちゃうんだもん
あれが、潤くんだったら、泣いてるよ、ワタシ
あれは、1日目のうまくいったところが採用されるのかな


会報では、大野さんの写真が素敵でした

なんだかわからないけど、はっとする

何となく撮ってるんじゃなくて、これ撮ろう、こう撮ろう、と思って撮ってる感じ

どっかで見た…じゃない感じかなぁ

で、なんか、大ちゃんらしい感じがする
景色なのにデフォルメされてる感じっていうか、うまく言えないけど…


そして、ニノのダブルの虹

優しいね

今年はアラフェスとpopcornのダブルの虹を嵐は見せてくれたんだよね

私は、外側の、ちょっとぼやけてる虹を見たんだ

実際にはちゃんと見えて、すごく盛り上がったんだよね

ニノ、ありがとう!














潤くんと瑛太  @ラッキーセブン

ラッキーセブンの情報が、雑誌にちらほら掲載されていますね

駿太郎のビジュアルは、いつも、やっぱり素晴らしいのですが

瑛太とのハダカの2ショットが!

これ、文字にすると何だか…(笑)


いつも思うんだけど、瑛太って、いろいろな役をされてるから、一言では言えないけど、そんなにワイルドな印象ではないよね
寡黙だったり、中性的だったり、可愛かったり
むしろ、潤くんの一般的なイメージには、多少ワイルドがある気がする

でもなぜか、ラッキーセブンでは、男性的な瑛太と、ちょっとかわいい潤くんなんだね




実は、以前、not arashigotoで書いたのですが、野田さんのエッグを見に行った時に、瑛太さんも観劇されてました(そこでは、名前は伏せてましたが、もういいよね)

その日は、朝のWSで、ラッキーセブンの情報と映像が流れた日だったので、瑛太さんをほぼ正面で拝見し、そばを通られたとき、ホントにドキドキしました
この会場で、朝のWSに注目した人は、そういないと思ったから、ほんとに、頑張って下さいって言いたいくらいでした(笑)

瑛太さんは、静かで、寡黙なイメージのままで、細くて美しかったです

その日が、しやがれの収録と知らなかったら、隣はもしかしたらなんて探したかもね

でも、とても、潤くんを感じました(笑)


2人の2ショット写真を見て、ちょっと思い出しちゃいました


ラッキーセブン、いつ放映なのかな

楽しみ!






松本さん、あなた宇宙人ですよ  @しやがれ

私事ですが、風邪にやられました

嵐さん、気を付けて~

というわけで、遅ればせながら、噂話しやがれ

これ、始まったとき、!、面白いのかこの企画…  と思いましたが、潤くんのビジュアルの良さもあり…リアクションの表情がいちいちかっこよくて今最高じゃない?…、まぁ楽しみました←上からですみません


島田さんのパートは、潤くんの「それ何%」の、天然さが妙におかしかった
島田さんのいらいらに、全く無頓着だもんね
気遣いと、あのSっぷりが、潤くんの面白いとこなんだよね、本人は気づいてるのかな(笑)

スパイ話は、5人のキャラをうまく絡めてあって、面白かったです

ニノは、DaiGoさんの時も思ったけど、意外とわかりやすい可愛い人なんだと思う
リアクションも面白かったし、可愛かった

潤くんが、なぜだか残念ですってとこ、ほんとそうだよね(笑)
別になりたいわけじゃないのに、不合格って、おまけに

櫻井さんが、スパイマスターだとすると「理想にかられて」「勝手な行動をする」(爆)

…こりゃ残念だわ、確かに(笑)

大ちゃんがスパイに向いてるか…
これは、担当ではないのでよくわかりません
人一倍素直なところがありそうだから、向いてないかも…いや、実はしたたかなのかな?
…教えてください(笑)

翔さんは、潤くんほど情で動くとは思えないし、正義感がありそうだから、スパイ行為が自国の利益になると信じてる限りかなり冷酷になれそうな気がするけど、すごーく親密になることでしか得られない秘密を探ることは、ちょっと苦手そうな気がする

相葉さんも、担当ではないので、もしかしたらありなのかもしれないけど、私の見た感じでは、スパイ行為自体が面倒くさいのではないでしょうか?
何かの目的で人に近づくなんて、シャイな相葉さんには私は無理だと思います

そして、宇宙人

これは、有名な話なんですね

潤くんがあまりに素敵なビジュアルで話してくれて、満足…えへへ

これ、「愛を伝えに来た宇宙人」だったらしいですね

なんか、潤くんがどこまで信じているのかわからないですが、もしかしたら、心のどこかで時々思い出してることかもしれませんね

だって、現実に、愛を伝えているのですから

こんなに、愛に満ち溢れた…与えることも、与えられることも…人生を生きてる人って、そういないよね

きっとこれからは、また違う愛も知っていくんでしょうね、潤くんは…


というわけで、潤くんがとっても素敵だったしやがれでした!





ひとりごと

京セラ、無事終わったみたいですね

ライブ行く前のネタバレはNGなタチなので、行く予定がなくても、何だか知るのに抵抗あって…バカだね

でも、結局は、ちょこちょこ目にしちゃいました

セトリもやっぱり知りたいもんね

オープニングが、up to you  からの、welcome to our party

そして、大ちゃん振付のスーパーフレッシュ

などなど、興味のつきないライブで、潤くんが、とてもとても楽しそうだったとか

ヨカッタヨカッタ



チケットに関する嵐からのメッセージも直前にあり

会場には、親子連れや、子供の姿も思いのほか多いのではというレポもあり

考えるでもなく、考えてました

で、思ったことが確かにあります

でも、今はチケットについて、その他についてはいろんなこという気になれない

ただ、オークション等については、私はあまり自分に身近に考えたことがなかったのだけど、嵐が、悲しまないように、一人一人が行動するしかない、そうしてほしい





何だかわからないけど、ライブに行けないことが悲しいというよりも…いや、それは間違いないんだけど、ほんとにうまく言えないんだけど

小さなTV誌の記事や、WSや、CMをすごっく真剣に追っかけているのに、今のトピックである、70万人超のコンサートには関われないということが、自分の中で何だか、すごくアンバランスで、単純に、その事実が自分の中でうまくいかないここ数日の私です

ちょっと、抜けた感じに、嵐と向き合えってことなのかなぁ  と思ったり、
ブログに、書くことあるんだろうか…と思ったり

そのせいか、違うこと、ちょっとやってみたり、

…あんまり振り回されずに、付き合えってことなのねと思ってみたり

…それじゃ、つまんないじゃんと思う私もいたり

   恋愛か  バカみたい(苦笑)


と、まぁ、こんな感じながらも、しやがれもリピートしてるし、CUTもちゃんと、手元にあります

それについて、書きたいとも思ってる

でも、ちょっとだけ、今の気分をつぶやかずにはいられませんでした

自分でも戸惑ってるんだよね、何なんだろ…



誤解のないように書きますが、行ける人はめちゃくちゃ弾けちゃってくださいね!!

そのうち、ワタシも、レポ読み込んで、追体験するつもりですから!


































しなやかな踊り    @嵐ちゃん

最初の二人のトークで、シェアハウスはおなか一杯だったのだけど(笑)

大ちゃんが、今回振付という立ち位置で作ったツアー

この話を、聞くだけで、ほんとに、その場にいたくなる

「嵐にしかできない」

大ちゃんがそう言っただけで、知りたくて、観たくてたまらなくなるんだよ~

今まで、潤くんが、コンサート番長と言われ、いろいろ言われたりもしたけど、2人が意見を交わしながら、進めてきたコンサート

そりゃ、期待が高まるでしょ


そして、後半のラストミッション

大ちゃんの「自分の好きなところ」

山の、とくに翔くんの愛に、脱帽(笑)

だって、10個くらいすぐ言えるよね、翔くんなら

いっぱい助け舟だしてたもんね

それにしても、踊りがしなやか、透き通るような声…いいんだよ~、そんなことないなんて、謙遜するのは似合わない

だって、自分以上に見せることなんて、できないことをできるって言うことなんて、全くない人だもん


恥ずかしがって、俺って馬鹿かって思ってる大ちゃん、チャーミングだった


そして、ローソク吹き消した大ちゃんを、ほんとにこの人凄い、って思って見てる翔ちゃんが、ツボでした(笑)



そろそろ、パーティが始まったようです


   Enjoy!





嵐からの贈り物   

アラフェスのDVDの発売が決まりましたね

すぐに、popcornツアーが始まるので、万一発売されなかったらどうしようと、心のどこかで不安だった

こんなに早く出してくれるのは、もしかしたら、ライブ初日を迎えて、みんなが盛り上がってる中、ちょ~っとだけ溜息ついてる、ダメダメな誰かみたいなファンに、気を使ってくれたのかな(笑)

2日間をうまく編集してくれるらしいですから、私が参加したあの空気感も、収められているよね

ラブシチュエーション、シェケ、時計仕掛けのアンブレラ、ギミックゲーム、キスから…、スケッチ…

楽しみだなぁ、良かった、ほんとにDVD決まって…

今までも、発売されてないコンサートがあるけど、あれって、もう望みないのかなぁ

ぜひぜひ、再考をお願いいします!


ちょうどクリスマスだね

この発表と、発売のタイミング、嵐さんの意志が反映されてるって思っていいですか?


    ありがとう!


そして、


    popcornツアー初日、おめでとう!
    
    


内弁慶な嵐   @しやがれ

村尾さんを迎えてのしやがれ

zeroで話されていた通り、終始穏やかに、楽しそうに話されていた村尾さん

翔くんが、もっと緊張してるのかなと思っていたけど、ちゃんと自分のフィールドで仕事していたよね
むしろ、他の4人のほうがおとなしかったかしら?

それにしても、スーツの潤くん、かっこいいなぁ

ちょっと変わったアクセントのあるスーツのようだったけど、痩せてるんだけど、がっちりした肩幅とくびれたウエストが、ほんとに上品で、セクシーだわ

翔くんの「パパは本を読む」、そのあとの嵐さんの「ずるいよ~」がどっちも可愛い

でも、一番印象的だったのは、村尾さんと潤くんのミニミニ対談です

まず、なぜだか翔くんがとても嬉しそうに見えたのと
「櫻井君がお世話になっています」との言葉に、キュン(笑)

そして、あらためて、潤くんの魅力と、なぜ村尾さんが潤くんを指名したのか、わかったような気がしました


村尾さんの言うように、潤くんはとても礼儀正しく、いつもそうだけど、ゲストだったり、出演者に対して尊敬と興味とが表れていて、好感が持てるのだけど

それだけじゃないんだなぁって

最後に村尾さんに改善点を求められたとき

ちゃんと、自分が感じたことを話したでしょう?

あれが、すごく良かった

意見がどうこうではなく…あの意見は私はすごく良いと思いました、村尾さんも何か感じたと思います…それ以上に、それまでの話を、ちゃんと自分のフィルターを通して聴いていたということがわかったし、それに対して率直な感想をストレートに、遠慮せず話していてとてもよかった

きっと潤くんは、いろんな先輩や、監督や、プロの方と話すときに、ただ、リスペクトして聴くだけでなく、きっと、質問や意見を求められたときに、お世辞や社交辞令ではなく、ちゃんと意見を言っているんだなぁってことが想像できたし、だから、いろんな人に可愛がられるんだと思いました

村尾さんにも、画面を通してなのか、翔くんの話からなのか、潤くんのあの率直な、好奇心が強い感じが伝わっていたのでしょうね

やっぱり潤くんのこと好きだなぁって思いました…えへへ

そして

内弁慶な嵐だけど、やっぱり、ひとりひとりは、ちゃんと外に向かって攻めている

そこが、嵐の魅力だと思います





ところで、前のカニクリームコロッケのブログを書いた後、他の方のブログで知ったのですが、潤くんは以前からカニクリームコロッケ推しだったのですね!
だとしたら、全然印象が変わりました(笑)

カニクリームコロッケが好きで、それを作ってくれる女の子をいいなって思うだけなのね、あんましいないことはわかってて、夢見てるわけか…
彼女に求めるというより、作ってくれたら嬉しいんだね~  可愛い←勝手だ(笑)

そのうち作ってみよ~っと


























カニクリームコロッケ…  @嵐ちゃん

VS叫んで、ちょっと抜けちゃってた嵐ちゃん

いつにも増して、マイブームな末ズのシェアハウス、ビジュアルもばっちり!

待ち疲れてたのかなぁ、より、だら~っとした雰囲気だったような…

CHARAさんが、もともとそういうテンションなんだね(笑)

リスペクトしてる相手に、懐に入り込んでいくニノと、あくまで、その姿勢を忘れない潤くんの対比が、そのテンションでも、見えました

年上の女性との会話は、とても自然体な感じがしていいんじゃない?
あれだけ2人ががっつり食べてくれるって、嬉しいよね

…カニクリームコロッケを作ってくれる女の子…

これ、どんな女の子か、全然想像できないんですけど(笑)

独身で、さっと、これ作るって、あるかなぁ…

私、カニクリームコロッケはここ10年は、作ってないわ、めんどくさいもん(苦笑)ポテトコロッケも、手間はかかるけど、カニクリームコロッケに比べれば、リスクが少ないんだ、ワタシ的には…

でも、多分、息子が食べたいといえば作るだろうし、潤くんにだったらそりゃ作りますってことか…

ま、ほぼ全員の潤くんファンが、メンドクサイと叫んだでしょう

こういうとこ見ると、潤くんより、なんにもできない翔さんのほうが、意外とちょっとのことで喜んでくれそうで、女子としてはいいかもね
潤くんは、ハードル上げてくる感じだわ、本人に自覚はないだろうけど

一貫してハンバーグ推しのニノが、ホント可愛い



奴姉さんとのセッションの時、パーカッションで参加のニノと、とにかくCHARAさんの演奏に期待し、感動してる潤くん

そんなところにも二人の違いが出ていて面白かった

ここのところ、ZOOMの記事について書こうとしてて、嵐と音楽との関係を考えていたので、なるほどね~という姿でした

オトナは…は、相変わらずのビジュアルの二人、ニノもキュートだったぁ

潤子さんも、あまりにも普通に美しく、怖いくらい(笑)


満足!




ただ、CHARAさんに、いきなり料理を全部お任せするのと、モノマネの伴奏をさせるのは、個人的にはちょっとひっかかりました、以上

    







ポップを探す旅  @TVぴあ

思ってたより、頑張れてた、最近のアラシゴト

popcornも楽しんでるし、雑誌だって読んでる

TVぴあ、翔くんが語ってくれてる内容が興味深かった

「popなアルバムを作ろうと掲げたものの、曲を集めていく中で各々が思う“pop”って結構違うんだと分かり…」


そうだよね~
私も、popなアルバムといわれて、どんな感じを思ってたのかなぁって考えてたもん

10周年で弾けた後、ちょっと落ち着いたオリジナルアルバムを出し、そのあとも、時勢の影響もあってか、要求もあってか、メッセージ性を感じさせる前作を踏まえ、節目の時期ではない今だからやれる、とにかく楽しいもの

私は、明るくて、ちょっとおしゃれな感じをイメージしてたかな
welcome to our partyや、翔くんのソロや、駆け抜けろ、みたいな感じかなぁ
ワイハもpopだとすごく思う

多分、みんないろいろだったんだね
シングルや、タイアップ曲を含めてアルバムにするのは結構大変かなとは思いました
どうしても、トータルなイメージにはならないもんね
2,3,4曲目がタイアップ系だったのは、正直驚きました
新しい曲で攻めてくると思ってたから…
でも、あの3曲はすごくpopだと私は思うし、あそこの流れは上がるね、気持ちが

アルバムのための曲は、ノリのいい、タオル振り回して乗れる感じの曲が多い感じがしました
この感じが、嵐の今回のpopのイメージだったのかな

でも、嵐の歌である限り、メッセージ性のない楽曲はありえないのかな(笑)
ほんと、楽しいだけじゃなく、元気くれるメッセージソングになってるねぇ
もっとハチャメチャもありだと外野は無責任に思いました
潤くんの歌詞は、かなりのものらしいですが(笑)

なんか、私のくっだらない感想を書き連ねちゃったけど…ここまで飛ばしてください…あたしが書きたかったのは


「今回は大野がいっぱい振付してるからさ、松本と大野が話し合って進んでいくというリハ!すごい新鮮だよ(笑)」

そして、

TVガイドで、最近グッとくるエピソードを、潤くんが、「大野さんがいつも以上にすごく頑張っていること。普段あんまり連絡取り合わないのにメールで…聞いてきてくれる」と言っていて

これ読んで、ホント、

popcorn参加したい     って思った



きっと今、潤くんがメンバーを信頼して、いろんなプラン立てて、嵐すごいよって、改めて思って、大ちゃんも潤くんに意見して、翔くんがすっごく気を配ってて、ニノは、いつもどおり、へらへらしながらも絶対手なんか抜かないで、すっごい本気で末ズの底力見せてくれて、相葉さんがめっちゃ明るくダメだしされてるんだ


なんで、行けないのかな

VS嵐のオープニングトークもちょっとつらかった

結構受け入れてたのにな

大ちゃんと潤くんの本気のステージ、観たかったな


















とにかく、かっこいいんですけど…  @千葉VS嵐

黒で決めた嵐&さとみちゃん

潤くんがかっこよすぎて、何だかさとみちゃんとお似合いで、せつない

TV誌の駿太郎が、ホント素敵で、二人の抱擁シーンは久々の胸キュンシーン!

ちょっと道明寺を思い出したわ

そんな絶好調のビジュアルの潤くんのVS嵐

飛ばしすぎの相葉さんと、冴えてる末ズ

最近潤くんのコメントというか、言葉が、ちょっといいんじゃない?

結構、ピリッと効いてる気がする←贔屓目(笑)

いろいろあったけど、

「オッケー、やってみよー!」   …最高(笑)

とにかく、めっちゃ笑ってる潤くんが、可愛くて、かっこよくて幸せ


そして、やっぱり末ズかなぁ

好きだなぁ、あの二人が何かに向かう感じ…ほんとワクワクする

キッキングスナイパー、最高だったよ~

ニノ、真剣!(笑)

あ~楽しかった







これがメンタリズムです  by翔潤  @しやがれ

DaiGoさんには、ちょっと興味ありました

以前wsかなにかでとても知的好奇心の強い人だと知りましたが、何より、ちょっとドキドキするよね

何回か見た中で、失敗した場面も見たことがあり、だからこそ、ホントな感じがして面白いなと思ってました



潤くん、痩せてるねぇ
ドラマや、ライブ準備で大変なのかなぁ  充実してるんだね

最近、コンビネタが市民権を得てきたのか、雑誌にしても、番組でも多いね
嵐さんも、少し意識してるのかな
意識して出されたものは、そりゃ、面白いけど、オタクはなんでもなさそうな会話や表情や態度を深読みするところに、喜びを感じてるんですが(苦笑)

DaiGoさんから見ると、泣き虫コンビのシンクロ度は、わ、仲いいね!って感じなんだろうけど、結局無意識の行動がすでに、仲がいいことを表し、そういう無意識な5人の行動やしぐさが、ファンを癒してるってことね  なんのこっちゃ(笑)


今回はっとしたのは、最初に一番わかりやすかったのが、ニノだったってこと

ニノは、すごく人のこと観察していて、たぶん学問的にでなく経験から、表情でその人の感情などを無意識に読み取ることが得意だと思っていたけど、…だから、逆に、自分も知らないうちにそれを学習しちゃって、やってしまってるのかも知れないなぁ、と思いました

潤くんが、何となく、負けないぞ、あやつられないよってがんばってて、でも興味もあるって感じが可愛かったです
でも、あやつられちゃったね(笑)

あの最初のおすすめの封筒を、潤くんが選ぶように仕向けられてるんだなぁとは思って見てたけど、そして、大ちゃんがどうやっても、あの左の封筒をとるように誘導されてるんだと思ったけど、でも、人って、100%そうは動かないと思うし、確率が高くても、あんな風にショーとして見せるって勇気あるなぁと思います

彼から見ると、5人の関係性や、好意のベクトルや、実は苦手な関係なんかがわかったりしてるのかなぁ

いつもDaiGoさんのパフォーマンス見るたび思うのは、彼女さんは、大変だなぁってこと(笑)
余計なお世話ですが…

最後、結局操られちゃった翔潤が、悔し紛れにDaiGoさんの見せ場の

「これが、メンタリズムです」

をとっちゃったとこが大人げなくて可愛かったね
翔くんが付き合ってくれた感じでしたが…(笑)


…なんかこの文章、いつにもましてわかりにくいなぁ…



そして、次週のすごく萌えるスーツ姿の潤くん

潤くんの大好きな、キャスターの翔くんとの共演なわけか…

楽しみ!


















翔くん!(苦笑)     @嵐ちゃん

潤くんが出てない嵐ちゃん

翔さんが、面白かったのでちょっとだけ

先週の大ちゃん、松潤ネタをひきずる翔さん
完全に、大ちゃんのペースから抜けられない翔さんが、最後までツボでした

まず、出迎えに翔さんが行くってのが、他ではないと思う
だって、動かない翔さんという見立ては、絶対だと思うもん(笑)
大ちゃんが動かないから、やるしかない翔さん…レタスの洗い方!!
でも、大ちゃんに優しい翔さん

趣味が刺繍、に食いついたくせに、家庭科的なことに全く興味のない5教科プラス習い事で育った翔さん
私も裁縫苦手だから、気持ちはわかるけど、ほんと、ボタン付けなんていつの間にか誰かがやってくれるとおもってるんじゃないの(笑)?

そして、何だか、松潤エピを自分から投入してくるのもちょっとびっくり

優ちゃんというより潤くんと旬のお付き合いに、興味があるんじゃないかなぁって感じだったよね
素直になってよ、翔さん!

で、いつもながら、なんとなく、メンバーの結婚観や女性観や、そんなものが感じられるシェアハウスではありますが、山田さんが、ふつうにいい奥さん、ふつうにいい夫婦を醸し出されるので、逆に興味をそそられませんでした。
一応、花男の類だから、もうちょっと、え~、キュン、みたいなの期待してるのかなぁ、ワタシ…どーでもいいか(笑)

ま~、タイミングの話とか、子供の数とか、家訓とか、今、まわりのお友達ががそんなお年頃なんだなぁ、翔さんは、それについていろいろ思ってはいるんだなぁってことはわかりました

翔さん、亭主関白ではあるけど、そのわりには、すごくまめで行動的だし、何より優しいから、きっと、すごく、扱いやすいというと語弊があるけど、いい旦那様になると思います←何様だワタシ


で、じつは、また、翔さんのzero番外編録り損ねました(涙)
最近調子悪い、録画ゴト
ちょーっとだけ、招待状来なかった余波が、行動に出ちゃってるのかもしれない…気合の面で…

蜷川さんのバードも知らなくて、これについては、またいつか書きたくなるかも


zero始まり当初の翔さんに会いたかったな…











楽しいね!   ♪popcorn

聴きました、アルバム

すっごく可愛い嵐さんがいっぱいの、popcorn♪

大ちゃんが言うとおり、潤くんが可愛くて(笑)

通常盤、悩むなぁ…いつか、買っちゃいそうだ


というわけで、ざっと聴いた感想を…

popなアルバム、いろんなタイプのアルバムがある中で、今回はこれで行こうというコンセプトがはっきりしてて、楽しい!
そこは、すごく成功してると思いました

どの曲も粒ぞろいで、タイアップ曲もレベルが高いんだよね、当然だけど
今回、welcome…、駆け抜けろ、ワイハの流れが、タイアップ曲と思えないほどつながりに勢いがあって、popcornのコンセプトに合ってて、そこは、驚きました

証、駆け抜けろは嵐らしいほんとに素敵な曲


私が、今回いいなぁと思ったのは…タイアップ曲以外で…

We wanna funk,we need a funk

Fly on Friday  かな

たまたまですが、この、ソロ曲が、結構気に入ってます

大ちゃんのも、次くらいに好きかな

潤くんのソロ曲、めちゃくちゃかっこいいんですけど!
すごく気に入ってます …クールな感じでやってほしいなぁ、ステージ、行けないけど…
翔くんのも、メロディーがいいよね~、気分が上がる(笑)

そして意外と、旅が続くよ  がいいなぁと思ってます
私自身が、鍵盤の音がすごく好きで、アルバムのアクセントとしても、いい味出してると思います

ニノは、いつものせつないニノワールド
相葉さんのは、popcornそのままの、popな曲

全体的に、アルバムのための曲が、popに徹してる印象で、テンポよく、ノリノリなイメージの中に、潤くんのソロ、旅は…、証などが、いいアクセントになってるかなぁって思いました

最後に、Up to you

嵐らしい、立ち止まらないよ、一緒に行こうっていう曲で、お気に入りになりそう!



   さぁ、楽しむのも楽しまないも、私たち次第ってわけね

   そりゃ、楽しむにきまってるじゃない?

   











happy birthday arashi!

アルバムのこと、雑誌のこと、テレビのこと、いっぱい書こうとしてたけど

11月3日ですね(笑)


13周年おめでとう!

うちには、嵐のファーストシングル、あります

小学生だった娘が初めて買ったアイドルのCDです

ニノが好きだったんです、当時も、彼女は…

あれから13年、母がこんなに好きになるとは、だれが想像したでしょうか(笑)


あれから、アイドルを正面から追いかけることできないくらい娘も私も夢中で生きてきて、でも、やっぱり、気になってて、音楽番組録画して、やっぱり可愛いね…なんていって

でも、嵐の状況なんて、全然知らなかった

ちっともいいファンじゃなかったけど、でも、好きだったな、いつも

ちょっと自分に素直になったとき、最初に楽しみたくなったのが、大好きだった潤くんのドラマと、録画してた歌番組の嵐だった

録りためてたのを、初めて娘抜きで夢中で見直したっけ(笑)

そして、今、やっとしっかり向き合えてる

そんなファンもいるんです


これからもよろしく!

14年目も、期待してます


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。