arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ワクワク学校
CATEGORY ≫ ワクワク学校
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2次抽選  @ワクワク学校

復活当選とか、二次抽選とか、自分に起こるとは思わなかったけど、よく考えてみれば、普通に当選することさえもはや夢のようなことに感じられるアラシゴト…何なんだろうね、これって
hawaiiでさえ、落選があるという現実…そして、スポンサープレゼントは存在するという(!)

で、最終回のワクワク学校、真正面の天井席だったけど、アングルとしてはとても見やすい位置でした
前日のaikoが、前から数列目で、それでも、下から見上げる三階席の人の顔もしっかり見えるN○Kホールとの違いは笑っちゃうほどでしたが

行けないと思ってたので、レポもチラチラ読んでたけど、潤くんのお弁当の印象が強かったのか(笑)、実はあんまり知らなかったことが多くて、確かに、昨年までより緩い感じだったし
お弁当も、正直、この思い付きいったい何なの?って思ってたけど、単純に、お弁当を食べると和むっていうくらいの意味なんだなぁって感じた
そういうことが、実際そこにいないとわかんなくて   そのことが留守番組には地味、に堪えるんだよね

今回は、友情が主題だったからか、コミュニケーションをとろうよってメッセージをすごく感じました

いろいろなことに対して、結構だらだらと意見を言い合ったり、やってくれたりして、そりゃ楽しかった

お隣の人と肩を組むってのが、結構頻繁にあって、お隣が12,3歳の男の子だったんだけど、そのたびに私を見てにこっと肩をすくめるのがおかしいやら可愛いやらで、娘とずっとウケてた(笑)…終わってからも、娘は可愛いを連発だった

翔くんのファンだって言ってたな、その横のお母さんも…初めて来たって言ってて嬉しそうだった
最後のほうで、何かいろんなことにすっごく一生懸命拍手してたのが印象的だった

ワクワクについては、やってくれるのは嬉しい
そして、その男の子みたいにすっごく嬉しそうにお弁当食べてたり、そんなの見てるの、すっごく楽しいし、ほっこりする
それもこれも、参加できたからわかること

GUTSの瞬間の盛り上がりはすごくて、娘も、ここを最高に待ち望んでたけど、めっちゃ短かった~って言ってた(笑)

その場にいられたから、ああこんななんだって言える
でも、これがもし、ライブビューイングでも、テレビ中継でも、楽しめるんじゃないかなぁ
全然知ることができないよりもずっとましだと思う
ワクワクは、すごく、映像向きだよね



aikoのライブ、実は、その日即興の歌が、aiko的にはうまく行かなかったみたいで…それでも、すっごくよかったんだよ!責任は、キーワードにあっただけだから(笑)…
aikoはそれを、おそらくずっと気にしていたのかな
最後の最後、すべてのメンバーがはけた後で、eriasiのサビをアカペラで歌ってくれたの

…みなさん、ごめんなさい…  て言ってね

aikoの思いのこもったその歌声が、本当に沁みた

彼女のプライドだと思った

ファンを、ここに、この時に来たファンを絶対に失望させないという

そして、aikoの音楽を好きになって、ファンになった人に対して絶対に後悔させないという




ワクワクの前に、ちょっとした女子会があって、法曹界で働く友人に、冗談っぽく、会費払っても何年も行けなくて、払ってない人は行けるって、これ、会員は訴えても負ける?って聞いたら、ニヤッと、まぁまぁ、そんなもんですよ、多分…負けるね…(笑)   
まぁ、aikoの規約には、会員優先の文字があったけど、ジャニーズにはない


だから、権利があるって言ってるんじゃないんだよ

aioでさえ、一人2枚

そうやっても、嵐のチケットは行きわたらないだろう
でも、その姿勢が感じられれば、全然違う

できれば、ファンクラブに入ってくれた人にできるだけ
アルバム聴いてくれてる人に、できるだけ
投票してくれた人にできるだけ
hawaiiまで行こうとしてくれた人にできるだけ 


それが、誠意ってものだと思うけどね

それが、プライドだと思うけど


































スポンサーサイト

え~  見えな…

ワクワク学校に登校してきました

詳しいメモは取らなかったので、思いつくままの感想を書きとめたいと思います

参加できることが幸せだから、今まで座席に何かを感じたことはなかったのですが、今回ばかりは


えっ…


どんなに上の方~でもいいんです、でも、なんと、ちょうど四方の柱の陰で、潤くんがまったく見えない(涙)

もちろん、立ったり、移動したりはあるので見えるときもあるのですが


このイベントのわたし的な楽しみの、授業を受けてる潤くんをガン見するってことが、最後の大ちゃんの授業だけしかできませんでした

だって、予想通り、向きを変えたときには、ソモソモの授業だったので、黒板の陰でまた見えなかったから!

ま、娘は途中で気づいて、爆笑しながらも気遣ってくれましたが…

と、まぁ、残念なこともあったのですが、イベント自体は、とてもたっぷり時間があって、ニノのバースディもあり、楽しく、かつ、じんわり温かい、いい空間でした


今回幸運にも入学して感じたのは、昨年の、震災やそれに伴う節電など、ある意味、そのときの世相を反映したものだけではなく、嵐発の学びといってもいいような内容だと思いました

「生きる」ということについて、嵐らしい視点で、気づきを促す内容となっていたように思います

ちょっと見方を変えると

ちょっとやり方変えたら

当たり前のこと、当たり前の存在の大切さ


そんなことを、彼ららしさが感じられる楽しい授業を通して気づかされ、そして、実は、さらっとはいかない奥深い内容になっていたようにも思います


とにかく、小さな子どものいる家族連れから、高校生の可愛い制服グループ、いろんな年代の母娘、あらゆる世代の女子グループ…
という、観客の幅の広さ

これが、今の嵐の支持の姿なんだなぁとあらためて感じました

それぞれが、いろいろな立場で、思いを深くする、いい学びだったと思います

ニノの、先入観を取り去ると…という視点は、小さな子には実感しにくいかもしれないけれど、とてもいい気づきなのではないかなぁと、個人的には思いました


そして潤くんのソモソモの授業

自分の存在のそもそもを考える  

という、シンプルな、そして大事なことに向き合う授業でした

潤くんが出産に立ち合っていたのですが、これは、仕事とはいえ、とても重い体験だったのではと思います

自分の大切な人であっても向かい合うには、覚悟の要ること

きっかけは、仕事かもしれないけど、人が生まれることの奇跡みたいなものを感じ、受け止めたように見えました



潤くんが終始優しくて…

ニノへの、問いかけや、語りかけが、温かかった

子供の頃のニノを思うことは、私にとっては、娘や息子のことを思うことにもつながり

多分その場に居合わせたみんなが、大切な誰かを思う、いい時間になったと思います


ゲラゲラの授業では、潤くんの満面の笑み(!)が見れて…ちょっとふっくらしてたかな…可愛かったし

楽しい幸せな時間でした

メンバーの誕生日当日にお祝いできた幸運に、感謝



  それにしても、やっぱり、詳しくノートはとるべきなのかなぁ

  覚えてるつもりで、結構忘れちゃってる  残念

  























貴方のことがとても好きなのよ…fromお母さん @ワクワク学校

潤くんのソモソモの授業で

「カズ」のバースディサプライズがありました

お母さんへの質問の答えと

そして、潤くんの優しい声で、手紙の代読がありました

小さい頃の「カズ」が、想像できるような、お母さんと彼の関わりが、体温を持って感じられるような、とてもいい内容でした

ひざを抱えて座ってる、小さな子犬のような「カズ」が、目に浮かぶような手紙でした

私は息子を持つ母親だからか、なおさら、抱っこされてる、頬ずりされてる「カズ」がとてもリアルに感じられました

きっとお母さんにとっては、いまでもその頃の彼が、息遣いまでも、昨日のことのように思いだされるのだろうと思います  …わたしも、そうだもの…


カズは、優しい

人の痛みや、戸惑いや、不安や、喜びを、とても繊細に感じとるくせに、自分の事に関しては、まるで傷つくことなんかないみたいに無防備だ

人に突っ込んだり、人の懐に入り込んで、かき回したり、時には、悪者だって買って出るカズ

ずるいだとか、いろいろ誤解された言葉を投げかけられても、自分に対することなら、むしろ楽しんでるかのように、平静なのに、メンバーへの小さな悪意や、攻撃には、本人より早いフォローでかわしたり、時には、信じられないほどうろたえたり…

自分にとって大切な人たちが傷つくのを、ほんとに恐れてるように私には見えます

メンバーに対する思いの深さ、純粋さを、ファンはいつも感じてるはず


お母さんからの手紙や質問に対する答えを聞いて

あぁ、「カズ」は、小さな頃から、周りの空気にとっても敏感で、それだから、傷ついたり、ひとりだったりしたこともあったけど、お母さんが、いつもいつも抱きしめてくれて、見ていてくれて、きっと、時には盾になって守ってくれたんだなぁって思いました
だから、自分が傷ついていても、誰かを傷つけることは決してしない、今の「カズ」に成長したんだと感じました


いい時間でした





誕生日当日の公演でのサプライズ、メンバーとの優しいやり取りや、ちょっとぐっと来てるカズの笑顔

お母さんとカズとの素敵な絆

ますます彼のこと、好きになりました


その場にいられたことに感謝します


  

  みんな、カズのことが大好きだよ

  生まれてきてくれて

  嵐になってくれて

  ありがとう






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。