arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2012年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ DVD
CATEGORY ≫ DVD
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

LIVE TOUR THE DIGITALIAN blu-ray

嵐って、もしかしたら、本当にすごいエンターテイナーなのかも!
いや、そうなんだ、きっと!

そう実感したARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN Blu-Rayだった

popコン、LOVEコンと、2作続けてライブに行けずに、ちょっと複雑な、でも、だからこそ待ちきれなかったDVDと違い、今回は、ただただ楽しみだった
LOVEコンのDVDが、行けなかったにもかかわらず、とてもとても素晴らしく、私は大好きで、あのステージを超えられるのかなぁって思って参加したツアーだった
当然ながら、というか、ある意味非情なことだけど、参加できたライブというものは、ただそれだけで、何物にも代えがたい宝物のような記憶なので、最高だったし比べようもないのだけど

このDVDを見て、本当に夢のような、嵐にしかできない、最高のライブだったのだと感じた

とにかく、最初のASTERISKでの5人の、特にニノと潤くんの表情に、それだけで胸がキュンとして、ワクワクしちゃう!
がっつり踊る5人、そして、圧巻の会場全体のファンライトの景色
あらためて映像を見て思ったのは、あのWINGステージ(!)の進む景色の迫力と、でも、ステージの形状がフクザツで狭くて、ちょっと危険だなぁってことかな
…ま、若いから、いいのか(笑)

映像を見て、こんなにドキドキできて、ワクワクできて、とにかく楽しくて…

最高だわ!


ライブの感想は散々書いたので、DVD見て感じたことを、つらつらと…

アルバムやシングルが発売された時って、お気に入りの曲ってやっぱりあって、それと同時に、ちょっと苦手だったりもあって、それは誰のファンとか関係なくそれぞれにあると思うけど、でも、ライブで嵐が歌って踊って、演出されてとなると、こんなに印象って変わるのかと
それが面白いなぁと、毎回のことながら思う

今回で言えば、私は、tell me whyがかなり苦手で、あんまし聞いてなかったのに、DVDでは悪くないんだよね(笑)
それは、多分単純に、みんなの表情が楽しめるから
あと、one stepもいい
キミの夢を見ていた は、ライブで見て以来は、一番のお気に入りって言えるくらいになった
hope in the darknessも、あの曲も素晴らしいけど、これほどまで心を揺さぶられるものになったのは、やはりあの演出と、5人の魅力だと思う
TRAPは、実は、もっとジュニアが踊ってる印象だったのだけど、意外と静止してるというか、スローなんだね
個人的には、群舞っていうか、みんなでガーッと踊る迫力が好きなので、5人と同じようにがっつり踊ってもいいんじゃないのかなぁって思った  まぁ、そうなると嵐が引き立たないって大ちゃん言ってたか…  多分私は、一人一人も見たいけど、作品としての迫力みたいなのも求めちゃうのかもね、もちろん、すっごくかっこいいから、いいけどね!

セトリも、構成も私はいいと思う
実際、あらゆる観客に対して満足させることは不可能だと思うけど、ライブでは、DIGITALIANと、アニバーサリーが分かれてるのは、すごく良かったんだよね
DVDになってみると、すでにあの最高に素敵なhawaiのDVDが出てるから、2枚目がちょっとかすむかもしれないけど、それは仕方ない 私的には、キミの夢…を見たいから、2枚目みちゃうけど(笑)

あと、映像について
これは、もう好みだと思うけれど、私は、全景を映してくれた方がいいし、一つの作品として見たい方だから、カメラワークの切り替えも、気にならない
松本潤が、どの場面が映っていようが、いなかろうが、気にならない
引きの映像も見たいし、効果的なファンライトも見たい
作品として、楽しめて、願わくば、ファンでないけど目にした人たちが、素晴らしいと思ってくれる映像であって欲しいと思ってる
というか、そうじゃないライブの映像作品って、何?

ライブに参加できなかった時は、潤くんの表情も、5人の踊りも見たかったし、舞台装置も、会場の全景も見たかった
そして、参加できたライブでも、やっぱり,その場では、潤くんばかり目で追ってるから、全体はどうだったのか、他の4人はどんなだったのか、ファンライトを嵐のほうから見るとどうなのか…やっぱり、ちゃんと作品として見られるカメラワークを見たい
だから、とっても満足してる

今回定点カメラの映像もちゃんと用意してくれたんだね
娘に貸しちゃったので、2回くらいしか見れてないのだけど、もちろんあったほうがいいよ、ファンはどんな嵐も見たいのだもの
でも、全編定点で、というのはありえないよね(笑)
私は、個人的には、ライブはライブでしか味わえないもの、そこで完結してるもの、映像は、それ自体がちゃんとした作品となってるべきものだと思ってる

ライブでしか味わえないものもあれば、映像だから楽しめるものもちゃんとあると思ってるし、そう作るべきだと思うんだよね
ただの記録じゃなくってさ

長くなるけど、私は、娘がある踊りを習っていたとき、ゲネでは、定点カメラで娘だけを撮りました
なぜなら、公演では、映るかどうかはわからないし、映っても少しだからね
でも、定点カメラで踊ってるところをずっと見たいかというと、そりゃ親だから見たいけど、公演なら全体がわかるものを見て楽しめました。このスタジオの映像を見せてと言われれば、どんなに上手な人でも、自分の映った定点カメラでなく、全体の演出や舞台装置や群舞やマイムの映った作品でしょう
バレエで、ガラ公演で、パ・ド・ドゥを見るのと、同じ演者なら、1幕でも、作品になってるほうが楽しいと思うけど…

嵐に、定点カメラで、5人が踊ってるdvdのみを希望する声を聞くと、、まるで、贔屓のそれだけしか見たくないという声を聞くと、ゲネで定点を撮るしかない、習い事の親の気持ちのようで、あ然とするんだ
もちろん、おまけでつけてくれるのなら、そりゃ見たいよ  でも、
この5人は、最高の舞台で、主役で演じてる5人なのに、なぜ、そんなことを望まれなければならないのかと

こんな大きな舞台で、こんな素晴らしいステージと演出で、音響で、照明で、バックダンサーも、観客もいて、あらゆる角度から、表情を捉え、最高の瞬間を切り取ってくれ、そのすべてを感じることのできる映像作品を、嵐はちゃんと用意してくれているのに、いったい何が不満なのかと  
そりゃ、一人をずっと映してくれないかもしれないけど、それは仕方ないよね、だって嵐なんだもの
5人なのだから…  でも、たったの5人だよ!

…とまぁ、熱くなってみると、嵐のファンは、ファンならば、そんなメチャクチャなことは言わないわ、と思い直す私

もう、いろんなことをつぶやくことに、それほど意味を見いだせなくなってはいるけど、でも、

このDVDが、いや、このライブが素晴らしいってこと、言わずにはいられない

スッピンデジタリアンなんて、最高なおまけもあって…
潤くんがあんなに、細かく気にして、スタッフも大変なこともあるだろうなぁって思ったりもしたけど、でも!
あんなに観客の気持ちを考えて作ってくれるライブが、ファンの心に届かないはずはないって思わずにはいられない

そして、最高に可愛い、ファンサに一喜一憂する大ちゃんとニノが見られて、ホント幸せな気分になった


ありがとう、嵐!そして、潤くん!










 












スポンサーサイト

STAY GOLD   最高!

デジタリアンDVDの感想を上げる前に、これだけは、別に叫びたい

潤くんのソロ、STAY GOLD、最高に素敵!!

ライブの時も、この歌って本当に潤くんに合ってるなぁって、大好きだったのだけど

このソロは、映像で、ずっと見ていたい

とにかく、潤くんのとびっきりのビジュアルと、表情が存分に見られるのよ
もちろん、潤くんらしい、素敵な踊りとともにね

実は、こういう表情の潤くんを、ファンはすっごく求めてたんじゃないかなぁって思う
潤くんの思惑以上に、ファンには最高のソロなんじゃないかな


セクシーだったり、ワイルドだったり、もちろんそんな潤くんも見たいけど
こういう、自然な、キュートな表情を存分に見せてくれて、攻めてる部分もちゃんと織り込まれたダンスも見せてくれ
曲も歌詞も含めて、松本潤の魅力に溢れてる、そんな、ファンの求めてるものを予想を超えて魅せてくれる

今回の相葉さんみたいに、大掛かりじゃないけど、でも、ファンは、すっごくすっごく満足のソロだったなぁと、映像見てますます大好きになったよ

潤くんファンは、ホントに幸せだ







ARASHI BLAST in Hawaii   ありがとう、嵐

ダメだ、見直すたびに涙が出てくる…

もう、これまで飽きるほど聴いたARASHI、Lukeymam…そして、PICANCHI!
なのに、こんな最初っから、もう胸がいっぱいになって涙ぐんじゃう私

だって、嵐の5人だって、実はずっと瞳が潤んでるよね
あんな顔でガシガシ、オリジナルな振付で、踊って歌ってる彼ら見たら、もう…

感想書きだそうとして、もう何日も書けなかった

もう何にも言うことがないんだよ
ニノが、もう言葉がないって言ったように
私にも、もう、ありがとうしかないんだ

ライブビューイングを見終わった後に感じた気持ちが、よみがえってきて  →奇跡の5人はこちら                            ライブビューイング感想はこちら
もう嵐が大好きと叫ぶしかない

あんなに歌って踊ってくれちゃって

あんな幸せそうな顔して、歌って踊ってくれちゃって

あんなかっこいいオープニングとエンディングをhawaiiでやってくれちゃって

あんなに涙こらえちゃって

そして4人にありがとうって…

もう、そんな潤くんが、嵐がまた見られただけで、残してくれただけで

私は、ファンは最高に幸せだよ!



…何日も書きあぐねてこれしか叫べない(笑)
細かいあれこれは、また…















ここにはLOVEがある 

今回のLOVE、結局blu-rayと、初回DVD、両方購入した
最初はblu-rayだけにしてたのだけど、あのあっさりしたパッケージに、レコードジャケット世代はどうしても物足りなさを感じてしまって、発売後すぐ、たまたまアマゾンで定価で発売されたタイミングでね
もちろん、理由はそれだけでなくて、このDVDが、とにかく素晴らしいと思えたこと
帰省するタイミングだったので、母にプレゼントしようと思い立ったからでもあって
さすがに、長いとは思ったみたいだけど(苦笑)、喜んでくれた…母は、大野君が一番可愛くて、松本さんがとにかく綺麗…の人だから

ライブに入らなかった私が、こんなに何回も何回も見たくなる、素晴らしいDVDだね
ファンじゃない人にも見てもらいたいなぁって、すごく思ったよ

最後の挨拶まで実家でのんびり見て

ここには嵐がいて、嵐のファンがいる

って思ったら、いろんな思いが何だかすっきりした

この素晴らしいライブを、松本潤一人が作ったと言ってくれたら、むしろそれは誇らしく、嬉しいくらいけど、残念ながら(!)そんなことはないんだよ

衣装が考えられないほど贅沢で、ゴージャスで、
舞台効果も信じられないほど、大掛かりで、なお美しく
フォーメーションが素晴らしく計算されたダンスをちゃんと見渡せることができて…この、参加していてもわからないことが、映像だとまた新たに楽しめるって、参加した人にとっても、DVDでしか見ることがかなわなかった者にとっても、嬉しいことだよね
そして、それぞれ世界観の違うパートが、LOVEというものを主題にして、どこが一番ということもなく、しっかりと表現されている

そこには、最高にセクシーに、軽やかに跳ねる大野君がいて
憎らしいほどアイドルなニノがいて、
強気でキッラキラの翔くんがいて
なんでかわかんないけど、見てるだけでせつなくなる愛溢れる相葉さんがいて
そして、これを届けるんだ、と前だけを見ている潤くんがいる

ここには嵐のLOVEがある
嵐5人で作った嵐のステージがある

そして、それを確かに受け止めたファンがいる

ファンの声、届いてるかな
届いてるよね

ありがとう、嵐






ARASHI live tour 2013 LOVE blu-ray 

やっと、見ることができた、LOVE tour

すごく良かった
あんまり、情報見てなかったのかなぁ、やっぱり
新鮮だった…当たり前か(笑)
素晴らしいライブだったんだなぁってあらためて感じた

これはもしかしたら映像で見たほうが(そりゃ、生で観たほうがもちろんいいんだけど!)、完成度としては高く感じるライブだったかもしれないなぁと思わせるくらい、DVDにもかかわらず引き込まれました

まとめようとすると、わかんなくなっちゃうから感じたことを…

まず、とにかくゴージャス
衣装がどれも、グレードが高い感じで(笑)、私の数少ないライブは、君僕以外は、震災後すぐの国立と、バックダンサーのいない2012のアラフェスだったから、舞台装置など、とにかくすっごくシンプルだったんだよね
衣装から舞台装置から、すっごく世界観が統一されていて、楽しめました
この中央にステージがあるパターン、観客的にどうだったかはわからないけど、映像で見る限りは、本当に美しくてすばらしい

収録入ってるせいか、メンバーのビジュアルもすっごく良くて、潤くん、オールバックにもかかわらず、最高!
これは残しておくべきオルバだわ(笑)

セトリや流れもすごくいいんじゃない
流れがすごくスムーズで、よく考えられてると思いました
ちょっとしたストーリー仕立てが、結構効いてる気がした
babyからのRock tonightなんか、私はすっごくアガったよ(笑)
あれ、すっごく可愛いねぇ
そこからの、わからないようになんとなくフェイドアウトするのがいいようになっていたところを、あえての期待を盛り上げてのニノのソロ…悪くないと思うけどね~
ソロ曲への流れや、ソロからの入りを切れないようにいろいろ考えたのかなぁ…
潤くんのソロからのモノクロへの入りも、うまいなぁって思ったけど
ま、相葉さんがまさかのCALLINGでの途中退出は、あ然としたけど(苦笑)  あれは、次が相葉さんソロだから、はけるのは全然かまわないけど、あの曲じゃなくてもねえ  でも、多分、あの、アップテンポな曲で相葉さんを盛り上げてのソロだったんだよね、きっと!  私自身は、だれのタイアップ曲ってのは全く意味ないと思ってるのだけど、その私でも、ちょっとびっくりした(笑)
でも、それ以外は、すごくこまかく配慮されてた気がする

confusionは、アルバムで一番好きっていうくらいのお気に入りだったんだけど、すっごく良かった
私の中では、ちょっとワイルドな感じのダンスのイメージだったんだけど、まさかのマスゲームみたいな計算されたconfusionだったね(笑)  でも、楽しくて好き!

intergalacticは、歌のイメージどおりで、だけど、これカップリング曲だよね
それに対してここまで衣装や舞台効果が考えられて…そして見事で…そういうところすべてが贅沢で、すごいなぁ
eyes with delightも、ちゃんとコール&レスポンスを要求して、そういうとこ、うまく言えないけどいいなぁって思った
モノクロもそうだけど、カップリング曲は、ちゃんとちゃんと聴いてほしい作品なんだって、あらためて感じた
…だって、私の最近の一番はlove wonderlandなんだから、もちろんおざなりだなんて思ってないけど…

とにかく、がっつり踊ってる嵐さん、そして、センターステージのせいか、すっごくフォーメーションが考えられていてそれがすごく見やすくてめちゃくちゃ楽しめた

で、ソロ曲なんだけど
大ちゃんのHit the floor  すごいね
かなりリピってます!
歌もすっごく好きだったのだけど…LOVEは、3曲目から7曲目までがお気に入り…

もう、あのダンスと表情に完全に魅了されました
top secret以来の興奮だったかも…踊りもキレッキレだしとにかくセクシーだし
♪baby 露わに見せた…のとこの手を振り上げる大ちゃん  はぁ~かっこいい~

やっぱ、うちのリーダー、最高だわ!

潤くんのソロもいい  当たり前だけど(笑)
この曲だと、このライブ、やっぱり、オルバかなぁ 
このビジュアル、このイメージを本当に綺麗に出すってすっごく難しいと思うんだよね
なんて言うんだろ、有無を言わせぬ美しさと、あんまり男くさくなり過ぎない色気みたいなものがないと、多分さまにならない気がする 中途半端だと気恥ずかしくなる   新次の時も思ったけど、綺麗で野心があって、単純に、このビジュアルがなければ成立しないものってある気がするんだよね
それって、与えられたものみたいだけど、やっぱり、獲得したものだと思うし、それをちゃんと魅せるってすごいと私は思うんだ
ダンスは、すっごく好きなタイプのダンス
潤くん、こういうjazzyな感じ、好きだよね
すごく難しい感じはした  潤くんらしさがすごく出てるかと言えば、ダンスには、色気より、潤くんの生真面目さがちょっと出てたかなぁって思ったけど、表情は最高だった
潤くんと大ちゃんって、タイプの違う踊り方するなぁって以前思ってたけど、気のせいか、お互いに近づいてる気がする
潤くんが、すっごくうまくなって、癖があまり感じられなくなって、意外と、大ちゃんとシンクロしてるように感じた
そして大ちゃんは、色気が増したような…

PARADOXはね、テレビの潤くんがあまりによかったので、期待以上のものはなかったけど(笑)潤くんのソロからCALLINGまでのパートは、それぞれのセクシーさが存分に感じられて、素晴らしかった
モノクロのニノ、最初のポーズで、もうやられたよ~

何だか長々と書いてきて、まとまんなくなってきた

FUNKYも、説明の“察して…”を含め、楽しかった~
あれは、全員楽しかったよね、でも、結構高度(笑)
踊りだけじゃなくて、waveがあるのね、すごいわあ~
これは、コンサート番長のSっ気全開…じゃなくて、サービス精神全開ね

遠くまで、が、すっごく好きだったなぁ、いいね、あの曲

とにかく、すべてのパートが、一つずつすっごく完成度が高くて、楽しい
嵐さんは、がっつり踊ってくれて、嬉しい
舞台効果がとても素晴らしく、美しくて、夢の世界そのもの

これが、嵐のステージだって、みんなに見てもらいたくなる素晴らしいDVDだと思う


やっぱり、歌って、踊ってる、この嵐が私は見たいんだ

そして、外へ向けて発信すべきなのも、まず、これなんだと思う

    …仲がいい嵐の素顔だけじゃなくてさ…





















やっと…     @アラフェス2013

潤くんのつぶやきがあったから、たぶん大丈夫と思いながらも、3月の女の子たちの国立のニュースや…うちの娘は、行くはずだった国立、中止になっちゃてたし…5月の大物の公演のニュースを目にするたび、ほんとに出るんだよね?って、不安になったりしてた

そして、いつもなら、チェックするはずのケータイやパソコン、15時ごろ?出かける直前覗いたら、まさかのダブルの発売速報  いつの情報?ってしばし呆然(笑)

何とも不思議な売り出し方なので、みなさんどうなさったのか調べる余裕もなく、とりあえず、DVDにしたのだけど、実は初めは、ふつうにbluerayを予約し、そのあと、DVDに変えた次第

ちょっと様子みて考えよっかな

それにしても、最近、ニノや大ちゃんの番宣が、全く追い切れていない
そして、せっかく録画してたのを、ダビングしたと勘違いして消しちゃったり

そして、ま、仕方ない、なんて、思っちゃってる私

来週のMステに登場なの? 今一番落ち着いてる、潤くん担でさえ、新曲あり、アラフェスDVDあり、陽だまりの発売ありで、何かしらあるのだから、
今、潤くん以外の担当さんたちは、めちゃくちゃ忙しかったり、物入りだったりで、大変なんでしょうね~


とにかく

アラフェス、出ることになってよかった

何だか、年のせいか(!)、もう、何もかも把握するってことが、能力的にできなくなってる気がするし(笑)、いろんなこと心配せずに、楽しめるDVD、何か、ほっとする

何か、いろんなこと思ったりしてたけど

今日は、歩くイベントで、午前中、富士山見ながら10キロ歩いてきたから、午後はまったりしちゃって、うまく書けない(笑)

今日は、ニノのドラマですね、HDD、今から!












嵐からの贈り物   

アラフェスのDVDの発売が決まりましたね

すぐに、popcornツアーが始まるので、万一発売されなかったらどうしようと、心のどこかで不安だった

こんなに早く出してくれるのは、もしかしたら、ライブ初日を迎えて、みんなが盛り上がってる中、ちょ~っとだけ溜息ついてる、ダメダメな誰かみたいなファンに、気を使ってくれたのかな(笑)

2日間をうまく編集してくれるらしいですから、私が参加したあの空気感も、収められているよね

ラブシチュエーション、シェケ、時計仕掛けのアンブレラ、ギミックゲーム、キスから…、スケッチ…

楽しみだなぁ、良かった、ほんとにDVD決まって…

今までも、発売されてないコンサートがあるけど、あれって、もう望みないのかなぁ

ぜひぜひ、再考をお願いいします!


ちょうどクリスマスだね

この発表と、発売のタイミング、嵐さんの意志が反映されてるって思っていいですか?


    ありがとう!


そして、


    popcornツアー初日、おめでとう!
    
    


あの日の beautifulworld

DVDの感想…

行ったことのあるライブがとても少ないので、この感想は、ライブの想い出とやはり重なります
だから、いまさらの、あの日の感想に近くなりますが私のために、書きとめようと思います

私は、日程も変わった4日の参加でした
娘が、ミスチルのライブと重なってしまい、悩んで悩んで国立にしたこともあり、多くの人が、多少なりとも大変な思いをしてこの場に来ていたと思います

最初の感想にも書いたけど、あまりにも大きなできごとがあり、台風にも見舞われる中での国立だったから、始まりがすでに頂点の感じだったんだけど、そのあとは、その反動からか、気持ちが開放されたからか


ほんとに楽しかったんだよね


そして、聖火台のリフトステージがあがり切ったったところより、ちょっと下の通路からすぐのところだったので、ステージ全体も見渡せ、東京の夜景も見えて、

あぁ、これが国立なんだ

と、実感し

そういうわけで、すぐ近くに見た嵐、そしてひとりひとりと、遠くのメインや中央のステージでのパフォーマンスの印象が、分かれてるといえば分かれたんだよね

だって、近くで見るキミハムテキ…幸せすぎて、もう、現実と思えなかったし
階段を駆け上がってくる潤くんのあまりの近さに、多分声も出なかったと思う

ということで、あの日感じたことで、DVDみて、再確認したこと


とにかく、潤くんが、体を絞ってて、でも、ちょっと大丈夫かなって思えるくらいやせてたんだよね、特に顔が…

信じられないくらい綺麗だった

そして、翔君が、やっぱり、キラキラしてたんだ

この二人が、ほんとにふつうのひとじゃないなぁって眩しかった

翔君、今回ビジュいいよね…  おでこ出してるほうがいいかどうかは、好き好きかな

相葉さんと、大ちゃんは、思ってたとおり、そのままだった

大ちゃんが、みんなをゆっくり優しく見回していく感じがかんじられて、DVDでみる大ちゃんそのままだった

そして、ニノ

私は、ニノが、思っていたよりも、わりと男臭く、意外と年相応に見えるなというのが印象だった

今見ても、むしろ最近のほうが若い感じがする…最近のニノのビジュ、好きなんだ


そして、選曲なんだけど、これは、あの当時を思い返すと、そして、嵐がどんな気持ちでこのコンサートをやったのかを思うと、よくわかる


元気になれる曲

いつもの嵐らしい曲


ほんとなら、ほんとなら、思いっきり突っ走りたかった彼らが、多分こられなかった人たちのことも含めて元気にしようと選んだ曲は、きっとあの場のみんなの求めていた曲だと思うよ
あの場にいても、その思いは、選曲を通して伝わってきたもの


僕が僕のすべて
キミハムテキ
夏の名前

あの日、特に、私がグッと来た曲、やはりDVDでもすごくいい



ほんとは、ほんとは、joyが聴きたかった
negaiが見たかった
突っ走ってる嵐も見たかった

でも、あのときの、嵐の気持ちすごくわかるし、事実、ふつうのことがどんなにかけがえのないことか、元気になることが、大変か、感じた2011年だったものね




だからこそ、ドーム版も出してほしいんだよね

アルバムツアーとしての、DVDが見たいし、きちんと振り付けも見てみたい

行けなかったライブは、やっぱり知りたいんだよね、そのときの嵐を




2011年国立は、特別な思いの詰った、特別なステージだと思う

そして、私は、コンサートができることの幸せを感じられたあの瞬間、あの場にいられたことの奇跡を感謝しながら、このDVDを楽しむだろう


潤くんの思いは、きっとみんなに届いてるよ!

ありがとう潤くん



    




























BeautifulWorld  見終わって…

オープニング、中央から5人が出てきて、雨の中、潤くんの
「国立~」  が聞こえた瞬間から、
あの日の感情が湧き上がってくるのを感じ、涙が溢れてきた

私が、参加したのは、延期になった4日でした

DVDを見るその瞬間まで、この、BeautifulWolrdが、どんな気持ち、どんな状況…個人的にも、社会的にも…の中で行われたのか、忘れかけてた気がする


待って、待って、やっとツアーができることになって、幸運にもチケットを手にして、そして、まさかの台風

何日間も胃が痛くなるくらい天気予報を見て、延期になって、それでも不安で…


まさに定刻に降り出した雨の中、4人がスライディングで出てきた瞬間


やっと会えた…ってほんと、涙でてきたものね


でも、楽しかったんだぁ

もう、心配しなくていいよって、嵐が全身で言ってくれてる感じがした

アルバムツアーというより、あの、2011年の夏、嵐がみんなを、元気にしようと、命がけで歌って、踊ってくれた感じだった

選曲も、そんな思いにあふれていたように、あらためて感じる



あのときの潤くんは、荒野のために、身体を絞っていたので、最高にきれいだった

私は、かなり上ではあったけど、聖火台からすぐのところだったので、こんなに近くで嵐のステージを見ること、もうないんじゃないかなって、思って、潤くんの美しさを凝視してました


それにしても、五里霧中の「♪本日は晴天なり」で、雨が降り出し、

ラストは嵐で終わるなんて、狙っても、できない演出だったね

だって、2日目も、最初と最後にぴったり、降ったんだものね



あぁ、ほんとに、ライブはいいなぁ

5人で、全身全霊でやってるときにしか、感じられないものが、やっぱりあるんだよ

いつも、全力なんだけど、この5人が揃って、この5人がつくる、100%の何か


ファンが見たい嵐がここにはあるんだよ


   


    


      …まだまだ感想まで行きつかない(笑)
      
      シェケも叫びたいしね!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。