arashicな ひとりごと   about him&them

嵐のこと、松本潤くんのことについてのひとりごとです
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 会報
CATEGORY ≫ 会報
      

日テレベストアーティスト 2013

いよいよ年末なのね… 音楽番組SPが始まりだすと、年の瀬感が、ぐっと現実味を増してくる感じ

というわけで、最初のSP番組、日テレベストアーティスト

もはや、安定の翔くんの司会

ビジュアルもなかなかだし、これくらい絞りすぎてない方が、安心してられる
ツアーに、テレビ特番に、紅白だものね

潤くんや、リーダー、ちょっと細すぎじゃないのかしら…
ニノは…  ここのところ、ちょっと、おっきくなったかなぁ(笑)
相葉さんは、何着てても、ホント、かっこいいわ


ワイハ、良かったね~
あの衣装は、コン仕様なの?
すっごく可愛かった

潤くんの美しさ、尋常じゃないわ

メドレーの衣装も素敵で、breathless、嵐らしい、きちっと魅せるステージだった

ジャニーズを、そんなにいつも見てるわけじゃないから、こんな機会しかないのだけど、カラーがあるんだね~

NEWS、私は、結構好きかな  手越君、好きなタイプではないんだけど、でも、魅力ある ←日本語、変?

自由な感じで、あんまりないタイプで、新鮮

seven colorsっていい歌だね


あと、V6がすっごく良くて、びっくりした

バラードって、そんなに聴かないのだけど、ほんとにいい歌だった

坂本君、さすがだわ


嵐は、いつも企画もあるし、ちょっと落ち着かない感じもあるけど、breathlessの始まりのシルエット見ただけで、

やっぱり、嵐だって    私は思えた


ライブに行けないことには、少し慣れたけど、だからこそ、テレビのパフォーマンス、期待してるファンの気持ち、届いてるよね

それにしても、paradox、もうテレビで見られないの?

今日のMステ、期待していいのかな?

楽しみ!



















スポンサーサイト

ダブルの虹    @会報

私にとっては、とっても嬉しいことに、アラフェスの香りいっぱいの会報

写真見ても、嵐さんの話を読んでも、あの日が思い出されて、ちょっと泣きたくなる

まだ、あの想い出に浸っててもいいよって言われた気がして…



もう、雑誌でも話されてたり、私も感想、散々書いたけど、あらためて、あの場に来るまで予想もしてなかったけど

1曲、1曲始まるたびに何とも言えないどよめきだったり、悲鳴だったり、それも含めてのライブなんだなぁということを、嵐も、ファンも、同じように感じていたんだって、思いました

love situation 

やっぱり、嵐さんたちもびっくりの反響だったんだね

高揚感  としか言いようがなかった、あの瞬間

そして、時計じかけ…や、eyes with delightとか、みんなが特別に盛り上がった瞬間に彼らも言及してて、やっぱりおんなじなんだなと

DVD早く観たいな~

相葉さんのハプニングは、目の前で起きたので、こちらは結構ショックだったんだよ(笑)
どんどん、センターに行っちゃうんだもん
あれが、潤くんだったら、泣いてるよ、ワタシ
あれは、1日目のうまくいったところが採用されるのかな


会報では、大野さんの写真が素敵でした

なんだかわからないけど、はっとする

何となく撮ってるんじゃなくて、これ撮ろう、こう撮ろう、と思って撮ってる感じ

どっかで見た…じゃない感じかなぁ

で、なんか、大ちゃんらしい感じがする
景色なのにデフォルメされてる感じっていうか、うまく言えないけど…


そして、ニノのダブルの虹

優しいね

今年はアラフェスとpopcornのダブルの虹を嵐は見せてくれたんだよね

私は、外側の、ちょっとぼやけてる虹を見たんだ

実際にはちゃんと見えて、すごく盛り上がったんだよね

ニノ、ありがとう!














会報  動き出そう

会報 すごく楽しんでます


ニノの  気ままな日々

面白かった

文章書くのがすきなのかな?

あぁニノっぽいなぁと思いながら読みました …当たり前だ

作る側にまわりたかった と聞いていますが、描写が、映像的なんですねぇ

いや、ほんと、興味深い

ニノに関する文章や記事をそんなに詳しく覚えてないので、違っていたら申し訳ないのですが、

情熱大陸か何かで、ゲームばかりやりながら、かつ、監督の指示は完璧にこなす彼が


考えちゃったらだめ、自分を殺さないととうまくいかない

というようなことを言っていて、はっとしたのですが、


彼は、自分の中にものすごくイメージやアイディアがある人なんだね


私は、彼はとても器用なので、即興的に演技することを楽しんでいる…と思っていた時期もありました

でも、ほんとは、すごく準備してるんだよね…と思ってました


そして、これを読んで、

その上、イメージや、プランがありすぎるくらい、溢れてる人なんだ

ということを、再認識しました


だからこそ、監督のやりたいこと、求められているもの、その場の雰囲気にたいして、敏感になるんだね

自分がこう思う、こうやりたい、が邪魔するくらいに実はあるから、


自分が、やるべきことをやるために、ニュートラルな状態にすることを心がけてるんだね


ニノも、ほんとに魅力が尽きませんね

ニノ担のかたには、当たり前の認識なんでしょう

久々に、ニノの演技、見たくなりました



今回の会報では、もちろん座談会も面白かったのですが、

潤くんの言葉に、[海辺のカフカ」 が出てきて、ちょっと、萌えました

  

蜷川さんの舞台、観にいったのかな?



潤くんの村上春樹は、難しいかな…

   
   
   …ニノなら、ありだね…



















会報  僕に勇気をくれた曲たち

会報届きましたね

いつにもまして、楽しませてもらえた気がする

一番うれしかったのは、やっぱり潤くんセレクトのオリジナルコンピ!

テキストを読んでみると、こんなに真剣に?!  というくらい、考えて、選曲から、並びから、フルで聴く場合の歌詞にまで、思いを馳せて選んでくれたんだね

潤くんが、ライブのセトリを作るときの様子まで伝えてくれて、感激です


アルバム曲は、通勤の車中で、かなり繰り返して聴き返しているので、私自身にもお気に入りの曲、たっくさんあります。

デビュー当時から、ちゃんと追っかけてたファンの方たちは、1枚1枚のアルバムごとに、その当時嵐からのメッセージや、ライブの思い出が、ちゃんと自分の思い出と重なって生き続けているんだと思います。

とっても素敵で、うらやましい

私は、発売から時間がたって聴いたアルバムも多いので、

あ~こんなに素敵な曲歌ってたんだとか

これが、めちゃめちゃいいなぁ  とか

初期の頃って、むしろかっこいいよね  とか

自分の中で、楽しんでたわけです、ライブDVDとあわせて…


今回みたいに、今の潤くんが、ある意図  …ここでは勇気をくれた曲というコンセプトですが…

をもって発信してくれると、今まで聞いてた曲が、また新たに潤くんからのメッセージを秘めた曲として楽しむことができ、本当に嬉しい

昨日から、歌詞カード見返したり、アルバム流したりして楽しんでます


ワイルドアットハート  は、とにかくその時期気持ちが不安定で、ずっと車で聴いて気分を上げて仕事に向かっていたので、まさに私にとっても、勇気をくれた曲

  ♪1度きりの人生 転がるように 笑って泣いて生きてゆこうぜ baby

これで何度、涙にじんだことか  


空高く  も、あのアルバムで、一番のお気に入りだったなぁ

シングルで、いろんな人に聴いてもらいたいなと、最後の約束のときから思っていました


どんな言葉で  や、  Do my best  のように、以前の曲に、彩りが加わってうれしい



潤くんの、この、何に対しても一生懸命取り組んでくれる姿勢のおかげで、
きっと潤くんが想像してるより、ファンは幸せたくさん感じてるよ





♪ どんな言葉で 君を勇気づける

  こんな僕でも君の役に立てるかい?



わたしは、癒されてるよ

潤くんにとって、わたしたちの存在が、ほんの少しでも力になってるのかな

わたしたちのしあわせな気持ち、伝えることできてるのかな

伝わってるといいな